運動一覧

2020年夏季オリンピックは東京で開催が決定

http://www.asahi.com/sports/update/0908/TKY201309080015.html?ref=com_top6_2nd

2020年の夏季オリンピックが東京に決まった。マドリードとイスタンブールとの決選になったのだが、マドリードは経済危機、イスタンブールは反政府デモがあって、消去法的に東京になったのかな、と。竹田恒和理事長の「東京と福島は離れているから大丈夫」という物言いは最悪だったが、それが東京開催を脅かす致命傷にはならなかったということか。

東京でオリンピックを開催することで、ある外国は「オリンピックボイコットカード」を手に入れた、と考えるならば、日本としてもあまり強硬な態度をとることができないのではないか。それが多方向に及ぶとこれから「縛られた7年」がやってくる、とも考えられる。

実際に東京でオリンピックをするとなるといろいろな悪影響がでそうな気がするが、そのとき自分が東京にいるかわからないし、この世にいるかもわからないので、そのときにならないと何とも言えないな、というのが正直なところ。


都道府県別スポーツチーム2013年版

毎年恒例、日本野球機構(NPB)、四国アイランドリーグplus(IL)、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BC)、日本プロサッカーリーグ(J1,J2)、日本フットボールリーグ(JFL)、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に参加しているスポーツチームを都道府県別に並べてみた。

都道府県 野球 サッカー バスケットボール
北海道 北海道日本ハムファイターズ(NPB) コンサドーレ札幌(J2)
青森県
岩手県 岩手ビッグブルズ
宮城県 東北楽天ゴールデンイーグルス(NPB) ベガルタ仙台(J1)
ソニー仙台FC(JFL)
仙台89ERS
秋田県 ブラウブリッツ秋田(JFL) 秋田ノーザンハピネッツ
山形県 モンテディオ山形(J2)
福島県 福島ユナイテッドFC(JFL)
茨城県 鹿島アントラーズ(J1)
水戸ホーリーホック(J2)
栃木県 栃木サッカークラブ(J2)
日立栃木ウーヴァSC(JFL)
群馬県 群馬ダイヤモンドペガサス(BC) ザスパ草津(J2) 群馬クレインサンダーズ
埼玉県 埼玉西武ライオンズ(NPB) 浦和レッドダイヤモンズ(J1)
大宮アルディージャ(J1)
埼玉ブロンコス
千葉県 千葉ロッテマリーンズ(NPB) 柏レイソル(J1)
ジェフユナイテッド市原・千葉(J2)
千葉ジェッツ
東京都 読売ジャイアンツ(NPB)
東京ヤクルトスワローズ(NPB)
FC東京(J1)
東京ヴェルディ(J2)
FC町田ゼルビア(JFL)
横河武蔵野フットボールクラブ(JFL)
東京サンレーヴス
神奈川県 横浜DeNAベイスターズ(NPB) 川崎フロンターレ(J1)
横浜F・マリノス(J1)
湘南ベルマーレ(J1)
横浜FC(J2)
横浜スポーツ&カルチャークラブ(JFL)
SC相模原(JFL)
横浜ビー・コルセアーズ
新潟県 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC) アルビレックス新潟(J1) 新潟アルビレックスBB
富山県 富山サンダーバーズ(BC) カターレ富山(J2) 富山グラウジーズ
石川県 石川ミリオンスターズ(BC) ツエーゲン金沢(JFL)
福井県 福井ミラクルエレファンツ(BC)
山梨県 ヴァンフォーレ甲府(J1)
長野県 信濃グランセローズ(BC) 松本山雅FC(J2)
AC長野パルセイロ(JFL)
信州ブレイブウォリアーズ
岐阜県 FC岐阜(J2)
静岡県 清水エスパルス(J1)
ジュビロ磐田(J1)
ホンダFC(JFL)
shizuoka.藤枝MYFC(JFL)
浜松・東三河フェニックス
愛知県 中日ドラゴンズ(NPB) 名古屋グランパス(J1)
三重県
滋賀県 MIOびわこ草津(JFL) 滋賀レイクスターズ
京都府 京都サンガF.C.(J2)
佐川印刷SC(JFL)
京都ハンナリーズ
大阪府 オリックス・バファローズ(NPB) セレッソ大阪(J1)
ガンバ大阪(J2)
大阪エヴェッサ
兵庫県 阪神タイガース(NPB) ヴィッセル神戸(J2)
奈良県
和歌山県
鳥取県 ガイナーレ鳥取(J2)
島根県 島根スサノオマジック
岡山県 ファジアーノ岡山FC(J2)
広島県 広島東洋カープ(NPB) サンフレッチェ広島(J1)
山口県
徳島県 徳島インディゴソックス(IL) 徳島ヴォルティス(J2)
香川県 香川オリーブガイナーズ(IL) カマタマーレ讃岐(JFL) 高松ファイブアローズ
愛媛県 愛媛マンダリンパイレーツ(IL) 愛媛FC(J2)
高知県 高知ファイティングドッグス(IL)
福岡県 福岡ソフトバンクホークス(NPB) アビスパ福岡(J2)
ギラヴァンツ北九州(J2)
ライジング福岡
佐賀県 サガン鳥栖(J1)
長崎県 V・ファーレン長崎(J2)
熊本県 ロアッソ熊本(J2)
大分県 大分トリニータ(J1)
HOYO AC ELAN大分(JFL)
大分ヒートデビルズ
宮崎県 ホンダロック(JFL) 宮崎シャイニングサンズ
鹿児島県
沖縄県 FC琉球(JFL) 琉球ゴールデンキングス

野球は去年と変わらず。サッカーは福島ユナイテッドFCが昇格し、この表としては福島県の空白状態がなくなった。また神奈川県のサッカーチームが6チームあるという状況に。バスケットボールは東京のチームが復活。バスケットボールはチームがずっと増えており、三種が埋まる都道府県が増えてきている。


2012年サッカー昇格降格状況

  • J2→J1:ヴァンフォーレ甲府、湘南ベルマーレ、大分トリニータ
  • J1→J2:ヴィッセル神戸、ガンバ大阪、コンサドーレ札幌
  • JFL→J2:V・ファーレン長崎
  • J2→JFL:FC町田ゼルビア
  • 地域L→JFL:SC相模原、福島ユナイテッドFC

今年からJ2からJ1の昇格最後の1チームの座を賭けたプレーオフが行われるようになってリーグ6位の大分トリニータがJ1に昇格した。6位とはいえ、3位の京都サンガF.C.との勝ち点の差はたった3なので、納得できないというほどではないか。また、JFLではV・ファーレン長崎が優勝しJ2昇格を決めたので、J2最下位のFC町田ゼルビアが降格となった。J2からJFLの降格は史上初である。来年は町田ゼルビアが好成績だと再昇格ということになるのか。そうなると、またJ2からの降格チームができるわけで、まさにサバイバルである。

また、JFLのSAGAWA SHIGA FCが退会。今シーズン前に退会したアルテ高崎の分も含めて2つ枠が空き、地域リーグから2つのチームが昇格している。JFL最下位の栃木ウーヴァFCは入れ替え戦でノルブリッツ北海道を下し、降格を免れている。


ロンドンオリンピック男子マラソン代表選考

http://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/p-sp-tp0-20120305-912854.html

記事には「川内残った!混戦マラソン五輪争い」とある。

ロンドンオリンピックの男子マラソン代表選考レースで、各レースの日本人一位が川内優輝(埼玉県庁)、藤原新(東京陸協)、山本亮(佐川急便)と、いわゆる実業団の有名どころの選手が一人もいないという状況。しかし、川内優輝選手はタイムがあまり良くなかったということで、他の選考レースでタイムが良かった他の選手が選ばれるのでは、というのが主な見方のよう。

ただ、上記三選手についても、日本人一位というだけであって、レースで優勝したのは他の外国人選手である。だから、現時点では誰がでても世界では通用しないのではないか?とも思ったりする。そうなると、ロマンを求めて実業団の強豪チームに属さずにやっている上記三選手を選んでおけ、と素人としては思うのだが、いかがだろうか。


ハンドスプリングスロー

http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20120225-908698.html

少し前の話になるけど、たまたま日本対アイスランドのサッカーの試合見ていたら、アイスランドのソルステインソン選手が一回転してスローイングするということをやっていて、何だあのかっこいいスローイングはと思ってみたら、あれはハンドスプリングスローというらしい。かっこいいと思った人は多いようで、わりと大きなニュースにもなった。

セルジオ越後さんはスローイングが話題になっていることに苦言を呈していたが、あのスローイングはかっこいいし、話題にせざるを得ないよね。試合自体は最後の日本側の失点がなんだか興ざめだった。


都道府県別スポーツチーム2012年版

毎年恒例、日本野球機構(NPB)、四国アイランドリーグplus(IL)、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BC)、日本プロサッカーリーグ(J1,J2)、日本フットボールリーグ(JFL)、日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)に参加しているスポーツチームを都道府県別に並べてみた。

都道府県 野球 サッカー バスケットボール
北海道 北海道日本ハムファイターズ(NPB) コンサドーレ札幌(J1)
青森県
岩手県 岩手ビッグブルズ
宮城県 東北楽天ゴールデンイーグルス(NPB) ベガルタ仙台(J1)
ソニー仙台FC(JFL)
仙台89ERS
秋田県 ブラウブリッツ秋田(JFL) 秋田ノーザンハピネッツ
山形県 モンテディオ山形(J2)
福島県
茨城県 鹿島アントラーズ(J1)
水戸ホーリーホック(J2)
栃木県 栃木サッカークラブ(J2)
日立栃木ウーヴァSC(JFL)
群馬県 群馬ダイヤモンドペガサス(BC) ザスパ草津(J2)
アルテ高崎(JFL)
埼玉県 埼玉西武ライオンズ(NPB) 浦和レッドダイヤモンズ(J1)
大宮アルディージャ(J1)
埼玉ブロンコス
千葉県 千葉ロッテマリーンズ(NPB) 柏レイソル(J1)
ジェフユナイテッド市原・千葉(J2)
千葉ジェッツ
東京都 読売ジャイアンツ(NPB)
東京ヤクルトスワローズ(NPB)
FC東京(J1)
東京ヴェルディ(J2)
FC町田ゼルビア(J2)
横河武蔵野フットボールクラブ(JFL)
神奈川県 横浜DeNAベイスターズ(NPB) 川崎フロンターレ(J1)
横浜F・マリノス(J1)
湘南ベルマーレ(J2)
横浜FC(J2)
横浜スポーツ&カルチャークラブ(JFL)
横浜ビー・コルセアーズ
新潟県 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC) アルビレックス新潟(J1) 新潟アルビレックスBB
富山県 富山サンダーバーズ(BC) カターレ富山(J2) 富山グラウジーズ
石川県 石川ミリオンスターズ(BC) ツエーゲン金沢(JFL)
福井県 福井ミラクルエレファンツ(BC)
山梨県 ヴァンフォーレ甲府(J2)
長野県 信濃グランセローズ(BC) 松本山雅FC(J2)
AC長野パルセイロ(JFL)
信州ブレイブウォリアーズ
岐阜県 FC岐阜(J2)
静岡県 清水エスパルス(J1)
ジュビロ磐田(J1)
ホンダFC(JFL)
shizuoka.藤枝MYFC(JFL)
浜松・東三河フェニックス
愛知県 中日ドラゴンズ(NPB) 名古屋グランパス(J1)
三重県
滋賀県 SAGAWA SHIGA FC(JFL)
MIOびわこ草津(JFL)
滋賀レイクスターズ
京都府 京都サンガF.C.(J2)
佐川印刷SC(JFL)
京都ハンナリーズ
大阪府 オリックス・バファローズ(NPB) ガンバ大阪(J1)
セレッソ大阪(J1)
大阪エヴェッサ
兵庫県 阪神タイガース(NPB) ヴィッセル神戸(J1)
奈良県
和歌山県
鳥取県 ガイナーレ鳥取(J2)
島根県 島根スサノオマジック
岡山県 ファジアーノ岡山FC(J2)
広島県 広島東洋カープ(NPB) サンフレッチェ広島(J1)
山口県
徳島県 徳島インディゴソックス(IL) 徳島ヴォルティス(J2)
香川県 香川オリーブガイナーズ(IL) カマタマーレ讃岐(JFL) 高松ファイブアローズ
愛媛県 愛媛マンダリンパイレーツ(IL) 愛媛FC(J2)
高知県 高知ファイティングドッグス(IL)
福岡県 福岡ソフトバンクホークス(NPB) アビスパ福岡(J2)
ギラヴァンツ北九州(J2)
ライジング福岡
佐賀県 サガン鳥栖(J1)
長崎県 V・ファーレン長崎(JFL)
熊本県 ロアッソ熊本(J2)
大分県 大分トリニータ(J2)
HOYO AC ELAN大分(JFL)
大分ヒートデビルズ
宮崎県 ホンダロック(JFL) 宮崎シャイニングサンズ
鹿児島県
沖縄県 FC琉球(JFL) 琉球ゴールデンキングス

野球は横浜ベイスターズをDeNAが買ったり、四国アイランドリーグplusが結局四国四県のチーム構成に戻ったりした。三重スリーアローズの解散で、この表としては三重県が空白県となった。サッカーは地域リーグからJFLに三チームも昇格したが、来年以降は廃止するチームがない限り、ここまで多くのチームが昇格することはなさそう。bjリーグは東京アパッチの休止はあったものの、チーム数は増えている。これまで空白県だった岩手県にチームができている。


2011年サッカー昇格降格状況

  • J2→J1:FC東京、サガン鳥栖、コンサドーレ札幌
  • J1→J2:ヴァンフォーレ甲府、アビスパ福岡、モンテディオ山形
  • JFL→J2:FC町田ゼルビア、松本山雅FC
  • 地域L→JFL:横浜スポーツ&カルチャークラブ、shizuoka.藤枝MYFC、HOYO AC ELAN大分

JFLのジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズが今年で活動終了、JFLから2チームがJ2に昇格ということで、JFLから地域リーグの降格なしで、地域リーグからJFLへの昇格が3チームという状態になっている。

来年からJ2が22チームになるので、J2からJFLからへの降格があるというだが、現時点で報じられている情報の限りでは、降格はなかなか起きなさそうである。逆にJFLからJ2への昇格も今までよりハードルが高くなりそうである。それに連動するように、地域リーグからJFLへの昇格も、今年のように3チームということはなくなるか。


なでしこジャパンフィーバー

なでしこジャパンこと女子サッカー日本代表がワールドカップで優勝して、なにかと騒がれているが、そもそもワールドカップが始まった当初はほとんど騒がれなかった。それがあれよあれよという間に勝ち進んで優勝が近づくにつれ報道も過熱化していった。

ワールドカップ優勝は偉業であり、褒め称えられるべきであろう。しかし、それが加熱しすぎるのもどうかと思う。結局、彼女たちを消費しているだけではないだろうか。また、なでしこジャパンを利用して第三者を批判するのもいかがなものかと思う。

夢をもらった、感動をもらった、という人も、そこに至るまでの経緯について思いをはせるべきであり、本当に女子サッカーの興隆を望むのであれば、なでしこリーグの試合に足を運ぶなどの直接的な支援を行うべきであろう。

ただ、こういう興味の量は総量が決まっていて、それの奪い合い、という側面もある。たとえば、一時期女子ソフトボールが大きく取り上げられたが、今となってはそれほど興味を集められていない。ソフトボールもワールドカップが現在行われているが、あまり話題になっていない。(もっとも女子ソフトボールのワールドカップは6ヶ国しか参加していなく、女子サッカーよりも規模がだいぶ小さいという側面はあるが。)あのスポーツへの興味の量が増えると、このスポーツへの興味の量が減る、というような様相である。


大相撲八百長疑惑

http://www.asahi.com/special/08020/TKY201102020148.html

携帯電話のメールで発覚したというのが何とも間が抜けている感があるが、発覚して大騒ぎである。

前から八百長はあるとかないとか言う話が挙がっていたわけだが、かなりクロに近い状況にはなっている。八百長が内部的に行われていても私個人としてはあまり関係がない話ではあるが、日本相撲協会は税制的に優遇されている立場であり、公益法人の認定を今後受けようとしている立場である。八百長行為の背景の一部に暴力団との関係も取り沙汰され、今までに起きた数々の不祥事も無視することはできないだろう。

基本的に自浄能力はないと思うから、もう国技とかそういうのはやめにして、一スポーツとしてやっていくのがいいと思うのだが、どうだろう。


都道府県別スポーツチーム2011年版

毎年恒例になったな。

日本野球機構(NPB)、四国アイランドリーグplus(IL)、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BC)、日本プロサッカーリーグ(J1,J2)、日本フットボールリーグ(JFL)、日本プロバスケットボールリーグに参加しているスポーツチームを都道府県別に並べてみた。

都道府県 野球 サッカー バスケットボール
北海道 北海道日本ハムファイターズ(NPB) コンサドーレ札幌(J2)
青森県
岩手県
宮城県 東北楽天ゴールデンイーグルス(NPB) ベガルタ仙台(J1)
ソニー仙台FC(JFL)
仙台89ERS
秋田県 ブラウブリッツ秋田(JFL) 秋田ノーザンハピネッツ
山形県 モンテディオ山形(J1)
福島県
茨城県 鹿島アントラーズ(J1)
水戸ホーリーホック(J2)
栃木県 栃木サッカークラブ(J2)
日立栃木ウーヴァSC(JFL)
群馬県 群馬ダイヤモンドペガサス(BC) ザスパ草津(J2)
アルテ高崎(JFL)
埼玉県 埼玉西武ライオンズ(NPB) 浦和レッドダイヤモンズ(J1)
大宮アルディージャ(J1)
埼玉ブロンコス
千葉県 千葉ロッテマリーンズ(NPB) 柏レイソル(J1)
ジェフユナイテッド市原・千葉(J2)
ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ(JFL)
東京都 読売ジャイアンツ(NPB)
東京ヤクルトスワローズ(NPB)
FC東京(J2)
東京ヴェルディ(J2)
横河武蔵野フットボールクラブ(JFL)
FC町田ゼルビア(JFL)
東京アパッチ
神奈川県 横浜ベイスターズ(NPB) 川崎フロンターレ(J1)
横浜F・マリノス(J1)
湘南ベルマーレ(J2)
横浜FC(J2)
新潟県 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC) アルビレックス新潟(J1) 新潟アルビレックスBB
富山県 富山サンダーバーズ(BC) カターレ富山(J2) 富山グラウジーズ
石川県 石川ミリオンスターズ(BC) ツエーゲン金沢(JFL)
福井県 福井ミラクルエレファンツ(BC)
山梨県 ヴァンフォーレ甲府(J1)
長野県 信濃グランセローズ(BC) 松本山雅FC(JFL)
AC長野パルセイロ(JFL)
岐阜県 FC岐阜(J2)
静岡県 清水エスパルス(J1)
ジュビロ磐田(J1)
ホンダFC(JFL)
浜松・東三河フェニックス
愛知県 中日ドラゴンズ(NPB) 名古屋グランパス(J1)
三重県 三重スリーアローズ(IL)
滋賀県 SAGAWA SHIGA FC(JFL)
MIOびわこ草津(JFL)
滋賀レイクスターズ
京都府 京都サンガF.C.(J2)
佐川印刷サッカー部(JFL)
京都ハンナリーズ
大阪府 オリックス・バファローズ(NPB) ガンバ大阪(J1)
セレッソ大阪(J1)
大阪エヴェッサ
兵庫県 阪神タイガース(NPB) ヴィッセル神戸(J1)
奈良県
和歌山県
鳥取県 ガイナーレ鳥取(J2)
島根県 島根スサノオマジック
岡山県 ファジアーノ岡山FC(J2)
広島県 広島東洋カープ(NPB) サンフレッチェ広島(J1)
山口県
徳島県 徳島インディゴソックス(IL) 徳島ヴォルティス(J2)
香川県 香川オリーブガイナーズ(IL) カマタマーレ讃岐(JFL) 高松ファイブアローズ
愛媛県 愛媛マンダリンパイレーツ(IL) 愛媛FC(J2)
高知県 高知ファイティングドッグス(IL)
福岡県 福岡ソフトバンクホークス(NPB) アビスパ福岡(J1)
ギラヴァンツ北九州(J2)
ライジング福岡
佐賀県 サガン鳥栖(J2)
長崎県 V・ファーレン長崎(JFL)
熊本県 ロアッソ熊本(J2)
大分県 大分トリニータ(J2) 大分ヒートデビルズ
宮崎県 ホンダロック(JFL) 宮崎シャイニングサンズ
鹿児島県
沖縄県 FC琉球(JFL) 琉球ゴールデンキングス

島根にバスケットのプロチームができている。山陰ではサッカーのガイナーレ鳥取がJ2に昇格し、人口の少ない山陰でもプロスポーツの芽が出てきていると言えるか。

野球は独立リーグの勢いも頭打ちになった感もあり、チーム増の傾向にはないが、サッカー、バスケットボールはチーム増の傾向にあり、この表に載るチーム数も増えていくであろう。