野球一覧

「えりちゃん」が関西独立リーグ神戸9クルーズを退団

http://sankei.jp.msn.com/sports/baseball/091001/bbl0910010200004-n1.htm

「えりちゃん」こと、吉田えり選手が関西独立リーグの神戸9クルーズを退団した。正直言って、関西独立リーグで吉田えり以外の選手を知らない。もっとも、他の独立リーグの選手も知らない。そういう意味では、吉田えり選手の知名度は絶大だったわけだが、退団することで関西独立リーグはますます苦境に立たされるようになると思われる。

そもそも、NPBに比べるとレベルが格段に落ちる選手が野球をして、お金をもらおうということ自体難しいように思う。社会人野球やクラブチームでも、普通に仕事してさらに野球をするという生活を送っているわけで、トップレベルではない選手が野球だけで生活するというのは甘い考えだろう。あと、独立リーグだと密着にどれだけ密着できるかということも必要となってくる。たとえば、私は長野に行く機会が多いのだが、BCリーグの信濃グランローゼスの試合結果は地元紙の信濃毎日新聞にそこそこ大きく取り上げられているし、広告もわりと目立って載っている。そういう場がないと、独立リーグのチームのことを広く知らしめることは難しいだろう。

確かに、女子高校生が入団したというのは大きなニュースだったが、それに続く話題が提供できなかったことで関西独立リーグの低迷は決定づけられたように思う。運営会社が撤退とかそういう駄目な話題は提供したが。どうしても運営を継続したいのならなりふりかまわずやっていくしかないのではないか。

あと、余談だけど、萩本欽一の茨城ゴールデンゴールズが最近話題になっていないなと思って少しみてみたら、鹿児島では4000人の観客を集めている。名古屋での中日ドラゴンズファームとの試合にいたっては平日のナイターで16200人の観客を集めたとのこと。同日に行われたパシフィックリーグの3試合のいずれよりも観客を集めている。相変わらず人気は続いているようだ。


イチローが大リーグ新記録の9年連続200本安打

http://www.asahi.com/sports/bb/TKY200909140057.html

これは素直に祝福したい。アメリカではあまり大きく取り上げられていないみたいだけど。記録に並ぶ選手として名前が挙がっているのが、100年前の選手だったりする。それだけアメリカの大リーグの歴史は長いということだけど、その歴史に名前を残したというのはやはり偉大である。

イチローのことを嫌いという人もけっこういるようだが、私は好きな選手である。すばらしい結果を出している選手は称賛されるべきだし、私としてはイチローのキャラクターについてもかなり好感を持っている。基本的にはプロフェッショナルに徹しているということ。それゆえに態度が気にくわないとか反感を覚える人もいるのだろう。もっとも、100%の人に支持されるなんてあり得ないことだ。比類なき結果をだすためには、まず自分が信じた道を突き進んでいくことなのかな。


関西独立リーグのチームが募金活動

http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20090524-498516.html

運営会社が撤退して窮地に立たされている関西独立リーグのチームが募金活動をしたとのこと。このステラという運営会社もかなり無責任な会社だとは思うし、チームも気の毒ではあるが、募金活動というのはかなり違和感がある。あんまり詳しく書くと何だけど、ねぇ。

スポーツをしてお金をもらうというのはやはりたいへんなことなのだろう。一流の選手であればともかく、そうではない選手であればなおさらだ。支援するのであればそれによって還元されるような仕組みを作らないとなかなか難しいのだと思う。


WBCというよりABC

WBCは日本が3勝2敗で韓国を下して2大会連続の優勝となった、という感じだ。中国、韓国、韓国、キューバ、韓国、キューバ、韓国、アメリカ、韓国って、韓国戦だけで大会試合の過半数を占めている。日本目線で言うともはやWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)ではなく、ABC(アジア・ベースボール・クラシック)である。

第2ラウンドは第1ラウンドで当たった相手とは当たらないようにすればいいと思うのだが、これは主催側の思惑か。次回は参加国の数が増える意向だというから、そのあたりをもう少し改めてほしい。

奮闘した日本代表選手に対しては素直に祝福したい。代表監督はあまり目立たない人のほうがいいのではないかと思った。監督の話題が目立つとどうもよくない。主役は選手なのだ。


都道府県別スポーツチーム2009年版

去年初めてやってみたが、今年もやってみる。

日本野球機構(NPB)、四国・九州アイランドリーグ(IL)、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BC)、関西独立リーグ(KL)、日本プロサッカーリーグ(J1,J2)、日本フットボールリーグ(JFL)、日本プロバスケットボールリーグに参加しているスポーツチームを都道府県別に並べてみた。

都道府県 野球 サッカー バスケットボール
北海道 北海道日本ハムファイターズ(NPB) コンサドーレ札幌(J2)
青森県
岩手県
宮城県 東北楽天ゴールデンイーグルス(NPB) ベガルタ仙台(J2)
ソニー仙台FC(JFL)
仙台89ERS
秋田県 TDKサッカー部(JFL)
山形県 モンテディオ山形(J1)
福島県
茨城県 鹿島アントラーズ(J1)
水戸ホーリーホック(J2)
流通経済大学サッカー部(JFL)
栃木県 栃木サッカークラブ(J2)
群馬県 群馬ダイヤモンドペガサス(BC) ザスパ草津(J2)
アルテ高崎(JFL)
埼玉県 埼玉西武ライオンズ(NPB) 浦和レッドダイヤモンズ(J1)
大宮アルディージャ(J1)
埼玉ブロンコス
千葉県 千葉ロッテマリーンズ(NPB) ジェフユナイテッド市原・千葉(J1)
柏レイソル(J1)
ジェフユナイテッド市原・千葉リザーブズ(JFL)
東京都 読売ジャイアンツ(NPB)
東京ヤクルトスワローズ(NPB)
FC東京(J1)
東京ヴェルディ(J2)
横河武蔵野フットボールクラブ(JFL)
町田ゼルビア(JFL)
東京アパッチ
神奈川県 横浜ベイスターズ(NPB) 川崎フロンターレ(J1)
横浜F・マリノス(J1)
横浜FC(J2)
湘南ベルマーレ(J2)
新潟県 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC) アルビレックス新潟(J1) 新潟アルビレックスBB
富山県 富山サンダーバーズ(BC) カターレ富山(J2) 富山グラウジーズ
石川県 石川ミリオンスターズ(BC)
福井県 福井ミラクルエレファンツ(BC)
山梨県 ヴァンフォーレ甲府(J2)
長野県 信濃グランセローズ(BC)
岐阜県 FC岐阜(J2)
静岡県 清水エスパルス(J1)
ジュビロ磐田(J1)
ホンダFC(JFL)
浜松・東三河フェニックス
愛知県 中日ドラゴンズ(NPB) 名古屋グランパス(J1)
FC刈谷(JFL)
三重県
滋賀県 佐川急便滋賀フットボールクラブ(JFL)
MIOびわこ草津(JFL)
滋賀レイクスターズ
京都府 京都サンガF.C.(J1)
佐川印刷サッカー部(JFL)
大阪府 オリックス・バファローズ(NPB)
大阪ゴールドビリケーンズ(KL)
ガンバ大阪(J1)
セレッソ大阪(J2)
大阪エヴェッサ
兵庫県 阪神タイガース(NPB)
神戸9クルーズ(KL)
明石レッドソルジャーズ(KL)
ヴィッセル神戸(J1)
奈良県
和歌山県 紀州レンジャーズ(KL)
鳥取県 ガイナーレ鳥取(JFL)
島根県
岡山県 ファジアーノ岡山FC(J2)
三菱水島FC(JFL)
広島県 広島東洋カープ(NPB) サンフレッチェ広島(J1)
山口県
徳島県 徳島インディゴソックス(IL) 徳島ヴォルティス(J2)
香川県 香川オリーブガイナーズ(IL) 高松ファイブアローズ
愛媛県 愛媛マンダリンパイレーツ(IL) 愛媛FC(J2)
高知県 高知ファイティングドッグス(IL)
福岡県 福岡ソフトバンクホークス(NPB)
福岡レッドワーブラーズ(IL)
アビスパ福岡(J2)
ニューウェーブ北九州(JFL)
ライジング福岡
佐賀県 サガン鳥栖(J2)
長崎県 長崎セインツ(IL) V・ファーレン長崎(JFL)
熊本県 ロアッソ熊本(J2)
大分県 大分トリニータ(J1) 大分ヒートデビルズ
宮崎県 ホンダロック(JFL)
鹿児島県
沖縄県 FC琉球(JFL) 琉球ゴールデンキングス

今年は関西独立リーグが追加されることとなった。また、去年は空白県だった、和歌山県、宮崎県に一チーム増えている。


男女混合で行うスポーツ

最近、関西独立リーグのチームに女性の選手に入団したということがあったが、その報を聞いて、いちばん男女の性差が問われていないスポーツはなんだろう、と考えていたら、それは競艇ではないかと思った。Wikipediaによると、笹川良一が太平洋戦争後に「これからは男女が同じ立場になる時代が来る」と痛感して、女性選手にも門戸を広げるようにしたらしい。他には、競馬とかモータースポーツくらいか。

関西独立リーグも、独立リーグとしては後発だから、もういろいろやるべきだろう。たとえば、還暦を過ぎた人を入団させるとか。


クライマックスシリーズ不要論

プロ野球のクライマックスシリーズが今行われているが、なんか、あれ、要らないと思うの。今年のセ・リーグは読売、阪神のデッドヒートだったが、どうせ両チームともクライマックスシリーズに出られるんでしょ?ということで、もう一つ盛り上がりに欠けたような気がする。クライマックスシリーズができたことでヤマ場が増えたという見方もできるが、ヤマ場が分散したように感じる。結局、一つ一つの結果が軽くなっているように感じる。セ・リーグに関して言えば、三強三弱状態が続いていて、今年は広島が善戦したが、結局去年と同じ顔ぶれになった。

どうせだったら、中日vs日本ハムの三位同士で日本シリーズを行うことで、クライマックスシリーズ制度を見直す契機となってほしいとさえ思う。

また別の話だが、プロ野球のテレビ中継の視聴率が上がらないとのことだが、最近ではドラマでもそれほど視聴率が上がらず、20%超える民放のドラマなんてわずかなのだから、プロ野球がそれなりの数字になるのは仕方がないのではないかと思った。さすがに一桁はひどいけど、優勝間近とかでない限りは10%前半くらいが関の山ではないか。


WBCも星野監督か

星野監督を評した記事の「采配より見事な“すり替え戦術”」という視点は面白い。「たたくのは時間が止まった人間だろう」という言葉には閉口した。たたかれれている理由を自覚していないのだと思う。マスコミなんかは「温情采配」という表現を使っているが、単にその場にあった臨機応変な采配ができなかっただけだろう。

WBCの采配をとるのもまた星野かという声もでているが、楽天野村監督、ソフトバンク王監督の名前も挙がっている。個人的には権藤さん、こと権藤博元横浜監督がいい、というか個人的に好きなだけだが。ただ、かなり長い間現場から離れているのがネック。おそらくもうその気がないのだろうけど。

Wikipediaで見たのだが、権藤さんは稲尾和久を尊敬していたらしい。中日の落合監督も同じくそうだった。神様、仏様、稲尾様が日本の野球界に与えた影響は大きい。


北京オリンピックが終わる

北京オリンピックが終わった。メダルの数がうんぬんとか言われるが、私が思うに、普段その競技を見ていないのに四年に一回オリンピックのときだけ注目して、メダルが獲れなかったら批判するというのはちょっとおかしい。もちろん、いい成績が残せればそれを称賛すべきだとは思うが、残念な結果に終わってもそれを批判できるだけの資格を持っているものかと思ってしまう。

ただ、マラソンは男女ともにが出場しない選手がいたということはもったいないとは思った。三人出られるのに二人しか出ないという事態になってしまった。一応、補欠選手というのが決まっているのだから、その補欠選手が出られるように動けなかったものか。

オリンピック競技の多くがオリンピックのときに最大の注目を集めるのに対して、野球については日本ではプロ野球が行われ、常に高い注目を集めている。選手の給料も他の競技に比べると断然と高く、恵まれた環境で試合をしている。そういうわけで、野球に関しては日本中から結果に対する批判が集まるのはいたしかたないように思う。特に「金メダルしかいらない」と豪語して大会に臨んだだけに。「金メダルしかいらない」と言い切る資格のある人は、1敗したことがニュースになるようなレスリングの吉田沙保里選手くらいなもので、吉田選手もそこまでは言っていなかったとは思うが、何にせよ金メダルが獲れるようなチームではなかったと思う。やはり監督の采配に問題があったとは思う。ただ、普段の野球との細かい点の違いに戸惑ったというようなことが言われているが、そういう差が気にならないような豪放な選手を連れて行ったほうがいいのではないか、と言ってもそういう選手は日本にはあまりいない。また、そういうタイプの選手は日本のプロ野球では評価されにくい。これは野球だけの問題ではないけど、日本が世界で勝つというのはそういう点が障壁になっているのではないだろうか。


山本昌200勝達成

http://www.chunichi.co.jp/s/chuspo/article/2008080490205647.html

今年の中日ドラゴンズの体たらく(そのわりにはまだAクラスなのだが)からして、唯一の期待が山本昌の200勝達成だったのだが、王手をかけて一発で200勝を決めた。しかも完投勝利。これはすばらしい。純粋に嬉しい。

中日としては杉下茂に次ぐ200勝らしい。フォークの神様で名前くらいは知っているが、約50年前に活躍した選手だ。