音楽一覧

ZAZEN BOYSライブ at.日比谷野外音楽堂

昨日、日比谷野外音楽堂で行われたZAZEN BOYSのライブに行ったきたよ。

2時頃家を出て、余っている青春18きっぷを使って大井町で用事を済ませて、藤沢で塔巡りをして(買ったのはBUMP OF CHICKENの新譜)、会場に着いたのは6時頃。

場内でビールを買おうと思ったのだが、生ビールだと思いこんでいたら、缶ビールでいきなりショック。いや、完全に思いこみなんだけど。仕方がないので、缶ビールを買う。

席も後ろから数えたほうが早いほどの後ろ。雨はたまにぽつぽつと降る程度で、それほど気にはならなかったが、向井曰く「野音で何度かやっているが、晴れたのは一度だけ」とのこと。

バンドの音は回数を重ねることにつれ増していく一体感があふれていてよかったが、野外だとどうも音が散っていく感じがする。場所も遠いし。それに加え、マナーの悪い客がいて、ライブに集中できないという面もあった。席でタバコ吸っているとか、信じられないな。

向井のMCは多めだったと思う。「平将門の家来」には笑った。ボーカル以外の三人の歌も、なんか単純に嬉しかったりする。

まだ発売されていない2ndアルバムの曲が多めでノリ切れなかったというのもある。ネットで流していたのを聴き逃していたという痛恨もある。

今年4回目なんだけど、どちらか言うと小さめの会場のほうがいいかな、と思ったり。贅沢になっているというのもあるんだろうけど。そういうわけで、次は宇都宮に行く予定。



avex、MAX松浦辞任騒動は幕引きか

それにしても、プレリリースこれにより、現在報道されているアーティスト移籍の懸念等は解消されます。という文章は馬鹿丸出し。株価が下がって余程慌てたんだろうね。なお、千葉氏の利益相反取引は解消の目処が立ちました。というのもなんだかなぁ。どう解消したんだか。結局、依田社長が松浦、千葉両氏に戻ってきてくれと頭を下げたのだろうか。


韓流を聴く

韓流が流行っているということで、久しぶりに李博士の『李博士のポンチャック大百科』を聴いた。

やっぱりヨン様よりパク様だよねー。「DA.YO.NE」は原曲を全くとどめていない。


これ聴けねーんだよ

何樫さんと一緒にCDショップに行ったんだけど、CCCDを見て一言「これ聴けねーんだよ」。思わず苦笑。おそらく、何樫さんはパソコンで音楽を聴いているので、CCCDだと聴けないのでしょう。聴いたことがないので、というか買ったことがないのでよくわからないけど。それを機に、あれもCCCDこれもCCCD談義を店の中でした。もちろん、ちゃんとCDも買ったよ。


ZAZEN BOYSのライブスケジュールが決定

http://www.mukaishutoku.com/live/live_zazen.htmlいっぱいやるなー。帯広は吉野寿を意識しているのだろうか。とりあえず、この時期は最長が優先なので、休日でもなかなか行けないかもしれない。さすがに最長→ライブの流れはない。バス→ライブの流れはあり。野音でビール飲みながらというのもよさげ。あとは遅い時期に行くか。

あと、ZAZEN BOYSが「真夜中の弥次さん喜多さん」に出るらしい。なんか相撲をとったらしい。ZEPP TOKYOの相撲がどーたらこーたらはこれのフリだったのか。しかし、ジャニーズの人と向井が相撲をとるって、すごいね。


ZAZEN BOYSライブ at.Zepp Tokyo

Zepp Tokyoで行われたZAZEN BOYSのライブに行って着た。仕事を切り上げお台場に向かう。大崎からのりんかい線はまことに空いている。いつもあちらに乗りたい、と思いながらも混んでいるほうに乗るわけだが、今日は空いているほうに乗った。大崎から11分で東京テレポートに到着。

Zepp Tokyoには18時50分頃到着。途中にTOYOTAのなにかがあって、建物の中に車が走っていた。整理番号順に中に入っているようで、既に私の番号は中に入れる番号だったので、スムーズに入れた。入る時にカメラチェックなるものを行った。

「カメラありますか」

「ありません」

それだけかよ。いや、鞄の中を調べられている人もいたけど、私の鞄は物を入れる場所が多いので、ちゃんと調べようとすると時間がかかる。確かにカメラは持っていなかったが、今時の携帯電話にはカメラくらいついているし、かといって携帯電話狩りをするわけにもいかないし。

奥のほうにあるコインロッカーが300円だったのでそこにいれる。小さめ。普通のサイズは500円。アルコールでも摂取しようかと思ったのだが、やめておいた。音楽番組「FACTORY」からの花がおいてあった。

今日は後ろのほうでまったり見ていようと思ったのだが、なぜか前のほうで待機してしまっていた。ライブが始まると前のほうが空くのでさらに前へ。

このライブハウスは2階もあって、そこは全部椅子席のよう。この席ではお行儀よく見ていた様子。とにかく広い。そこがうまった。

前のほうにはいたが端のほうだったのでわりとおとなしめ。ライブを見るという点では端のほうがいい。最後のほうで真ん中のほうにいって、周りはだいぶのっていたけど、よく前が見えないし、人とぶつかるし、なんか酒と汗のにおいはするし。

長野と曲目はだいたい同じだったか。アンコールは違ったけど。向井がわりとアクションをしていた。

アンコールが終わって、前のほうでもけっこう帰っている人がいて、東京は淡泊だ、と思った。いや、前の二公演は帰る人なんてほとんどいなかったし。マナーがなっていないやつもいたしな。ぶっちゃけ、最後は物足りなさがあったので、もう一曲やるかと思ったのだが。最後にアヒトが出てきて終わった。

帰りは新木場まわりで帰ろうかと思ったのだが、ちょうど川越行きの電車がくるところで、空いていたのでそれに乗った。


NANANINE『Fake Book』購入

これはもう理屈抜きで好きな音楽。最も好みが「No code」。イントロでやられた。他には「’79ERS」「spotlight kids」「PEACES」「Greateful Color」「what’s scrap」「split my side」が好みだけど、どの曲もいいと思う。


ZAZEN BOYSライブ at.長野CLUB JUNK BOX

5日は長野県のトーミ市に数時間滞在した後、長野で行われたZAZEN BOYSのライブに行ってきた。ホテルに荷物を置いて、会場へ直行。たまたまだけど、ホテルから会場まで近かった。

againという商業ビルの7階に長野CLUB JUNK BOXはある。フロアの一部がライブハウスになっている。私は必要はなかったが、荷物預かり料は300円だった。

ここはワンドリンク必須なので、入り口でそのための300円を払う。最初に飲み物をもらったのだが、実はライブが終わった後に飲み物がスムーズに受け取れるように準備されていた。ライブが終わったあとは喉がかわくので、後でもらったほうがよかった。代わりというわけではないが、ホテルで北海道で買ったワインを飲んだ。

15分くらい前に行ったのだが、これはやばいというくらいに会場に余裕があった。ただ、時間になったらそれなりに埋まった。この前の金沢のときみたく危険なほどではない。

1曲目「自問自答」には驚いた。少しもったいないとも思った。真ん中くらいの場所にいたのだが、まわりの客がけっこうおとなしくて、私もおとなしくしていた。汗もかかない。最初の方は冷房がだいぶきいていて、途中で冷房が弱くなったか止まったかしたと思う。「SASU YOU」で前のほうの空間が空いたので、私も前に突入。結局、以後はだいぶ前のほうでライブを見ることができた。汗もだらだら。

トリが「半透明少女関係」。アンコールが「COLD SUMMER」。「KIMOCHI」がよかったね。

総括すると客は金沢のときに比べると総じておとなしめ。自分は前のほうで見られたので満足、といったところか。しかし、二曲連続で動くと右の肩の下のあたりが痛くなってかなわない。もう若くないんで。今も筋肉痛だし。

来週の金曜日は東京です。今回買ったTシャツでも着ていこうかと。


宇多田ヒカル『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』購入

「宇多田引きこもり」で検索してもあんまりひっかからなかった。

それはさておき、さすがに売れているこのアルバム。私も買ってみた。宇多田ヒカルをカテゴライズすると、やっぱり歌謡曲だね。歌謡曲ならえすてーぶい。まさに現在売れている代表的な歌謡曲。みんなが口ずさんだり、カラオケで歌ったりする曲。

前から「First Love」はいい曲だと思っていたんですが、「Wait&See~リスク~」もいいね。