東京オリンピックマラソン開始時刻問題

http://www.sanspo.com/sports/news/20180701/oly18070105020001-n1.html
東京オリンピックのマラソン競技について、招致案では7:30開始となっていたが、7:00開始に前倒しするようにしたとのこと。
ただ、ここのところの暑さを鑑みるに、7:00開始でも、終わる時刻は9:30頃になり、充分暑い。競歩50Kmは6:00開始である。こちらも終わる時刻は10:00頃になるが、競歩については、同じところを行ったり来たりするコースなので、スポット的に温度を下げるような対策がとれなくもない。ただし、マラソンは東京マラソンに似た、広範囲にわたるコースなので、そういう対策がとりにくいのではないかと思う。
やはり、真夏にマラソン競技を行うことに無理を感じる。
ちなみに、マラソンは男子、女子ともに、競技が行われるのは日曜日になる。


週末日記ー真夏

すっかり暑くなった。
一昨日は野田市のほうに行ってみる。ちょっと気になっていた伊予製麺に行ってみた。関東唯一の伊予製麺が野田の七光台にある。11時オープンでオープン直後に行ったのだが、11時10分頃に客がどんどん入ってきて、ちょっとした人気店のようであった。
昨日は行田に蓮を見に行った。6時50分のバスに乗れるように行田駅に着く。こんな朝早くでもバスの乗客は10人くらいはいた。そして、古代蓮の里に行ったら、まだ7時だというのに、たくさんの車が停まっていた。蓮、人気である。蓮は午前中に咲くので、午後に来ても意味がない。とはいえ、人が多い。タワーに上って田んぼアートも見てみた。もともとゴミ処分場を作ろうとして掘り起こしたところ、蓮の種が出てきて、それで古代蓮の名所になったという。その後は行田市街、熊谷と寄って、うどん食べて帰る。


dailyTmusic 2018年6月分

http://dailytmusic.tumblr.com/
Tumblrサイト、dailyTmusicの2018年6月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2018-06-01 fri / My Hair is Bad「復讐」
  • 2018-06-02 sat / GLIM SPANKY「愚か者たち」
  • 2018-06-03 sun / chelmico「ずるいね」
  • 2018-06-04 mon / SANABAGUN.「FLASH」
  • 2018-06-05 tue / amiinA「Jubilee」
  • 2018-06-06 wed / 南波志帆「月曜9時のおままごと」
  • 2018-06-07 thu / 土岐麻子「Black Savanna」
  • 2018-06-08 fri / ナードマグネット「FREAKS & GEEKS」
  • 2018-06-09 sat / [ALEXANDROS]「KABUTO」
  • 2018-06-10 sun / みんなのこどもちゃん「亡くなる私」
  • 2018-06-11 mon / SUNNY CAR WASH「ティーンエイジブルース」
  • 2018-06-12 tue / LADYBABY「ホシノナイソラ」
  • 2018-06-13 wed / 吉澤嘉代子「ミューズ」
  • 2018-06-14 thu / DA PUMP「U.S.A.」
  • 2018-06-15 fri / 10-FEET「Fin」
  • 2018-06-16 sat / チャットモンチー「たったさっきから3000年までの話」
  • 2018-06-17 sun / ネクライトーキー「オシャレ大作戦」
  • 2018-06-18 mon / LUCKY TAPES「22」
  • 2018-06-19 tue / 上月せれな「interface」
  • 2018-06-20 wed / majiko「声」
  • 2018-06-21 thu / THE ORAL CIGARETTES「容姿端麗な嘘」
  • 2018-06-22 fri / the band apart「ZION TOWN」
  • 2018-06-23 sat / ニガミ17才「ただし、BGM」
  • 2018-06-24 sun / セツナブルースター「涙の成分について」
  • 2018-06-25 mon / 175R「夏のマボロシ」
  • 2018-06-26 tue / Q-pitch「しゃらら」
  • 2018-06-27 wed / DOTAMA「音楽ワルキューレ3」
  • 2018-06-28 thu / 加藤ミリヤ「I HATE YOU」
  • 2018-06-29 fri / 水曜日のカンパネラ「かぐや姫」
  • 2018-06-30 sat / RAM RIDER「ラジオボーイ」

dailyTMusic、2年続いて3年目突入です。これからも続きます。


ICカードに1000円だけチャージする人

この前、コンビニの店員がICカードに1000円しかチャージしない人を訝しく思う、というような記事が挙がっていた。私としては、子供や若者であればともかく、いい年をした大人が1000円しかチャージしないのはどうかと思っている。チャージの手間って、けっこうかかると思っているので、どちらかといえばチャージの回数を減らしたほうがいいだろう。手間を減らすためにICカードを使っているのにチャージに手間をかえるのは本末転倒である。落としたときのリスクがある、という意見もあるが、現金で持っていたって落とすことはある。落とすリスクはそんなに変わらないと思う。ICカードを使い分けているので少額チャージになるという意見もあった。私はICカードを使い分けできるほどスペックが高くないので、ああそうですか、としか言いようがないのだが、そういう意見もあるということで。
かくいう私は、クレジットカードからのオートチャージで、チャージ残高が10000円以下になったら、10000円をチャージする設定にしてある。10000円を超える買い物をICカードですることはほぼないので、これでだいたい対応できる。現金でチャージすることもあるが、これは専ら両替したいときである。駅のチャージができる端末を使う。店員や係員を相手にチャージしたことはないかな。


丸亀製麺の飲み放題

今日は丸亀製麺で飲み放題をしてきた。
丸亀製麺で飲み放題をしている店はそれほど多くないらしい。どの店でやっているかはネットで検索すればでてくると思う。自分は大崎のThinkPark店に行った。30分飲み放題と天ぷら・総菜二品とメインディッシュで1200円〜1400円となっている。メインディッシュによって価格が変わってくる。
初めてなので説明してもらった。ビール、レモンサワー、ハイボール、焼酎が飲み放題。焼酎は一杯までにして下さい、と言っていたような気がする。自分はビールばかりを4杯飲んだ。30分時間を延長する場合は600円である。前に座っていた2人組が延長していたが、ストイックに飲むわけではなく、おしゃべりメインとなっていたので、果たして延長料金の元がとれるのか…とは思った。ちなみにアルコールメニューを普通に頼むと290円である。今日はとにかく飲みたい、というわけではなければ、別に飲み放題ではなく、普通に頼んだほうがいいかな、とは思った。


急に富山の旅 2日目

今日はまず地鉄に乗って富山から宇奈月まで移動する。各駅列車で延々と行く。乗客は多くなかった。宇奈月からは黒部峡谷鉄道に乗る。朝一の便ということで、一車両に数人程度の客で、それほど乗客はおらず。黒部峡谷鉄道は8年前に欅平まで乗っている。今日は鐘釣まで行くことにした。
鐘釣で降りた人はあまりいなかった。仕事用っぽい人が多かったとに思う。河原のほうまで行ってみる。河原には温泉が湧いている。さすがにそこに入浴するのは無理っぽいが、岩風呂と呼ばれる場所があって、そこには入れそうで、誰も人がおらず、来なさそうであったので、近くにあった脱衣場で服を脱いで入ってみることにした。お湯は適温であった。
帰りの列車は鐘釣の時点では、欅平から乗っていた2人と、鐘釣から乗った2人の計4人だけだった。鐘釣で交換した欅平行きは、団体客などで満員状態であった。道中、いくつの列車とすれ違ったが、ムラはあったが、けっこう客が乗っている列車が多かった。やはり朝早く行ったほうがいい。普通の時間でゆったりしたいのであれば、リラックス車両に乗るという手もあるが。黒薙で乗る人が十人くらいいたが、それでも余裕すぎるくらい余裕であった。
宇奈月で昼ごはんを食べて、軽く散策して、後は帰るだけである。帰りの地鉄は観光客などわりと乗客いた。黒部宇奈月温泉駅から新幹線で帰る。新幹線はそれなりに混んでいた。


急に富山の旅 1日目

旅に出る予定はなかったのだが、なんか暇だったので、一泊二日で富山に行くことにした。
新幹線に乗る。本当は長野で降りて、立山黒部アルペンルートを通って行こうかとも思っていたのだが、新幹線の時間を間違えてしまったので、富山まで行ってしまうことにする。そういうことで自由席に乗ったが、端の1号車ということで、普通に座れた。東京、上野から乗っていた普通に二席陣取りおじさんがけっこういた。
ずっと富山市内をうろうろ。昼間は総曲輪あたりで寿司を食べる。店も空いていたが、街自体もそれほど人が多くないように思った。時間帯が違うが、夕方行った富山駅隣のマルシェは混んでいた。夕飯は富山ブラックラーメンを食べた。
富山はコンパクトシティみたいなことを言っているが、普通に郊外のロードサイドの店に車で行く、みたいなところはあまり他と変わらないな、と思った。
市内の電車にも乗ってみた。富山駅に乗り入れるのは便利だが、大学前方面から西町方面に直通しようとすると時間がかかるというデメリットもある。富山ライトレールは行きの電車は蓮町で降りる人が多かった。帰りは競輪の客が多かった。15分に1本というのは本数が少ないように思うが、ほぼ単線だし増便は難しいのだろう。


YATSUI FESTIVAL! 2018  2日目

今日も行きましたやついフェス。今日は13時半頃着いて、昨日と同じ20時半頃までいた。
フルで観たのは以下の5組。

サニーデイ・サービス

いちばん大きいO-EASTでやって、かなり前の方で観られた。もう20年選手で、ベテランという域に達しているが、古い曲をやっても、古さを全然感じずに、今のキャリアにはまった感じでいいものだな、などと聴いていたのだが、「セツナ」では荒ぶった演奏で圧倒し、その後でトリの「サマー・ソルジャー」という構成にやられてしまった。この2曲を聴いただけでも今日は来た甲斐があったと思った。MCはなくストレートなプレイであった。

RAM RIDER

RAM RIDERはCDも持っているのだが、HARLEMというクラブ然としたハコでDJプレイを観るということ自体初めてである。ビールを飲みつつわりと後ろの方でリラックスして観ていた。基本的に歌も音源が流れているのだが、たまに本人が歌っていた。曲の合間というのがないので、ノンストップリミックスを聴いている風である。前のほうの客はけっこうノリノリであったが、客層はわりとロックフェスの客と差はなかった。

MONO NO AWARE

4人組のバンド。ちょっと懐古調な部分もある不思議な音楽で、一筋縄ではいかない感じ。他のバンドとの差別化は図れているのだろうが、どこまでマスに広がるのか、広げることを目指しているのか、とは思った。O-WESTで演ったが、それなりには埋まっていた。

春ねむり

今日は先日行われたワンマンで買った春ねむりTシャツを着ていたくらいには目当てにしていた春ねむり。一段高い場所の先頭に陣取れたので、かなり見やすかった。やはりパフォーマンスは圧巻。声でのパフォーマンスレベルという点ではかなりの高さと評価していいと思う。三つ編みで地味めなビジュアルとのギャップも、初見の人はまた驚くかもしれない。今日は春ねむりが楽曲提供しているアイドル東京女子流がゲストで登場。東京女子流は同日の別の時間に出演しているのでこれはまあ自然なことだろう。東京女子流のメンバーに入れるというように言われて手で×を作る春ねむりの表情もなかなか見所だった。「ロックンロールは死なない」と更に「せかいをとりかえしておくれ」という客が参加できるアンセムでの盛り上がりもよかった。

ニガミ17才

clubasiaはキャパ300のハコなのだが、入場制限がかかったらしい。最初4人がお立ち台に立って登場。その後、4人が定位置で演奏したり、リズム隊が演奏している中、フロントマン2人がフリーダムに動いたりと、かなり楽しいステージであった。テクニカルとフリーダムががっちりはまっているという印象。そしていろいろな武器があって、それが客を飽きさせない。最後なのでこちらも弾け気味でいった。

その他

水中、それは苦しいはほとんど最後まで観たのだが、ニガミ17才のために離脱。去年も観たが、やっている曲は去年とほぼ一緒だと思う。ただ、今年は広いO-EASTのサブステージということで、オーディエンスの量が多い分の盛り上がりというのはあったかな。あと、お笑いは、浅井企画のイワイガワ→流れ星→どぶろっくの流れだけ観た。3組ともけっこうウケていて、自分もけっこうおもしろいと思ったが、特に流れ星はまわりにいる人が大丈夫かなというくらいゲラゲラ笑っていた。
ちょっとだけ観たのは水前寺清子と打首獄門同好会。水前寺清子は365歩のマーチを歌っていた。打首はまた独特な盛り上がりであった。
今年も楽しめたやついフェスだが、おそらく動員は落ちているのだと思う。昨日は川崎でもわりと大きめな音楽イベントがあったりして、フェス乱立の時代においては、その運営もなかなか厳しいのだろうが、個人的には現状維持で続けてほしいものである。


YATSUI FESTIVAL! 2018  1日目

今年も行ったやついフェスティバル。なんと今年は2日参加である。渋谷に着いたのが12時頃で、リストバンド交換所に着いたのは12時10分頃か。待つことも想定したが、スムーズに交換できた。しかもまだどの会場も開いていない。早く着きすぎた感。20時30分頃に帰ったので、途中休憩などもしたが、8時間くらいはいたことになる。
フルで観たのは以下の5組。

mol-74

京都のバンド。繊細なイメージを持っていたのだが、思った以上にエモーショナルであった。曲によっては弓でギターを弾いたり、ツインボールかだったり、メインヴォーカルもキーボードだったり、ギターだったりで、なかなか多表情なプレイであった。まだ時間が早かったので、それほど客数は多くなかった。時間帯に遅めのほうがよかったように思うが、本人たちのスケジュールの都合で、すぐに京都に戻らなければならなかった様子。MCで言うにはコウメ太夫が見たかったが見られなくて「チクショー」とのこと。

集団行動

去年のやついフェス以来。去年はかなり初々しい印象だったヴォーカル齋藤里菜だが、さすがに一年経ってフロントマンとして成長していた。ヴィジュアルが良いという他に、バレーボールをやっていたということで背もわりと高くステージ映えする。「鳴り止まない」で存分に弾けてからのしっとりとした「モンド」「オシャカ」という構成はなかなかよかった。サポートベースのミッチーが最後に客席に水が入ったペットボトルを投げて、前の人が受け取ったんだけど、要らなかったみたいでフロアに置いていったので自分が貰った。

Lucie,Too

宇都宮発の女性スリーピースバンド。まだ20歳くらいということで、若々しさというか初々しさがあるが、なかなか堂々としてプレイであった。楽器も弾けない自分が言うのもなんだが、ドラムスはけっこううまいと思った。他のパートも全国規模のバンドが揃っているフェスに出ても恥ずかしくはないレベルである。客もライブ終わりに良かったと言っている人が多かった。これからもっと成長していくのであろう。

toddle

去年も出演しているが、日付が違って見られなかったので、2年ぶりということになる。安定した演奏に、ふわっとしたMC。江崎典利のダンサブルなベースプレイ、(toddle出演のライブが来週の金曜日にあり、金曜日はみんな仕事であろうが)「仕事、やめちゃえ」、最後の謎パフォーマンス、といろいろ持っていった感がある。女性ツインボーカルというのはそういえば珍しいかもしれない。

Have a Nice Day!

当初は中村一義を観ようかと思っていたのだが、duo Music EXCHANGEの時間がおしていて、始まる時間が遅くなるのが必至だったので、同時間帯にやっていたハバナイを観ることにした。こちらは定刻に始まった。去年の11月クラブチッタでのイベントで観て以来だが、このときはトップバッターで真っ昼間で客が少なく、その分客側の勢いも弱かったのだが、今日はかなりフロアも激しかった。上半身裸になってダイブしている人がいた。そして客をけなしつつも、客が伸ばした手に手を伸ばしていく浅見北斗。モッシュも自分がもう少し若ければ参加したいところだったが、もう40代だし、埼玉まで帰らないといけないしで、端のほうで体を揺らすに留めた。

その他

他に観たのは梅棒というダンスパフォーマンスと、お笑いいくつか。ナイツはわざわざ見にいったが、さすがにおもしろかった。その後の立川吉笑もマクラが音楽フェスにあわせた話でかつおもしろかったし、落語もなかなかだった。新宿カウボーイは4年ぶりに観た。そんなに昔ではなかったな。mol-74が観たかったコウメ太夫も観てみる。世界観が独特すぎて、三周くらいまわっていたり、実は一周もまわっていなかったり。嫌いではない。


コカコーラアプリ

職場のビルにあるコカコーラの自動販売機がCoke ONというコカコーラのアプリに対応していたので、そのアプリをインストールして使うことにした。自動販売機で飲料を買うとスタンプが1つもらえる。ボーナススタンプや、歩数によりもらえるスタンプもある。15個貯まるとお好きな製品が1本無料になる。スタンプも買う製品によって貰えるスタンプが違ったりするのだが、職場の自動販売機だと全部そのスタンプが揃わないのだ。そうなると、別のコカコーラの自動販売機で買って未出のスタンプを出したくなる。まさにコカコーラの思う壺だ。近くには他の自動販売機もあるのだが、できればコカコーラの自動販売機で買いたくなる。まさにコカコーラの思う壺だ。今の時期は1本買うとワールドカップの予想ができて、的中すると限定スタンプがもらえる。予想をするためにコカコーラの自動販売機で買いたくなる。まさにコカコーラの思う壺だ。
結論を言うとコカコーラの思う壺なのだが、こういうサービスは先に始めたもの勝ちというように思う。