無印珈竰一覧

彩誉(あやほまれ)にんじんとチキンのカレー

ネットストアと近畿の一部店舗の限定販売商品。箱に入って売っていた。
彩誉という大阪発祥のにんじんを使っている。鶏肉、にんじん、じゃがいも、玉ねぎというベーシックな具材で、カレーとしては普通においしい。具材が大きいからか250gとサイズが大きめ。88点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


ジンジャーパネン

レギュラーサイズでの販売となっている。
タイカレー。こぶみかんの葉が入っている。こぶみかんはタイ料理には欠かせないものらしいが、初めて食べた。ジンジャーの味はあまり感じなかったのだが、甘みと辛みの複雑な味が感じられる。82点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


たけのこと豚肉のカレー

レギュラーサイズでの販売となっている。
たけのこの主張が強い。もう少したけのこを小さくしてもよかったのではと思うほどである。豚肉も入っているが、とにかくたけのこである。ほうれん草も入っているようだが、それはあまり感じなかった。79点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


プラウンモイリー

小さめカレーシリーズで、レギュラーサイズには存在しない。
とにかくクリーミーさが前面に出ている。辛みはほとんど感じず、カレーというよりはリゾットを食べているような気になる。海老の存在感もそれほどは感じなかった。79点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


ビーフカレー

今までは素材を生かしたカレーシリーズを取り上げてきたが、今回はそのシリーズからは外れた普通のビーフカレーである。
よくも悪くも普通のレトルトのビーフカレーである。ただ税込み150円であるから、それは充分にお値打ちと言えると思う。80点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


コサンブ

100gシリーズ、第八回はコサンブ。
チーズっぽい感じがしたが、チーズは入っていないそうである。ココナッツの味だろうか。根菜が使われており、肉っ気はなし。77点。
100gシリーズはこれで終了です。前回も書いたとおり、販売自体終了となっています。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


チャナマサラ

100gシリーズ、第七回はチャナマサラ。

ひよこ豆のカレーであり、豆が前面に出てくる。チャナがひよこ豆ということらしい。あと、想像したよりは辛みがあった。78点。

ちなみに、100gシリーズは今はなくなって、その後継として小さめカレーというシリーズができたらしい。そういうことで、100gシリーズは次回が最終回となります。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20180124234434j:image:w360


チキンクルマ

100gシリーズ、第六回はチキンクルマ。

前回のチキンコルマと一文字違いであるが、コルマは北インドで、クルマは南インドのカレーだという。見た目はコルマもクルマも同じように見えるが、クルマのほうが癖があり、なんか複雑な感じがする。82点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20171225204644j:image:w360


チキンコルマ

100gシリーズ、第五回はチキンコルマ。

生クリームとカシューナッツをつかった北インドのチキンカレーだという。まろやかな感じがするが、わりと普通なチキンカレーのようにも思う。100gシリーズでなくてもいいような気がしたが、今月から100gシリーズの値段が30%引きになって、そうなると値段相応という感じではある。81点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20171219183153j:image:w360


ベイガンティルマサラ

100gシリーズ、第四回はベイガンティルマサラ。

まず見た目が黒いが、焼きナス(ベイガン)と黒ゴマ(ティル)が入っている。他にもいろいろ入っていて、複雑な味わいを感じた、黒ゴマについては、よくあるごまの菓子ほどの味は感じなかった。83点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20171120205025j:image:w360