情報技術一覧

ファーストサーバのデータ消失問題

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2600L_W2A620C1000000/

レンタルサーバー会社のファーストサーバが、先月20日に、提供していたレンタルサーバーに格納してあるデータを消失させてしまうという事件が起きた。バックアップデータも消失してしまって、データが復旧できないという状況にある。

レンタルサーバーのデータといっても、単にウェブサイトのコンテンツデータだけではなく、メールデータや、グループウェアで管理していたデータなど多様多種にわたる。それらが根こそぎ消失したとなると、影響はそれぞれだが、少ない影響では済まされないケースも多々発生しているようだ。

なぜ、大規模のデータを消失させてしまったのか、ファーストサーバの説明によると、

1)脆弱性対策のための更新プログラムの不具合
・ファイル削除処理の停止命令の記述漏れ
・メンテナンス対象サーバーの指定漏れ→全サーバーが対象に
2)メンテナンス時の検証手順
メンテナンス対象のサーバーのみを検証対象にしていたので、他のサーバーが対象になっていることを検知できず
3)バックアップ仕様
脆弱性対象の更新プログラムは対象サーバー群とそのサーバー群のバックアップ領域に行っていた→バックアップデータをリストアしたとき更新プログラムの適用が元に戻るのを防ぐため

加えて、ファーストサーバのレンタルサーバーでは、実際に使われている「本番系」、本番系に不具合が生じた場合即座に切り替えて正常運用するための「待機系」、本番系のデータを一日一回丸ごとコピーしておく「バックアップ系」が同じサーバー内に格納されており、その三つの系のデータを全部を削除してしまっていた。通常、バックアップデータは外部装置に格納しておくものだろう、という指摘に対してファーストサーバ側は、前述のリンクの記事で「おっしゃっているような一般的なバックアップというのは、我々のような低価格の料金で提供するのは難しい。サーバー内の別のディスクでとることを、我々はバックアップと考えています」と説明している。

加えて、復旧作業の過程において情報漏洩が発生したことも判明した。最大で2308ユーザーのデータが他ユーザーのデータに混在してしまったという。

私はサーバーホスティングについては素人ではあるが、一応IT技術者として思うに、上記3)のバックアップ仕様で、バックアップデータに対しても更新プログラムを適用していた、というのがどうもおかしいのではないかと思う。バックアップデータというのは、そのときのそのままを取っておくのが筋で、それをリストアしたときに再度更新プログラムを適用する、という運用にすべきだったのではないだろうか。もしくは、更新プログラムを適用していないバックアップデータと、更新プログラムを適用したバックアップデータの二つを管理しておく、など。全体的に感じるのは、データをいい加減に扱っていたっぽいな、感だ。

で、結局「安いからこんなもんだ」と開き直られている感もあるのだが、値段から至れり尽くせりのサービスをしなさそうなのは確かであり、そういう場合には、重要なデータは利用者側がローカルでバックアップをとる、というようなことはどうしても必要なのだと思う。

ただ、こういうケースでの情報漏洩に関しては利用者側ではどうしても対処できない。詳細はよくわからないのだが、ファーストサーバ側が顧客側にきちんと説明して、充分な対応をすべきであろう。


キーボードを買った

メインのパソコンにつないでいたキーボードの一部キーが認識しなくなったので、新しいキーボードを買った。このキーボードも思い出せないくらい使っていたので、そろそろ潮時といったところか。買ったのは、ダイヤテックの「FKBN108M/JB2」というやつ。12800円。よくよく考えたらけっこうなお値段であるが、20000円くらいする東プレのキーボードを傍目で見て、それよりは安いよなと思って買ってしまった。私はわりとカチカチするキーボードが好きなので、そういう打鍵感だ。


携帯電話の電池

私は2009年9月からG’zOne CA002という携帯電話を使っている。月315円払って「安心ケータイサポート」なるサービスに入っており、このサービスに入っていると、1年以上使っている場合、電池パックがプレゼントされる。そういうわけで、一回プレゼントされて電池を交換した。

ところで、最近携帯電話の電池がすぐに切れてしまう。GPS機能をガンガン使っているということもあるが、朝から使って午前中で電池が無くなる、ということもあり得る。もう堪忍袋の緒が切れた。そういえば、「安心ケータイサポート」に入っていれば電池がもらえるはずではないか、もう交換してから1年経ったのにもらっていない、ということで、auショップに相談しにいった。そうすると、1年もらったら、次はもう2年経たないともらえないとのこと。前述のリンク先にも確かにそう書いてある。が、そこまで見ていなかった。とにかく新しい電池が欲しかったので別途入手できないか聞いてみると、溜まっているポイントで電池が手に入るとのことだ。2000ポイントで入手できて、7000ポイント以上溜まっていたので、それで電池を手に入れることにした。しかし、電池は基本的には取り寄せで一週間以上かかるという。できればその場で手に入れたかった私は在庫がないのか聞いてみる。また来るのも面倒だし、auショップはいつもどこも混んでいることが多くて、また待たされるのが嫌だということもある。結果、在庫があったので、その場で電池を入手することができた。

電池は基本的には取り寄せと釘を刺されたが、個人的な見解としては、電池くらいすぐに手に入れられる体制にならないのかな、と思う。劣化するのを防ぐため、とか言われたが、なるべく各ショップで在庫を持ちたくない、というのが本音ではないだろうか、と邪推する。

携帯電話の電池については、Androidスマートフォンに機種変更する、という可能性も残していたので先送りにしていたのだが、当分しなさそうなのでここで問題解決に踏み切った。


iPhone4S買った

去年の12月27日に、iPhone4Sを買った。最初は志木のauショップで買おうと思ったのだが、在庫がないということで、池袋駅西口のビックカメラで買った。ビックカメラは店ごとのiPhoneの在庫が見られるので便利である。買ったのは16GBの黒である。今持っているフィーチャーフォンを機種変更しようかとも思ったのだが、フィーチャーフォンはそれなりに必要、ということで新規契約にした。多分、今のフィーチャーフォンはAndroidに機種変更になるのだろう。だいぶ遠い将来ではあるが。Androidがあまりに迷走するのであれば、もう解約してもいいかもしれないが。

今更私がiPhoneのことについて語る必要はないと思うが、いくつか。auのiPhoneはメールがすぐに受信できないとのこと。最短で15分周期で受信するらしい。私の場合、今のところiPhoneでメールを受信することはないけど。あと、iPhoneとフィーチャーフォンで二台持っていると、電話使用料が共通で精算されるとかで、要するにフィーチャーフォン側の無料通話分をiPhone側に持っていけるらしい。その代わり来月への無料通話分の繰り越しがなくなる。ただ、auショップに行ってフィーチャーフォン側で設定を変更しなければならないそうだ。近日中に行かないと。


イー・モバイルGP02に機種変更

今までWi-Fiルータにイー・モバイルのPocket WiFiであるD25HWを使っていた。標準バッテリーだけでは足りないので、サードパーティー製の大容量バッテリーを使っていたのだが、その大容量バッテリーを使うと電源が入らないという現象が発生した。標準バッテリーであれば普通に電源が入る。ところで、イー・モバイルのPocket WiFiも今では最新のGP02が出ている。近々それにするつもりがあったのだが、11月に大きなイベントを予定しており、それが終わってから買い換えるつもりでいた。しかし、その大容量バッテリーが使えないとイベントに大きく差し支える。それ以前に普段の外出先での作業にも差し支える。そういうわけで、このタイミングでGP02に買い換えることにした。

池袋のビックカメラで手続きをする。前の端末の契約を解除するのに7000円かかった。新しい端末の値段は1円。今日レジで払った金額も1円で、なんだか変な気分になる。今なら「高速モバイルキャンペーン」ということで、月額使用料が利用開始月を含む最大25ヶ月間は3880円になる。今まで月額使用料4980円だったので、1100円安くなる。

自宅で使ってみたところ、速度は前のD25HWに比べると段違いで速い。

GP02で使えるような大容量バッテリーはサードパーティー製を含めても現時点ではないようだ。連続4.5時間使用可能となっており、1日では不安な量である。そういうわけで、純正のバッテリーを1個注文した。2個体制であれば、いざとなったらstick boosterを使うことも考えて1日持つとは思う。これは来週届くというので、店まで取りに行く予定。なお、昨日出先で使ってみたところ、電源は入れっぱなしでそこそこ接続するというような使い方で6時間強で電池が空になった。やはり1個では足りないが、2個あればなんとかなりそうである。


シャープのガラパゴスの低迷

シャープのタブレット端末「ガラパゴス」がイー・アクセス向けのモデルを除いて販売終了となった。それに関連する記事に販売台数に関する記述が。

シャープはガラパゴスの販売台数を公表していないが、関係者によると、これまでの販売台数は1万5000台程度。しかもこのうち3000~5000台は宗教法人「幸福の科学」の信者向けの電子教本「Happy Tablet (ハッピー タブレット)」だ。さらに出版社へのサンプル出荷分などを差し引くと、一般需要は約5000台にとどまっていたという。

http://www.toyokeizai.net/business/strategy/detail/AC/3075fbcefbe4d8d8986841403d44cdc5/page/1/

2011年中に100万台を売り上げたい、としておきながら、実際に一般向けに売れたのは5000台ほど。iPadが200万台弱売れたというので、その差は雲泥である。

ガラパゴスはどちらかというと、iPadよりはAmazonのKindleに近いと思うのだが、昨日発表されたKindleの新製品は強気なほどの低価格が売りで、実際、端末が売れれば売れるほど赤字だと言う。それをカバーするのが、Amazonの強力なソフト販売網であり、Kindleで使うためのソフトをAmazonが売ることで収益を得る、というモデルだ。ガラパゴスはそういったライバルに比べて特長を見いだせないまま埋没していった、というところか。

このところ、この分野での日本企業の低迷が続いていると思う。日本の大手企業のやり方が通用しなくなっているのではなないかと感じるところはある。


iPhone 5をKDDIが販売か

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1109/22/news018.html

iPhone 5がKDDIから販売されるという記事が。この記事には今年11月と書いてあるが、来年頭という話も。

今までiPhoneはソフトバンクが独占的に販売していたわけだが、ソフトバンクはつながりにくい、という評判であった。そこでau by KDDIが参入すれば、つながりやいiPhoneが使えるというようなニュアンスで歓迎の声があがっているが、技術的に詳しい人の話だと現時点では対応する周波数の関係から、auからiPhoneがでてもやはりつながりにくいのでは?とのことである。(私は全然詳しくないのでよくわからないのですが…)

ただ消費者にとって、選択肢が増えることはいいことだ。Appleの方針に従えたのはソフトバンクくらいだとは思っていたが、やはりAndroidの攻勢もあって、Appleもかつてよりは軟化しているのであろう。あと、ソフトバンクからauにユーザーが流れるのでは、という憶測もあるが、それらも含めて、動向が楽しみではある。


佐賀県武雄市が市のウェブサイトをFacebookに移行

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1107/29/news054.html

佐賀県武雄市が現在の市のウェブサイトを閉鎖して、Facebookに移行するとのこと。市長がFacebookを積極的に利用しているらしい。

気になったのはこのくだり。

「検討を始めた当時、Facebookではアカウントを持っていないとページを閲覧できなかったため、『市民全員が見られないホームページというのは良くないのでは』という反対意見もあった。しかし、検討を重ねているうちにFacebookが仕様を変更し、アカウントを取得しなくてもページを閲覧できるようになったため、『それならば大丈夫』ということで意見がまとまった」

このときは、武雄市にとってプラスになるような仕様変更が行われたということなのだろうが、逆にマイナスになるような仕様変更が行われた場合どうするのか、そういう自覚はあるのか、ということ。ウェブサービスに慣れた利用者であれば、こういうのは織り込み済みで使うのだろうが、市のウェブサイトを利用するユーザー層は様々で、仮にFacebook側が急に仕様変更したり、障害が発生したりして市のコンテンツが見られなくなった場合、市が「Facebook側が悪い」と説明しても理解できない利用者だっているだろう。そうなると、何故Facebookに移行したのかということが問われることになる。

はっきり言ってこれ冒険だと思う。一部のコンテンツのみFacebookを利用するとか、そういった段階的な手順は踏めなかったんですかね。


Firefox 4のサポート打ち切りに不満の声

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1106/27/news011.html

Firefoxのバージョンアップサイクルが変わり、Firefox 4がリリースされてすぐにFirefox 5がリリースされ、古いバージョンはサポートしないということで不満の声があるという。せっかく業務システムをFirefox4系に対応したのに、またメジャーバージョンアップか、やってられないよ、というのは理解できる。

おそらくGoogle Chromeのようにということなのだろうが、Google ChromeとFirefoxは立ち位置が違うし、同じようにはいかないだろう。これがチャンスとマイクロソフトが躍起になるのもわかる。

メジャーバージョンアップと言っても中身が大きく変わるわけではないというのはわかるが、そうなればあえてメジャーバージョンを上げなくてもいいのではと思う。6週間で上げるとなると、10年後には「Firefox 90」とかが出るのか。そこまで続くかわからないけど。


電子新聞時代はこないのか

iPadを買ったので、1ヶ月5000円くらいで国内の主要新聞を読めるサービスがあればいいと思っているのだけど、朝日新聞の有料電子版発行のニュースを見るとそういうサービスは起こらなさそうだ。結局、新聞社側としては紙の新聞ありきのようである。「デジタルが紙を食うという発想はしていない」と言ってるが、正確に言えば「デジタルが紙を食っては困る」ということなのだろう。その理由として販売店の存在があると言っている。言ってしまえばしがらみだ。普段、方々のしがらみを批判している機関がしがらみにとらわれているというのが事実である。電子版だとコストが下がるから安くなるだろう、という期待はすかされる。

方向性としてはビューンみたいなサービスを期待しているわけだが、ビューンも特別編集版ということで紙面と同じ記事は読めないようで。

まあ、今のところは現状と同じようなやり方で問題ないという認識なのだろう。本腰をいれる必要はないが、ちょっと電子版にも手をつけておこうか、くらいのスタンスか。