音楽一覧

YATSUI FESTIVAL! 2018  1日目

今年も行ったやついフェスティバル。なんと今年は2日参加である。渋谷に着いたのが12時頃で、リストバンド交換所に着いたのは12時10分頃か。待つことも想定したが、スムーズに交換できた。しかもまだどの会場も開いていない。早く着きすぎた感。20時30分頃に帰ったので、途中休憩などもしたが、8時間くらいはいたことになる。
フルで観たのは以下の5組。

mol-74

京都のバンド。繊細なイメージを持っていたのだが、思った以上にエモーショナルであった。曲によっては弓でギターを弾いたり、ツインボールかだったり、メインヴォーカルもキーボードだったり、ギターだったりで、なかなか多表情なプレイであった。まだ時間が早かったので、それほど客数は多くなかった。時間帯に遅めのほうがよかったように思うが、本人たちのスケジュールの都合で、すぐに京都に戻らなければならなかった様子。MCで言うにはコウメ太夫が見たかったが見られなくて「チクショー」とのこと。

集団行動

去年のやついフェス以来。去年はかなり初々しい印象だったヴォーカル齋藤里菜だが、さすがに一年経ってフロントマンとして成長していた。ヴィジュアルが良いという他に、バレーボールをやっていたということで背もわりと高くステージ映えする。「鳴り止まない」で存分に弾けてからのしっとりとした「モンド」「オシャカ」という構成はなかなかよかった。サポートベースのミッチーが最後に客席に水が入ったペットボトルを投げて、前の人が受け取ったんだけど、要らなかったみたいでフロアに置いていったので自分が貰った。

Lucie,Too

宇都宮発の女性スリーピースバンド。まだ20歳くらいということで、若々しさというか初々しさがあるが、なかなか堂々としてプレイであった。楽器も弾けない自分が言うのもなんだが、ドラムスはけっこううまいと思った。他のパートも全国規模のバンドが揃っているフェスに出ても恥ずかしくはないレベルである。客もライブ終わりに良かったと言っている人が多かった。これからもっと成長していくのであろう。

toddle

去年も出演しているが、日付が違って見られなかったので、2年ぶりということになる。安定した演奏に、ふわっとしたMC。江崎典利のダンサブルなベースプレイ、(toddle出演のライブが来週の金曜日にあり、金曜日はみんな仕事であろうが)「仕事、やめちゃえ」、最後の謎パフォーマンス、といろいろ持っていった感がある。女性ツインボーカルというのはそういえば珍しいかもしれない。

Have a Nice Day!

当初は中村一義を観ようかと思っていたのだが、duo Music EXCHANGEの時間がおしていて、始まる時間が遅くなるのが必至だったので、同時間帯にやっていたハバナイを観ることにした。こちらは定刻に始まった。去年の11月クラブチッタでのイベントで観て以来だが、このときはトップバッターで真っ昼間で客が少なく、その分客側の勢いも弱かったのだが、今日はかなりフロアも激しかった。上半身裸になってダイブしている人がいた。そして客をけなしつつも、客が伸ばした手に手を伸ばしていく浅見北斗。モッシュも自分がもう少し若ければ参加したいところだったが、もう40代だし、埼玉まで帰らないといけないしで、端のほうで体を揺らすに留めた。

その他

他に観たのは梅棒というダンスパフォーマンスと、お笑いいくつか。ナイツはわざわざ見にいったが、さすがにおもしろかった。その後の立川吉笑もマクラが音楽フェスにあわせた話でかつおもしろかったし、落語もなかなかだった。新宿カウボーイは4年ぶりに観た。そんなに昔ではなかったな。mol-74が観たかったコウメ太夫も観てみる。世界観が独特すぎて、三周くらいまわっていたり、実は一周もまわっていなかったり。嫌いではない。


凛として時雨ライブ at 東京国際フォーラムホールA

今日は凛として時雨のライブに行ってきた。凛として時雨のライブは5年前の日本武道館でのライブ以来である。もうあれから5年経ったのか。
東京国際フォーラムは初めてだったが、まあ、立派なホールである。こんな立派なホールは初めてだ。世界で有数の規模となる屋内コンサートホールという。広々としたホールだなと思ったが、それでも終演後は階段で渋滞し、トイレも大行列であった。座席は5000席超という。当日券が出たのではソールドアウトはしなかったようだが、だいたいの席は埋まっていたのではないかと思う。自分の席は2階席の後ろから数えたほうが早いくらいの場所で、さすがに顔は見えなかったが、手や体の動きは見えた。あと、ステージの真ん中くらいの位置であった。まわりが立ったら立とうかと思ったが、それほど立たず、座っていても見えたので、基本は座って観ていた。
19:15開演だが、19:25くらいに始まって、20:55くらいに終わった。アンコールがないのは時雨のお決まり。16曲演って、その合間にピエール中野のMC&ドラムソロ(やたらと手数の多い<国民的アンセム>「どんぐりころころ」を初めて聴けた)、345の物販紹介が入る。トリは「#5」。三者の三様な力が存分に表現されていて、トリにふさわしい楽曲であった。トリ前の「Sergio Echigo」も懐かしかった。あと、照明もよかった。


やついフェスの予習

来週はやついフェスに行くのだが、その前に会場となっているライブハウスのキャパなどの情報をまとめてみた。

  • TSUTAYA O-EAST 2,3F 1300
  • TSUTAYA O-WEST 1,3F 600
  • TSUTAYA O-nest 5,6F 250
  • TSUTAYA O-Crest 5F 200
  • duo MUSIC EXCHANGE 1F 1100
  • 7th FLOOR 7F 100
  • clubasia 1F 300
  • VUENOS 1F 250
  • GLAD 2,3F 300
  • SOUND MUSEUM VISION B1F 500
  • HARLEM PLUS 2F 800
  • LOFT9 Shibuya 1F 180

O-EAST、O-Crest、duo MUSIC EXCHANGEが同じ建物で、O-WEST、O-nest、7th FLOORが同じ建物である。SOUND MUSEUM VISIONは他と場所が少し離れている。


大森靖子ライブ at LIQUIDROOM

今日は恵比寿のLIQUIDROOMに大森靖子のライブを見にいった。
大森靖子のライブを見るのは今年で3回目になるが、過去2回はいずれも弾き語りで、ライブ編成は去年夏のZepp ダイバーシティ東京以来である。このチケットは1月の中野サンプラザの弾き語りライブのときに買った。整理券番号A10というかなりいい番号だったのだが、仕事が終わってから行ったので意味なしである。
恵比寿に着いたのは18:30頃、本当は駅のコインロッカーに荷物を預けたかったのだが、焦っていたこともあってか、コインロッカーが見つからず、ライブハウス内のコインロッカーに預けることになる。2階にもコインロッカーがあるはずであるが、既に入場できる状態であったので、1階まで行って入場してしまい、ライブスペース近くにあるコインロッカーに荷物を預けた。300円。まだ空きはあった。これもばつが悪いことに、100円玉がなかったのだが、ドリンクを引き替えるところで500円玉を100円玉に両替してもらうことができた。
平日ではあるが、キャパ900ということで、わりと早い段階でソールドアウト。後ろのほうで見ようかな、と始まる前は思っていても、結局はわりと前のほうで見てしまう。19時5分過ぎに始まって、20時20分頃一旦終わり、アンコールからのMCが20分ほとで、最後にアンコール1曲で21時前くらいに終わり、という構成だった。セットリストはやはりバンド構成映えするような楽曲が多かったように思う。全部で15曲だったので若干の物足りなさもあったが、そこはSee you next stageということだろう。


dailyTmusic 2018年5月分

http://dailytmusic.tumblr.com/
Tumblrサイト、dailyTmusicの2018年5月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2018-05-01 tue / 空野青空「LEVEL4」
  • 2018-05-02 wed / 小袋成彬「Selfish」
  • 2018-05-03 thu / キュウソネコカミ「越えていけ」
  • 2018-05-04 fri / フジファブリック「電光石火」
  • 2018-05-05 sat / ゲスの極み乙女。「戦ってしまうよ」
  • 2018-05-06 sun / 比花知春「La La Life」
  • 2018-05-07 mon / Ivy to Fraudulent Game「革命」
  • 2018-05-08 tue / Pinokko「Trend」
  • 2018-05-09 wed / あっこゴリラ「余裕」
  • 2018-05-10 thu / UVERworld「PLOT」
  • 2018-05-11 fri / DYGL「Bad Kicks」
  • 2018-05-12 sat / ポルカドットスティングレイ「ICHIDAIJI」
  • 2018-05-13 sun / MINT mate box「メイクキュート」
  • 2018-05-14 mon / BAND-MAID「DOMINATION」
  • 2018-05-15 tue / バンドじゃないもん!「BORN TO BE IDOL」
  • 2018-05-16 wed / showmore「circus」
  • 2018-05-17 thu / ヨルシカ「準透明少年」
  • 2018-05-18 fri / エレファントカシマシ「風と共に」
  • 2018-05-19 sat / ヤバイTシャツ屋さん 「鬼POP激キャッチー最強ハイパーウルトラミュージック」
  • 2018-05-20 sun / 千眼美子「眠れぬ夜を超えて」
  • 2018-05-21 mon / TENDOUJI「Kids in the dark」
  • 2018-05-22 tue / sora tob sakana「Lightpool」
  • 2018-05-23 wed / むぎ(猫)「るすばん天国」
  • 2018-05-24 thu / 清水翔太「Friday」
  • 2018-05-25 fri / オワリカラ「ベルトコンベアー」
  • 2018-05-26 sat / 大森靖子「東京と今日」
  • 2018-05-27 sun / No Buses「Tic」
  • 2018-05-28 mon / Lucie,Too「Lucky」
  • 2018-05-29 tue / PassCode「Ray」
  • 2018-05-30 wed / 左右「カンバセイション」
  • 2018-05-31 thu / 横山だいすけ「笑顔をあつめて」

今月も続きます。


dailyTmusic 2018年4月分

http://dailytmusic.tumblr.com/

Tumblrサイト、dailyTmusicの2018年4月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2018-04-01 sun / ゆるふわリムーブ「スカーレット」
  • 2018-04-02 mon / The fin.「Shedding」
  • 2018-04-03 tue / でんぱ組.inc「おやすみポラリスさよならパラレルワールド」
  • 2018-04-04 wed / NakamuraEmi「かかってこいよ」
  • 2018-04-05 thu / Sonar Pocket「108~永遠~」
  • 2018-04-06 fri / a flood of circle「Blood & Bones」
  • 2018-04-07 sat / 春ねむり「ゆめをみよう」
  • 2018-04-08 sun / ふゆのどうぶつえん「Air」
  • 2018-04-09 mon / 密会と耳鳴り「君にハレーション」
  • 2018-04-10 tue / 26時のマスカレイド「ハートサングラス」
  • 2018-04-11 wed / DAOKO「同じ夜」
  • 2018-04-12 thu / BRADIO「きらめきDancin’」
  • 2018-04-13 fri / アーバンギャルド「あたしフィクション」
  • 2018-04-14 sat / 凛として時雨「Chocolate Passion」
  • 2018-04-15 sun / 踊ってばかりの国「メロディ」
  • 2018-04-16 mon / 2「GO 2 THE NEW WORLD」
  • 2018-04-17 tue / ヤなことそっとミュート「HOLY GRAiL」
  • 2018-04-18 wed / 石崎ひゅーい「ピリオド」
  • 2018-04-19 thu / GReeeeN「恋」
  • 2018-04-20 fri / バックドロップシンデレラ「サンタマリアに乗って」
  • 2018-04-21 sat / サカナクション「目が明く藍色」
  • 2018-04-22 sun / 前野健太「嵐~星での暮らし~」
  • 2018-04-23 mon / Suchmos「808」
  • 2018-04-24 tue / 寺嶋由芙「きみが散る」
  • 2018-04-25 wed / あいみょん「満月の夜なら」
  • 2018-04-26 thu / MAN WITH A MISSION「Take Me Under」
  • 2018-04-27 fri / SHISHAMO「水色の日々」
  • 2018-04-28 sat / Have a Nice Day!「フォーエバーヤング」
  • 2018-04-29 sun / 喃語「母子ともに健康」
  • 2018-04-30 mon / indigo la End「ハルの言う通り」

今月も続きます。


dailyTmusic 2018年3月分

http://dailytmusic.tumblr.com/

Tumblrサイト、dailyTmusicの2018年3月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2018-03-01 thu / くるり「その線は水平線」
  • 2018-03-02 fri / フレンズ「原宿午後6時」
  • 2018-03-03 sat / 川本真琴「ホラーすぎる彼女です」
  • 2018-03-04 sun / FOMARE「Lani」
  • 2018-03-05 mon / Dizzy Sunfist「Into The Future」
  • 2018-03-06 tue / BiS「WHOLE LOTTA LOVE」
  • 2018-03-07 wed / Rei「New Days」
  • 2018-03-08 thu / 星野源「ドラえもん」
  • 2018-03-09 fri / mol-74「▷ (Saisei)」
  • 2018-03-10 sat / パスピエ「(dis)communication」
  • 2018-03-11 sun / BRATS「決まりごと」
  • 2018-03-12 mon / ハルカミライ「宇宙飛行士」
  • 2018-03-13 tue / SAKA-SAMA「終わりから」
  • 2018-03-14 wed / 日食なつこ「レーテンシー」
  • 2018-03-15 thu / Nulbarich「ain’t on the map yet」
  • 2018-03-16 fri / 緑黄色社会「大人ごっこ」
  • 2018-03-17 sat / Creepy Nuts「だがそれでいい」
  • 2018-03-18 sun / Drop’s「どこかへ」
  • 2018-03-19 mon / 雨のパレード「Reason of Black Color」
  • 2018-03-20 tue / ベッド・イン「シティガールは忙しい」
  • 2018-03-21 wed / 阿部真央「immorality」
  • 2018-03-22 thu / 04 Limited Sazabys「My HERO」
  • 2018-03-23 fri / 夜の本気ダンス「Call out」
  • 2018-03-24 sat / フレデリック「TOGENKYO」
  • 2018-03-25 sun / ジェニーハイ「片目で異常に恋してる」
  • 2018-03-26 mon / FLOWER FLOWER「パワフル」
  • 2018-03-27 tue / あゆみくりかまき「残像フラッシュバック」
  • 2018-03-28 wed / 米津玄師「Lemon」
  • 2018-03-29 mon / 菅田将暉「さよならエレジー」
  • 2018-03-30 tue / MOSHIMO「圧倒的少女漫画ストーリー」
  • 2018-03-31 wed / サニーデイ・サービス「花火」

今月も続きます。


大森靖子 / 向井秀徳アコースティック&エレクトリック ツーマンライブ at 渋谷 WWW X

今日は大森靖子と向井秀徳アコースティック&エレクトリックのツーマンライブに行った。この開催が決まってから、これは絶対に行かなければならないライブだということで、早めにチケットをおさえ、万難を排してやってきた。
仕事を終えて渋谷に直行する。既に会場が始まっていて、整理番号的に自分はすぐ入ることができたが、更に中で整理番号が呼ばれるのを待つことになった。その間にコインロッカーに荷物を預ける。コインロッカーは100個くらいあるというが、自分が行ったときにはわりと空きがあった。300円。渋谷駅の近くだと安くて400円だったりするので、お得である。ただし、小さい。大きい荷物を預けたい場合はクロークもある。こちらは500円。自分の順番が来てチケットをもぎられ、ドリンクチケットを買う。このときお目当てを聞かれた。最初、そういうのを聞かれるとは思わなかったのでwhat?という感じだったのだが、大森靖子Tシャツを着ていったので「お目当ては靖子ちゃんですか?」聞かれたので、ようやく意味が分かって、2人って答えておいた。その後、トイレに行って、ドリンクチケットをビールに引き替えて、会場に入る。キャパ500ということだが、わりと狭く感じた。また、フロアがフラットなのだが、これでダンスミュージックにも対応、とのことらしい。ただ、後ろからは見づらいと思う。自分はわりと前のほうに陣取ったが。2016年にできたということで、全体的に新しかった。
ライブは個々のパフォーマンスがいいのはもちろんだが、やはり期待せざるを得ないコラボレーション、これが最高に素晴らしかった。まずは向井秀徳が歌う「さっちゃんのセクシーカレー」(いわゆる「むっちゃんのセクシーカレー」)、そして大森靖子が歌う、向井秀徳がカバーするYUIのカバーの「CHE.R.RY」。そして、アンコールでは2人が登場。薬師丸先輩の「セーラー服と機関銃」、更に「さっちゃんのセクシーカレー」「KIMOCHI」と互いの曲で競演。至高の表現者たちによる化学反応で素晴らしい時間を体験させてもらった。


dailyTmusic 2018年2月分

http://dailytmusic.tumblr.com/

Tumblrサイト、dailyTmusicの2018年2月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2018-02-01 thu / People In The Box「かみさま」
  • 2018-02-02 fri / Awesome City Club「ASAYAKE」
  • 2018-02-03 sat / OGRE YOU ASSHOLE「夜の船」
  • 2018-02-04 sun / 台風クラブ「春は昔」
  • 2018-02-05 mon / King Gnu「Vinyl」
  • 2018-02-06 tue / Maison book girl「十六歳」
  • 2018-02-07 wed / 林青空「光」
  • 2018-02-08 thu / 上坂すみれ「POP TEAM EPIC」
  • 2018-02-09 fri / the peggies「ネバーランド」
  • 2018-02-10 sat / 打首獄門同好会「布団の中から出たくない」
  • 2018-02-11 sun / 眉村ちあき「ツクツクボウシ」
  • 2018-02-12 mon / あいくれ「グッドバイ」
  • 2018-02-13 tue / Negicco「カリプソ娘に花束を」
  • 2018-02-14 wed / 岡崎体育「式」
  • 2018-02-15 thu / BRAHMAN 「ナミノウタゲ」
  • 2018-02-16 fri / Amelie「step!」
  • 2018-02-17 sat / Czecho No Republic「Dream Beach Sunset」
  • 2018-02-18 sun / ゆるふわギャング「Hunny Hunt」
  • 2018-02-19 mon / Hump Back「星丘公園」
  • 2018-02-20 tue / READY TO KISS「成増になります」
  • 2018-02-21 wed / FINLANDS「恋の前」
  • 2018-02-22 thu / Nothing’s Carved In Stone「Mirror Ocean」
  • 2018-02-23 fri / パノラマパナマタウン「ロールプレイング」
  • 2018-02-24 sat / KANA-BOON「涙」
  • 2018-02-25 sun / SOROR「大人の恋愛 feat.大森靖子」
  • 2018-02-26 mon / Saucy Dog「いつか」
  • 2018-02-27 tue / 東京女子流「ラストロマンス」
  • 2018-02-28 wed / yonige「ワンルーム」

今月も続きます。


ヤバイTシャツ屋さんライブ at Zepp Tokyo

今日はヤバイTシャツ屋さんのライブに行ってきた。
仕事は午後休みにしたので、一旦家に帰ってからZepp Tokyoに行った。ゆりかもめまで青海駅まで行って、そこからわりとすぐである。開演15分くらい前に着いたので、普通に入れる状態だった。ワンドリンク制で、普段ならビールでも飲むところだが、体調もあまりよくなかったので、モンスターにする。それを飲んで、トイレに行ったら、もう開演間際だった。荷物を預けようかと思ったのだが、青海駅のコインロッカーは空きなしで、Zeppの中のコインロッカーも空きなしだった。たいした荷物が入っていない肩掛けのバッグと上着くらいしかないので、上着をバッグの中に入れて持っていることにした。最終的には長袖シャツを脱いで一緒に足下に置いておいた。人が多いからか、携帯電話の電波状況が悪い。
最初はKANA-BOONが登場。ヤバTとは三国ヶ丘FUZZ出身の先輩後輩の関係である。。開演の19:00直後に登場してきた。45分くらい演った。KANA-BOONの曲はあまり知らないのだが、わりと盛り上がる曲であった。
その後20分くらい転換の時間があって、ヤバTの登場である。一昨年のやついフェス以来である。その頃はまだヴィレッジヴァンガードでしかCDを売っていないくらいだったが、早や2年弱でCDを出せばチャート上位に入るくらいの人気っぷりである。とはいえ、やっていることは根本的に変わっていなくて、その変わらなさがヤバTのヤバTたる所以なのではないかと思った。
個人的には音源化もされていない「I wanna go home」や、これ作ったの天才と認めざるをえない「眠いオブザイヤー受賞」を聴けたのが嬉しかった。
年齢を聞くコーナーがあったのだが、やはり多いのは10代、20代。30代もそれに次ぐが、40代はかなり少なかった…。全員手を挙げたわけではないだろうが。50代以上の人もいた。