無印珈竰一覧

アメ色玉ねぎの野菜カレー

無印良品のカレーを食べた感想、第十七回はアメ色玉ねぎの野菜カレー。

わりとスタンダードな野菜カレー。アメ色玉ねぎっていうのは、入っていてもわかりにくいものである。個人的にはアメ色ではない大きめの玉ねぎのほうが有り難いか。84点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170708083938j:image:w360


スパイシーチキン

無印良品のカレーを食べた感想、第十六回はスパイシーチキン。

スパイスを多めに入れたチキンカレー、という様相。スパイスが尖っている分、浮いている感じがした。具はやはりチキンのみ。83点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170705215011j:image:w360


マッサマン

無印良品のカレーを食べた感想、第十五回はマッサマン。

数年前からマッサマンという名前が出回ったような気がするが、どういうカレーかというとタイのカレーだという。「世界で最も美味な料理ランキング50」の1位になったことがあるというが、個人的にはタイのカレーはあまり合わないなぁ、というのが率直な感想である。不味ではなく、あわない。82点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170620220130j:image:w360


国産りんごと野菜のカレー

無印良品のカレーを食べた感想、第十四回は国産りんごと野菜のカレー。

辛さ1だけあって甘い。りんごの甘さが効いている。スパイスはわずかに感じる。野菜が何種類か入っているのが嬉しい。84点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170606073557j:image:w360


ダール(豆のカレー)

無印良品のカレーを食べた感想、第十三回はダール(豆のカレー)。

豆のカレーってヘルシーというイメージが合ってポピュラーであるが、個人的には豆よりは肉より野菜が入っていたほうが嬉しい。2種類の豆を使っているらしいが、その2種類を感じることができなかった。81点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。改めて写真を見ると、納豆カレーっぽさもある。

f:id:Tenty-17:20170529204429j:image:w360


イエロー

無印良品のカレーを食べた感想、第十二回はイエロー。

タイのカレーは苦手感があるのだが、これは問題なく食べられた。食べやすく仕あげているというだけのことはある。具が豊富なのも嬉しい。86点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170522222034j:image:w360


フォンドボーと生クリームの濃厚ビーフカレー

無印良品のカレーを食べた感想、第十一回はフォンドボーと生クリームの濃厚ビーフカレー。

濃厚というだけあって確かに濃厚な味がする。他の市販のレトルトカレーでありがちな味とも思った。仔牛の骨や肉をじっくり煮込んだというが、やはり仔牛のほうがいいのだろうか。85点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170515212859j:image:w360


キーママタル

無印良品のカレーを食べた感想、第十回はキーママタル。

複雑な味のカレーを食べている感がある。グリーンピースが入っているのは珍しいが、悪くはない。挽肉以外の食感があるのがいい。86点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170508000312j:image:w360


クリーミーバターチキン

無印良品のカレーを食べた感想、第九回はクリーミーバターチキン。

バターチキンよりはたしかにクリーミーな感じではあるが、値段お高めでその優位性はあるかと言われると微妙。チキンの状態はバターチキンと変わらなかった。82点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170425193628j:image:w360


バターチキン

無印良品のカレーを食べた感想、第八回はバターチキン

ギーを使っているというカレーソースはいい感じなのだが、唯一の具であるチキンの状態はいまいち感があった。個体差なのかもしれないが。83点。

下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。

f:id:Tenty-17:20170417215225j:image:w360