新座市政一覧

新座市長選挙をふりかえる

新座市長選挙が現職候補の辛勝という結果に終わった。新座市長選挙を候補者に焦点をあててざっくばらんにふりかえってみる。

須田健治候補について

須田候補を支援した早川忠孝衆議院議員のブログから。いきなり人の文章を引用で申し訳ないが。

なんの実績もなく、それほどの活動もしていないのに、キャッチフレーズだけが一人歩きし、有権者を惑わせる。

経験や実績、本人の資質、そんなものが通用しにくい時代になった。

http://ameblo.jp/gusya-h/entry-10115998204.html

これからは多選というだけで、大変なハンデを負う、ということを改めて知った。

どんなに有能でも、どんなに実績を上げても、そして、どんなに市民の信望があっても、都市化の傾向が強い地域では、市民は一定の時期にトップの交代を求めるもの。

そう覚悟する必要がある。

http://ameblo.jp/gusya-h/entry-10115998204.html

早川議員のブログは、認められるべきものが社会や環境が原因で認められないと嘆くような文章が多いのだが、確かにそういう側面もあるにせよ、認められないのはそれなりに確とした理由がある。

早川議員が指摘したとおり、「多選はよくない」というムードが現職を苦しめたことは確かである。そのムードを煽ったのが「それほどの活動もしていない」と評された人なのだろう。ただ、ムードを押しのけるだけの実績をアピールできていたかというとそうではなかった。このあたりは当初今回の選挙に立候補するつもりがなかったということもあるのだろうが。

今回吉田県議系の市議(と勝手にカテゴライズさせてもらうが)が中立の立場をとったようだ。また、元民主党県議の当麻よし子所沢市長が支援していたみたいだったり、他にも幅広い支援を集めていたみたいで、そういう意味では現職の王道選挙を戦ったとも言える。しかし、それでその票差だから何ともいやはや。

田中幸弘候補について

惜しかったと言えばそれまでだが、その立ち位置がよくわからず迷走している感すらあった。最初は民主党所属であることを押していたと思うのだが、民主党からいい返事がもらえなかったときが境になったかはわからないが、民主党の色は消えていった。その一方で共産党と手を組もうとするものの、結局決裂。確かに数あわせを考えれば共産党と手を組んだほうがいいが、市議時代に田中氏らと共産党で反須田で共闘していたならともかく、過去はさておき選挙だから手を組みましょうというのは個人的には感心しない。勝つためであればなりふりかまっていられないという意見もあるだろうが、そういうのはいつかは破綻するものである。出馬表明も挑戦者であれば真っ先にすべきだったと思う。現職須田氏、大島氏に次ぐ三番目というのは、かなり早くから(ゴールデンウィーク前から)活動してだけになんとかならなかったのだろうか。私は部外者なので実情はわからないけど、外から見てそう感じた。

候補者中でいちばん若いということもあってインターネットによる活動も積極的だったが、これがSEOをあまり考えていないようだ。また、細かい話になるが、意見を募るフォームの年齢の項目が、20代、30代、40代、50代、60代、70代~、しかない。19歳以下の選択肢がない。まさか選挙権がない人は意見できないというわけではないと思うが。このあたりは社会調査の基本だろう。

保坂フミ子候補について

共産党が独自候補を擁立したのはよかったと思うが、得票数が6000票台。これは共産党の基礎票のままではないか。それでいて、配布物に「健闘」と書かれていたり、新聞には「目標の得票数」などと書かれていた。巷では共産党が人気だという声もあるが、やはり共産党に多くを期待するのは酷だなと思った。

大島素美子候補について

謎だった。



新座市長選挙が告示

http://www.saitama-np.co.jp/news07/07/03x.html

http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/20080707/CK2008070702000118.html

6日、新座市長選挙が告示された。現職の須田健治氏(自民、公明推薦)、元市議の保坂フミ子氏(共産推薦)、元市議の田中幸弘氏、主婦の大島素美子氏が立候補した。4人の立候補は過去最多。田中氏は連合埼玉の推薦を得たが、民主党は「友情支援」どまりで実質的な自主投票とのこと。

当ブログでの新座市長選挙の記事は新座市政選挙特集で。


埼玉新聞の新座市長選に関する展望記事

埼玉新聞に新座市長選に関する展望記事が載っていた。

http://www.saitama-np.co.jp/news07/03/05x.html

けっこう踏み込んだ内容の記事である。要約すると、

  • 現職の須田健治市長は自民党、公明党の推薦を受け、保守系議員の協力を得て着実に地盤を固めている有利な状況
  • 須田氏は自ら駅頭に立っており、陣営も「無投票だった前回選挙から時間がたっており、甘い選挙はない」と手綱を引き締めている
  • 田中幸弘元市議は民主党に推薦を申請したが支援どまり、民主党は実質的に自主投票
  • 田中氏は「刷新の会」五人のうち三人と別の無所属議員一人(要するに四人の市議)の応援を受けている
  • 田中氏と共産党で連携する話もあったが、決裂した
  • 保坂フミ子元市議は共産党の推薦を受けている
  • 大島素美子氏は独自路線
  • 投票率はよくて33%くらいでは?

田中氏と共産党で連携を模索していた動きがあったのは知らなかった。そういう話は表になっていなかったと思うのだが、裏ではいろいろとやっていたのね。まあ、やっているか。新聞社は取材しているからそう書けるのだろう。やはり、個人ブログの内容はたかがしれている、というよりも、そういうフィールドで勝負してはいけないなと思った。

田中氏を応援している市議について具体的な名前は書いていないけど、インターネットで表になっている情報などから類推することはできる。逆に言うと、「刷新の会」五人のうち二人は応援していないということになる。中立なのか他陣営の支援にまわったのかはわからないけど。民主党は結局推薦を出さないらしい。なんかねじれている。あと、須田市長が「保守系議員の協力を得て着実に地盤を固めている」とあるけど、保守系会派の政和会に所属しているのは七人しかいない。公明党が同じく七人、共産党は六人。

*今までこの種の記事は[新座志木]と[政治]のカテゴリにしていたのを、[新座市政]というカテゴリで書くことにしました。順次移行していきます


新座市長選挙に保坂フミ子元市議が出馬

今日付けの埼玉新聞に元市議の保坂フミ子氏が新座市長選に出馬するという記事が載っていた。以下に転載しておく。

任期満了に伴う新座市長選(七月六日告示、十三日投開票)に新人で共産党元市議の保坂フミ子氏(七二)が一日、無所属で立候補すると表明した。

保坂氏は一九七一年四月、新座市議に初当選。二〇〇〇年二月まで連続十期務めた。「市民の目線で政治を実現し、国の悪政の防波堤になりたい」と抱負を語った。

同市長選への出馬表明は、五期目を目指す現職の須田健治氏(六二)、新人で主婦の大島素美子氏(五六)、新人で元市議の田中幸弘氏(五一)に次いで四人目。

「二〇〇〇年二月まで」とあるが「二〇〇八年二月まで」の間違いではないだろうか。「国の悪政の防波堤になりたい」と言うあたりが共産党らしい。無所属で出馬とあるが、共産党系候補と考えていいだろう。共産党としても、普段自公民を批判しておいて市長選に候補を出さないでは、筋が通らない。共産党としては考えられる限りでは最良の候補者を出したのではないだろうか。これで、選択肢も増え、対立軸もはっきりすると思う。


新座市長選挙情報補足

昨日書いた記事に誤りがあった。まず、田中幸弘氏出馬表明の記事は6日付けではなく7日付けの埼玉新聞の記事だった。あと、5日付けの埼玉新聞の記事に大島素美子氏出馬表明の記事が掲載されていた。報道されていないのでは?と書いたが、単なる私の見落としだった。申し訳ありません。記事のほうは修正しました。

そういうわけで、大島氏出馬の記事を以下に転載しておく。

任期満了に伴う新座市長選(七月六日告示、十三日投開票)に、新人で主婦の大島素美子氏(五六)が四日、無所属で立候補すること表明した。

大島氏は山口女子短大(現山口県立大)を卒業後、岡山市内の運輸会社社員などを経て、一九八一年に新座市に転居。今年三月ごろ、立候補を決意したという。「閉塞(へいそく)感のある現状に風穴を開け、自由かっ達な世相を目指したい」と抱負を述べた。

同市長選の出馬表明は、現職の須田健治市長(六二)に次いで二人目。ほかに、市議ら複数が出馬を予定している。

閉塞にかなが括弧がついていたり、自由闊達がかな混じりなのがまさに新聞記事だな。

記事で気になったのは「ほかに、市議ら複数が出馬を予定している。」のところ。このあと元市議が出馬表明したが、市議は出てきていない。そうなると共産党は市議を擁立するということになるのだが、果たしてそうなのだろうか。


新座市長選挙に田中、大島氏が出馬表明

6月7日付けの埼玉新聞に新座市長選挙の記事が載っていた。Web上には載っていないので全文転載する。

任期満了に伴う新座市長選(七月六日告示、十三日投開票)に、新人で民主党元市議の田中幸弘氏(五一)が、無所属で立候補すると表明した。

田中氏は一九八四年二月に新座市議に初当選。二〇〇八年二月まで連続六期務めた。

「今までのような古い体質の政治ではなく、新しいタイプの政治を推進しなければこれからの時代に対応できない」と話し、二期八年を上限とする多選自粛条例の制定や財政再建などを公約に掲げた。

同市長選への出馬表明は、五期目を目指す現職、須田健治氏(六二)、新人で主婦の大島素美子氏(五六)に次いで三人目。共産党も出馬を模索している。

噂されていたとおり田中元市議が出馬する。噂も何も、あそこまでしていて市長選に出ませんでは、いったい何をしていたのかということになるが。けっこう民主党を推していたように思うが、無所属での出馬とのこと。もっとも、民主党公認で首長選に出るというのは前例がないとは思うが。民主党が推薦くらいは出すのか。本人のサイトを見てもそういう気配が全くなかったので、7日の新聞で出馬を表明している記事を見つけて驚いた。あと、いつの間にか新人で主婦の大島素美子氏が立候補を表明していた。google:大島素美子で検索しても、詩集を評価されているサイトが1件かかるだけだ。これが本人かどうかもわからない。Yahooで検索したら、詩集を書いた大島素美子氏が埼玉県の人だということがわかった。本人かもしれない。

あと残る焦点は共産党が誰を擁立するかということか。


新座市長選挙の立候補予定者説明会に4陣営が出席

http://www.senkyo.janjan.jp/senkyo_flash/0806/0806040763/1.php

一応、新座市長選挙の動向はインターネットで確認しているけど、2日に立候補予定者説明会があったということで新聞も報じているかと思って図書室で主要紙を確認したが、埼玉新聞をはじめどこの新聞も報じていなかった。

4陣営のうち3陣営が候補者未定だという。もう1陣営は既に出馬を表明している現職の須田氏だろう。前の埼玉新聞の記事だと「民主党の元市議、共産党が出馬を模索している。」とあった。他にもう1陣営が動いているということか。具体名がでていないのでどういう勢力かはまったくわからないが。それにしても選挙まであと1ヶ月ちょっとしかないのに、動きが遅い。これで無投票になったら唖然とするね。


須田新座市長が市長選に出馬を表明

http://www.saitama-np.co.jp/news05/27/05x.html

市長選まであと1ヶ月半くらいなのだが、やっと出馬を表明した。記事には「同市長選には、民主党の元市議、共産党が出馬を模索している。」とある。民主党の元市議はここでも話題になっているTさんのことだろうが、共産党も動いているのだろうか。個人的には一騎打ちという構図よりはもう一人くらい出たほうがいいと思っている。それこそ、元市議のあの人とか。

今まで後出しじゃんけん狙いみたいな感じでもそもそもそもそしている印象を受けて、正直いらっときていたけど、これで市長選に向けて盛り上がっていければいいかと思います。

個人的には多選はあまり気にならない。多選で失敗した人もいるけど、そうでない人もいるし、逆に一期目で失敗した人もいる。逆に多選批判がしつこいようだと、そこしか攻めるところがないんか、という気になる。


1992年の新座市

新座市長選挙が近いということで、新座市長選挙の結果をまとめてみたが、今から16年前、1992年7月の選挙では現市長である須田健治氏が「存亡を賭けた戦い」という気概で望んだ自民党新座支部が推した鈴木泰夫氏を破って市長の座をつかんだ。それから16年、須田市長はいまだに市長の位を保ち続け、一方新座の自民党は県議選で候補を擁立できないほどにまでなった。

現在というのは過去の歴史が積み重なって成り立っている。そういう意味でも歴史を無視することはできない。