無印珈竰一覧

牛ばら肉の大盛りカレー

300gの大容量カレーシリーズでの提供。
思ったよりも牛ばら肉の存在感がなかった。玉ねぎは原型を感じない状態で、実質的に具が牛ばら肉だけなので、ちょっと寂しい印象。82点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


ごろごろ野菜と豚ひき肉の大盛りカレー

無印良品のカレーは、サイズのバリエーションが増えてきて、これは300gの大容量カレーである。値段は通常サイズの水準である。
日本ではなじみのある、野菜の具が人参、玉ねぎ、じゃがいもという、ベーシックなカレーである。普通においしい。肉はひき肉なので存在感が薄くなるが、それにより野菜の存在感が増している。84点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


ジンジャードライキーマ

レギュラーサイズでの販売となっている。
ジンジャーと銘打っており、短い針生姜のようなものも入っているが、とにかく辛さが前面に出ていて、ジンジャー感を感じなかった。辛さが味を押しつぶしている感じ。80点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


3種の唐辛子とチキン

レギュラーサイズでの販売となっている。
おそらく無印のカレーの中ではいちばん辛いカレー。赤い油が出てきて、辣油が入っているのではないかとも思った。辛さが特徴で、具はチキンだけと凡庸。82点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


豚肉と玉ねぎのカレー

レギュラーサイズでの販売となっている。
豚の角煮カレーと言ってもいいくらい豚肉の存在感が際立っている。味としては隠し味に醤油やみりんを使っているということで、更に豚の角煮感を感じるのかもしれない。89点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


チキンとごろごろ野菜のスープカレー

スープカレーシリーズ第二弾。
ヤングコーンやうずらの卵といった具材は嬉しいが、チキンの存在感があまりない。カレースープの味はわりとオーソドックス。79点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


根菜のスパイシースープカレー

無印良品もスープカレーを出すようになっていて、それの第一弾である。
スープカレーだけあって、具は多めである。青唐辛子がきいている。値段が490円とかなり高めであるが、スープカレーは店で食べても普通のカレーよりも高めである。78点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


トマトのキーマ

レギュラーサイズでの販売となっている。
オーソドックスなトマト味のキーマカレー。トマト味が強く、それほど辛さは感じなかった。カレー風の、挽肉を使ったトマトハヤシライスという感じでもある。84点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


彩誉(あやほまれ)にんじんとチキンのカレー

ネットストアと近畿の一部店舗の限定販売商品。箱に入って売っていた。
彩誉という大阪発祥のにんじんを使っている。鶏肉、にんじん、じゃがいも、玉ねぎというベーシックな具材で、カレーとしては普通においしい。具材が大きいからか250gとサイズが大きめ。88点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


ジンジャーパネン

レギュラーサイズでの販売となっている。
タイカレー。こぶみかんの葉が入っている。こぶみかんはタイ料理には欠かせないものらしいが、初めて食べた。ジンジャーの味はあまり感じなかったのだが、甘みと辛みの複雑な味が感じられる。82点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。