一覧

四国九州の旅 3日目

今日は大分から特急で中津に移動する。自由席に乗ったが、思ったよりも空いていた。中津で自転車を借りて市内をまわる。観光的な場所で行ったのは中津城くらいか。最後の藩主が奥平氏ということで、奥平推しになっている。あと、中津といえば福沢諭吉だが、それはスルー。あと中津といえばからあげなので昼ご飯にも食べ、別の店でテイクアウトもした。中津のからあげはテイクアウトが主体なのかと思う。
行橋に立ち寄り、朽網駅から北九州空港行きのバスに乗る。予定より一本早いバスになった。その後、北九州空港で缶のレモンサワーを飲みつつ、中津で買ったからあげを食べつつ。電源も使えるし、Wi-Fiも使えるので快適である。
北九州空港から羽田に飛び、けっこうギリギリだったが志木行きのバスに乗れたので、それで帰路へ。


四国九州の旅 2日目

今日はまず松山から特急列車で八幡浜まで行く。8:00に着いて、車内清掃などをして8:09に出発するという新幹線並のせわしい運用。3両編成でわりと余裕はあった。
八幡浜からバスで伊方まで行く。この時間帯の市街から出るバスにしては乗客がいるなと思ったが、保内まででみんな降りていった。伊方町中心部といっても、保内以上に寂しい感じだったが、なんといっても伊方は原発があり、周辺町と合併したとはいえ、伊方町として残っているゆえんはそこだろう。伊方からは松山から来たバスに乗って三崎まで行く。十人弱の乗客がいて、全員終点三崎港口まで行った。三崎港からフェリーで九州に渡る。車が入るスペースは3/4くらいは埋まっていて、けっこう利用者はいるようだ。
佐賀関に着いて、少し時間があったので佐賀関の町中を歩いてみる。関サバ、関アジの町だが、昼間に町中に行ってそれが食べられるような感じはしない。わりとそういうのが食べられる店は少し離れた場所にある。バスで大分まで行こうかと思ったのだが、幸崎でJRに乗り換えたほうが早く着き値段も安いのでJRに乗り換えることにした。臼杵からきた列車は空いていたが、大分に近づくにつれ混んできた。
で、大分で関アジを食べる。正直、宮崎で食べたアジのほうがおいしかったかなぁ、とも思ったが、比べて食べたわけではないし、まあ、おいしかったということでまとめておきましょう。


四国九州の旅 1日目

今日から三連休。まず四国は香川に飛ぶ。
高松空港行きの飛行機は満席。若干遅れて到着。高松空港からは坂出・丸亀方面行きのバスに乗る。高松行きのバスの乗客は多数であるが、こちらのバスはそれほど混まなかった。綾川駅で降りて、イオンによる琴電に乗る。こちらもほどほどの乗客数。
琴平から多度津経由で観音寺まで行く。そこでうどんを食べようと思ったのだが、地元チェーンのうどん屋があると思った場所にあったのがはなまるうどんだった。まあ、はなまるうどんも香川発祥なのだが、北朝霞にもある。他の店で食べようかと思ったのだが、あまり他の店がなく、コンビニで買ったもので空腹をしのぐ。
観音寺から新居浜まで特急に乗る。自由席だが、けっこう乗っていた。新居浜市内を歩いて、バスで松山まで出る。今日は松山に泊。ホテルにチェックインした後、道後温泉に行った。まあ賑わっている。浴衣を着た人も多かった。椿の湯に入る。昭和モダンという感じだが、施設は新しめだった。こちらも人が多かった。
松山はどうも食事をとる店が少ないように思う。結局今日は地元チェーンのそば店で夕食をとったが、けっこう混んでいた。


夏の宮城 3日目

今日は帰る日です。
福島まで高速バスに乗って、そこから新幹線で帰ることにした。仙台から東京行きの高速バスはけっこう客がいそうだったが、福島行きのバスは少年の小団体がいたものの、それほど混んでおらず、余裕で二席使えた。コンセントもついているし快適である。
福島で餃子でも食べようかと思ったが、駅近の店が定休日で、基本的には夜営業の店が多いので、つけ麺を食べた。帰りの新幹線は直前で指定席はとれたものの、さすがに混んでいた。


夏の宮城 2日目

今日は仙台市内を回った。と言ってもまずは名取市に。イオンに行く。仙台空港鉄道の本数がそんなに多くないので、それにあわせる必要がある。その後、名取駅で降りて近くにあったビール園で古代蓮が咲いていたのでそれを見る。行田のと比べるとかなりの小規模だがたしかに咲いていた。行田はもう時期が終わっているが、名取は今が未頃だった。
仙台市に戻って市営地下鉄の一日乗車券を買ってウロウロ。観光的には大崎八幡宮と、仙台市博物館に行く。企画展が伊達稙宗から政宗までを扱ったもので、そのポスターが各地に貼ってあったので来てみた。博物館は地下鉄一日中乗車券を持っていれば360円。それでけっこう展示は見どころがあった。
昼は仙臺みそ冷やし中華そばなるものを食べて、夜は仙台の王道、牛たんを食べる。超有名な店が普通に入れたので入ったが、味だけではなく、有名な店はその所以があるのだなと感心した。


夏の宮城 1日目

夏休み、今日から宮城県まで行ってきてます。
新幹線で白石蔵王まで行く。仙台行きの新幹線で、郡山以降は各駅停車。白石蔵王で降りる人は少なかった。
白石蔵王から車でピックアップしていただき、七ヶ宿町、蔵王町、川崎町とまわる。七ヶ宿では道の駅、町中心部のファミリーマート、カフェ、滑津大滝、そば店、蔵王ではチーズの店と温泉、川崎ではパフェを食べた。
その後、仙台で飲み。


夏の福島 3日目

芦ノ牧温泉の丸峰本館に泊まっていた。けっこう客はいたみたいだが、広いホテルであり、特に風呂はだいたい空いていた。芦ノ牧温泉もご多分に漏れず、廃ホテルがけっこうある。今のホテルの数で適正化されているというべきか。温泉街の店はさほど多くなくて、ほとんどの人がホテル内で食事をとったり消費したりするのだろう。
帰りは芦ノ牧温泉駅までバスで送迎車で送ってもらった。他のホテルからの人もいて芦ノ牧温泉駅からの列車利用は多かったが、私以外は皆会津若松方面に向かっていった。
芦ノ牧温泉から会津田島乗換で帰る。会津田島からは特急リバティ。特急券を買って乗るのは初めてである。下今市以北は特急券不要というシステムだが、要するに下今市以北の普通列車を減らした結果である。個人的にはあまり好きくないシステムである。月曜日ということもあって大混雑ではなかったが、やはり鬼怒川温泉から乗ってくる人は多かった。コンセントがついているのはいい。埼玉県内で停まるのは春日部だけなので春日部で降りて、野田線、JR、東上線と乗り継いで帰宅。


夏の福島 2日目

まず、今日は郡山から会津若松まで高速バスで行く。やはりそれほど混んでおらず。
会津若松駅のコインロッカーに荷物を預けて、観光。レンタサイクルを使おうかとも思ったが、駅のレンタサイクルが4時間で1000円とまあまあ高かったので、バスと徒歩で回る。まずは飯盛山。さざえ堂も入った。その後は会津武家屋敷に行ってみる。どちらも初めて行った。その後は鶴ヶ城。こちらは行ったことがあるけれど表敬訪問。
観光客はけっこういたが、会津若松の観光地は城はともかく、あとは渋い感じだ。会津藩にシンパシーを感じる人ならまだしも、自分はそうでもないしなぁ、とか思ったり。あと、蒲生氏郷はまあまあ取り上げられているが、その前の蘆名氏はほぼ無視されている。
今日は芦ノ牧温泉で泊まる。バスで移動。


夏の福島 1日目

ちょっと時間ができたらどこかに出かけるこのオレ。仕事のハードさで疲れ気味なので、ゆったり行程で。
郡山まで新幹線で行く。遅めの時間だからかそれほど混んでいなかった。大宮から1時間も経たずに郡山に着。
ホテルに荷物を預けて、バスで平田村に行く。バスの乗客は少なかったが、村といっても人口6000人おり、中心部は店なども一通り揃っていて、さすがに令和の時代でも独立した村として成立しているだけあるなとは思った。
その後、小野に出て高速バスで郡山まで戻る。高速バスのバス停は若干離れた場所にあるが、なんとか間に合った。高速バスもそれほど混んでおらず。会津若松行きだが、だいたい郡山駅前で入れ替え。自分は少し進んで安積高校前で下車。近くの店に行って、駅ビルの店で福島のもの食べて、地ビールやワインを飲んだりする。三春の三角揚げを食べる。この前、福井に行ったとき竹田の油揚げを食べたが、知られざる油揚げは各地に存在するのだな、と。


長梅雨の中国・九州の旅 3日目

今日は甘木から西鉄甘木線に乗って久留米へ行く。宮の陣で降りる人が多かった。西鉄久留米からJR久留米へバスで移動し、久留米からは鳥栖、唐津まわりで福岡空港に行くという旅程。鳥栖でかしわうどんを食べる。唐津では虹ノ松原に行く。それほど観光地という感じはしなかった。だいだい虹ノ松原駅で乗降する人は、近くにあるイオンに行く人のほうが多そうである。
今日は雨は降られなかった。そうなると暑くはなるが、それでも九州の7月としては涼しいほうであろう。
福岡空港から帰る。まず福岡空港が混んでいた。飛行機も当然満席。使用機材が遅れとかで出発も到着も遅れ。まあ、三連休である。今日はバスは使わずモノレール、山手線、東上線で帰った。