一覧

時刻表について

学生の頃は大型時刻表を持って旅をしていたのだけど、パソコンやPDAを持ち歩くようになってから、時刻表を持って旅をすることはなくなった。北海道や九州を旅するときは、地域の時刻表を持って歩く。

ただ、今回の旅は鉄道を使って長々と旅するので、さすがに時刻表は必要だろうと思い小型の時刻表を買って持ち歩いた。軽いのがいい。見た感じ小型を持って歩く人が多いようだ。大型を持って歩いている人は8日間旅をしていて一人しか見なかった。

ただ、小型の時刻表の場合、大きな駅でも発時刻しか書いていないので、長時間停車で着時刻と発時刻の間隔が大きいときに注意をする必要がある。また、紙面の都合で、同じ路線を走る列車が二つの箇所に別れて書かれていることがあるので、一つの箇所しか見ないと、「あれこの区間ってこんなに列車の本数が少ないのか」と勘違いする可能性がある。あと、一部の駅は省略されているのだが、今回の場合、省略されるような駅は利用しなかった。


旅立ち

今から超変則的な旅立ち。異常ですらある。こんなこともうないだろうね。ある意味柔軟性が養われるというか。

一週間くらい旅をするわけだが、今回はまるで修行だ。


旅の窓口と楽天トラベルが合併していた

夏休みの旅行の宿泊地を予約するために旅の窓口を使ったのだが、いつの間にか楽天トラベルと合併していたようだ。楽天会員になると楽天スーパーポイントがもらえるらしい。楽天スーパーポイントが貯まるといいことがあるらしいのだが、何があるか説明を読む気にならない。煩わしい。だいたい、ホテル予約の手間を省くために旅の窓口を使っているのに、新しい決まりを覚えたいとは思わない。そういうわけで、楽天会員には移行しない。もし移行しないと使えないとなると、旅の窓口の使用を考え直す必要がある。


ナガーノ・リベンジ

6月5日のリベンジで、平日に休みをとって遥々行った。

今日は、中央本線の特急に乗って松本まで行く。列車に乗り込んだら、私の乗る座席は進行方向と逆を向いていて、その隣、向かい、斜め向かいに人が座っていた。工工エエェェ(´Д`)ェェエエ工工。三人組のグループの一角に当たってしまった。とりあえずそこに座るが、なんともいたたまれない。私が乗っていた車両がけっこう空いていたので車掌に何とかならんかと言おうと思ったのだが、他の車両はけっこう混んでいる。何ともならなさそうだ。仕方なく戻ったら、そこに座っていた人が「席を回していいですか」と言ってきた。むしろ回してほしかったので、回してもらう。向こうもいたたまれなかったのだろうか。八王子でだいたいの席が埋まった。水曜日なのに混んでいるな。登山客がけっこう多かった。

時間があったので、某町の役場に行ってみたのだが、「旅行者の皆さんへ 当町では、旅費を貸与しておりません。ご了承ください。」という貼り紙があって、旅行者として驚く。旅費を借りに来る旅行者が多いということか、他の町ではそういう制度があるのか、まさかないとは思うけど。ちなみに、この町で食べたニジマス定食はおいしかった。

帰りは長野から新幹線に乗る。この新幹線は各駅停車。あの本庄早稲田にも停まる。本庄早稲田に停まる新幹線に乗るのは初めてだったので、注目した。人はそこそこ乗った。この時間帯だからこんなものだろう。驚いたのは駐車場に停まっている車の数。まわりは水田くらいしかないので、おそらく駅を利用している人が車を停めているのだろう。あれだけの人が新幹線を利用しているということなのか。


パピヨン

image/freelife-2004-06-26T21:56:54-1.jpgパビヨンは東京と岐阜を結ぶ夜行バスで、乗るのはこれで三度目。過去二回は小田急シティバスだったが、今回は岐阜バスだった。正直、しょぼい。ただ、夜行バスではあまり眠れない私ではあるが、この便では何故か眠れる。今回も消灯後すぐ眠れた。あと、先日アイマスクを買ったのでそれを使ってみた。電波少年気分を味わえる。

今日は移動日なので、樽見鉄道や近江鉄道に乗って「移動」した。そういうことだと、私の旅は全日程が移動日ということになるか。言うなれば、今日は特にテーマもなくぶらぶら。明日はちゃんとテーマがあってぶらぶら、ってどちらにしてもぶらぶらか。

ちなみに写真は番号が「0777」だったので撮ってみた。


連続する

差し替えます。

PDAからここに書き込みができない。ここに投稿したいのに、「最長」のほうに書き込む画面が表示される。それに気づかず、「最長」のほうに場違いな記事を投稿してしまった。仕方が

ないので、携帯電話からメールで投稿して、それを編集するという、めんどうくさいことをする。

なぜか、二週連続で夜行バスに乗ることに。当然、夜行バスだけ乗って到着地から真っすぐ家に帰るわけではない。家に帰るのは日曜日の夜である。これは自業自得というか、自分で決めた日程なので仕方ない。それにしても、またもや天気が悪い。なんでちょうど週末に天気が悪くなるのか。

けっこう中高年の人が乗っているけど、今年を最後に夜行バスに頼る旅はやめようかと思う。やっぱり疲れる。年に一、二度だったらいいんだけど。


旅にまつわるエトセトラ

今日、JALのタイム割引の発売日だったのだが、すっかり忘れていて、あわてて予約したが、タイム割引枠は売り切れていた。予定は既にたててあるので、仕方なく普通の特便割引で買い求める。4500円の差。JALの策略にはまったよ。

「最長」の計画を立てていると、青くなることしばしば。朝早くからティッシュ配りをやっている方々にお世話になるには及ばないが、(そもそもそういうことになったら旅はしない)貯金は減りそうな予感。まあ、新入社員の頃の給料で耐え得る家賃の場所に住んでいて、新入社員の頃と今の給料を比較するに、この計画を遂行できるだけの経済状況ではあると判断しているわけだけど、やっぱりそうはいっても、ねぇ。この旅が終わったらしばらく(もう一生か)自粛するつもり。


意味希薄なナガーノ行き

昨夜、今日の旅程を確認して気づいた。「このバス土曜日運休じゃないか」以前は土曜日運行だったはずだが、いつの間にか土曜日運休になっている。そういうわけで、この旅の目的が達せられないことに気づいたのだが、切符は全て手配しているので行かないわけにはいかない。行って新しい展開になるかもしれないし、そうでなくても他の考えもあるので、とりあえず行くことにした。

まずは新宿へ行く。新宿から松本行きの高速バスに乗る。1Bというマニアが選ぶような席だが、その席を希望したわけではない。たまたま。で、バスは2号車。普通の路線バスとあまり変わりないと思ったのだが、2号車だかららしい。乗るとき座席表をちらりと見たらだいたい席が埋まっている。掲示板にも「席少々」と書いてあった。混んでいるんだな、と思ったのだが、発車するまで私の隣には人が来ない。結局、かなりの空席を残したままバスは出発した。松本便は新宿以降乗車停留所には停まらない。よって隣の空席は確定。これなら席が多少狭くても何ら問題はない。

都内が渋滞して三十分弱遅れて松本に到着。松本といっても「キリンさんが好きです。でもゾウさんのほうがもっと好きです。」ではない。二時間遅れても本編には影響が出ない行程を組んだのだが、本編が飛んだ今、遅れはどうでもよかった。

松本では結局新展開にはならなかったので、電気で動く鉄道に乗って、城を見て、学校を見て、草間彌生のオブジェを見た。関西から来た人が多い、というか、おばさんの関西弁は目立つ。

松本からバスで長野へ。なぜ長野に行くかというと、新幹線のチケットを既に買ってしまっているからだ。なぜバスで行くかというと安いからだ。利用客は多かった。松本インターまでで10分遅れ。定時の2倍かかっている計算。その遅れをずっと引きずった感じ。長野市内でも若干渋滞した。まあ、遅れはどうでもよかったのだが。バスから降りて小走りな人もいたので。

既に指定席を抑えていたのだが、予定を繰り上げて帰ってきた。上田で大量乗車。上田ってそんなに人気があるのか?戸倉上山田に行った人も上田を使うのかな。あとは別所温泉とか、ほていやとかユニーとかか。ほていやもユニーももう無いって。そんなこんなで新幹線もたいへん混んでいました。

結果的には普通のワンデイトリップだが、けっこう金がかかったし、疲れている中で早起きしていくほどではなかったが、予定が狂ってしまったのだから仕方がない。


ナガーノに行く

今週はゆっくりするつもりだったのだが、「6月」の「天気がよい」「土曜日」という条件がそろった日が明日で、こういう日は今月はもうないかもしれないと考えると出かけざるをえないのであった。今回は天気がよくないといけないのだ。雨が降るといやな思いをすることになる。そんな2時間。


今日の旅

今日は朝、小田急に乗ったのだが、急行が6両編成でびっくりした。朝だからということで6両編成のようだが、デフォルト10両の東上線に慣れた身からすると驚きだ。小田急沿線なんて東上線に比べれば沿線人口も多いだろうし、10両で運行できる能力があるんだから、10両にすればいいのにと思った。実際けっこう混んだ。中年ハイキング軍団もいたけど、他の客も多い。新松田まで立っている人がいたくらい。この状況をよく我慢できるよな。小田急沿線には住めないと思った。

多少ネタバレになるが、鰍沢に行ってきた。富士川舟運で栄えた街だが、思ったよりも寂しい。PHSも通じない。ところが、鰍沢口駅は通じた。旧大同村万歳。

甲府からは特急に乗る。新しくなったかいじに初めて乗った。甲府から立川までだと、自由席特急券がぎりぎり900円になる。八王子から乗ってくる人が少なくなかったが、新宿まで500円プラスなので、ゆっくり座れると考えればそれほど抵抗感はないのか。