遊戯一覧

Dr.MarioWorld

iPhone向けにDr.MarioWorldが配信されて、ダウンロードをしてやってみている。
ドクターマリオ自体、今までそんなにやったことがなかったが、単純なゲームであるし、やってみるとちょっとした時間にちまちまやってみる分にはいい。ダウンロードは無料で課金でいろいろするというようなモデルであるが、自分としては課金するほどのことではなく、言わばお金は使わない。そんなに力を入れてするゲームとは思えず、利益がでるのかはわからぬが、まあサービスが続いていくうちはやっていくと思う。


見つけて!三国志

3ヶ月くらい前から見つけて!三国志という位置ゲームをやっている。日本全国のエリアでチェックインして、三国志の武将を登用したり、戦ったりみたいなゲームであるが、このエリアというのが市町村単位より細かい、町丁や大字という単位で区分けされている。ひじょうに細かい。まあ、方々に行く機会は多いので、続けている。
ただ、このゲーム、やっている人がかなり少ないようで、5月上旬の時点で、チェックインエリア数が83位となっている。2ヶ月やっただけで2桁順位。今やっているイベントもそれほどの実力がないにもかかわらず73位。結局、力入れてやっているのは100人くらいなのではないか?というレベルである。自分は一切課金していないので、課金している人はどれくらいなのか?と思ったりもする。公式のホームページやTwitterもあまり更新されていないが、ゲーム自体は定期的にバージョンアップを行っている。やる気があるのかないのかわからないし、収益が出ているのかもわからない。あまりつぎ込みすぎると終わったときにショックなので、ショックにならない程度にやっていきたい。


テクテクテクテクを続けなかった理由

ドワンゴが赤字転落したというニュースの中で、ゲーム事業で売上が900万円に対し、営業赤字が8億600万円という数字が挙がっていて、ゲーム事業というのは「テクテクテクテク」という位置情報ゲームなのだけど、実はこのゲームは、私も少しやってみた。が、二日くらいやってみてアンインストールした。
続けなかった最大の理由は、やはりちゃんとやろうとすると時間泥棒になる、ということだろうか。敵を倒したり、宝箱管理したりするとかなりの時間を費やすことになる。基本的に日本地図を塗りつぶす、というようなコンセプトはよかったのだが、たとえば移動中でもテクテクテクテクをずっと起動していないといけないので、その間スマートフォンで他のことができないのがきつい、というのもある。あとは、スマートフォンの画面に出てくるアイコンの下のアプリ名が半角カナ、というのが死ぬほどダサくて耐えられなかった。それを乗り切るだけのものはなかったのでアンインストール。
個人的にはもうちょっとストイックに位置情報を集めることに特化したようなゲームのほうが好みであったが、それだと余計に課金要素という点では劣ってくるだろう。それにしても、もうちょっと小さく産んで大きく育てる意識でやればまだ傷は浅かったのだろうが、いきなり8億の赤字はなかなか辛いものがある。


トレすご

「トレすご」という、JR東日本アプリ内のゲームをやっている。ゲームと言っても簡単なもので、移動したり、ログインしたり、クイズに答えたりで、特定駅で位置登録したりして得たポイントの分で、JR東日本の路線図を模した双六状のものを進めていく、と言ったゲームである。JR東日本がやっているのだから移動した分だけ有利、と思いきや、移動分は1日100Km、10ポイントまでしかもらえない。しかし、ログイン分は午前と午後でログインすれば、最小でも14ポイント、最高で28ポイントもらえる。もはやログインゲーである。また、1周目に行ける路線を全部クリアすると、2周目が始まる。2周目は行ける路線が増えたりしているが、1周目の成果は消えてしまい確認できない。昔のファミコンゲームみたいだ。まあ、やってもそれほど時間を食うわけではなく、なんとなくやるにはちょうどいい感じである。


ポケモンGO「いつでも冒険モード」とApple Watch

https://japanese.engadget.com/2018/10/25/go-os/
ポケモンGOで、iOSでいうところのヘルスケアと連携して、アプリを起動していなくても歩行距離をカウントしてくれるようになる「いつでも冒険モード」が実装されるようになるとのこと。
記事にもあるとおり、iOS端末でアプリを起動していない場合は、ポケモンGO Plusとリンクするか、Apple WatchでのポケモンGOアプリを起動しないと歩行距離がカウントされなかった。ポケモンGO Plusはもう普通には販売されておらず、私はApple Watchのアプリを使っているのだが、Apple Watchの時計以外の機能でほぼ唯一使っているのがポケモンGOアプリなので、「いつでも冒険モード」が実装されてApple Watchを使わなくても歩行距離をカウントしてくれるようになるのであれば、Apple Watch自体使わなくてもよくなるな、と思ったりもした。Apple Watchを使う前は腕時計をせずに携帯電話で時間を確認していたので、別に腕時計をしなくても問題ない。唯一腕時計がないと困るな、と思ったのは、飛行機に乗っているときだったが、最近になって飛行機の中で携帯電話、スマートフォンの電源を切る必要なくなったので、困らなくなった。百歩譲って腕時計をするにしても、Apple Watchである必要はなくなったかな、と思う。自分が持っているApple Watchが初代なので、新しいのが出るたびに買い替えることを少しは考えたが、これでもう買い替える可能性は低くなったということになる。


ファイアーエムブレムヒーローズ1年半

ファイアーエムブレムヒーローズがサービスインしてから1年半が経ったというが、基本的には毎日やっている。
基本的には自分が主要なキャラクターはだいたい揃ったという感じで、キャラ集めたい欲というのもほとんどないので、今まで数千円くらい課金してきたが、もう課金することはないのではないかと思う。こうなると、イベントこなして、英雄の翼を集めてキャラを強くするゲームとなっているが、あまりゲームに時間を費やすわけにもいかないし、無理しないペースで続けていくのがいいのではないかと思う。
ゲームの操作性や親切さなんかは、わりと評価できると思うし、改善も行われている。それも続けていくには必要なことだろう。


旅かえる

旅かえるというスマートフォンのゲームをダウンロードしてやってみることにした。
とりあえず、クローバー摘みゲー、そして、かえる、おうちにいがち。まあ、帰ってこないのは今旅をしているんだな、と思えるが、なかなかおうちを出ないのはどうしたものか。もっともそれがいいという人もいるのだろうか。とにかく、スローなゲームである。ファストなゲームが主流の中で、こういうスローなゲームが却っていいというのはあるのだろう。
あと、広告を見させてアイテム(ふくびきけん)を与えるという仕組みは、なかなかよくできているな、と思った。


Mini Metro

この前、Mini MetroというiPhoneのゲームを買った。駅に線路をつないで客を運ぶ、というようなゲームだ。駅が客であふれるとゲームオーバーになる。で、思うに、東京の鉄道なんかは毎日がゲームオーバーになっているようなものではないか。

ゲームはゲームオーバーになってもいいが、現実がゲームオーバーになっては困る。


ファイアーエムブレムヒーローズ

ファイアーエムブレムヒーローズが今月2日にサービスが始まって、その日からやっている。

8×6マスで味方のユニットも4人までという仕様である。やろうと思えばスクロールしてマップを広げたり、ユニットの数も増やしたりできるのだろうが、スマートフォンゲームという特性上、1回のプレイ時間が短くなるような設計ということでこのサイズになったのだろう。フルサイズのファイアーエムブレムがやりたければ3DSなどでやればいい、ということだ。

ゲームバランスなどはサービスイン直後にしてはよいほうだろう。操作性も悪くないが、一点だけ注文をするなら、バトルで敵の属性を確認した後での編成変更をもうちょっと楽にできるといいな、と思った。

今のところで言うと、現時点で取得した☆5のキャラクターはレオン、チキ、ルキナ、マリア、☆4で初代と覚醒のキャラクターはゴードン、バーツ、ソワレ、ティアモ、サーリャ。ファイアーエムブレムは「暗黒竜と光の剣」「外伝」「紋章の謎」「覚醒」しかやっていないので、他のキャラクターは知らない。とか言いつつ、「外伝」はほぼ忘れてしまっている。今見返してみたら、そういればマリーシアというキャラクターがいたな、マレーシアに似ている名前。


SUPER MARIO RUN

年末年始に持参したノートパソコンがACアダプタを忘れてあまり使えなかったということもあって、わりと暇だったので、SUPER MARIO RUNを買ってしまったのであった。

買い切り1200円という価格設定であるが、少なくとも安くはないなというのが率直な感想。ただ、スマートフォンのゲームの現状あるビジネスモデルから逸脱していることを理由にした批判は筋違いだろう。そういうモデルを新たに打ち出そうとしているんだから。

ゲーム的には、強制移動は辛い、強制移動なのに縦スクロールは辛い。課金すると6ワールドが遊べるということになっているけど、実は赤以外のキノピオも得られるというのが大きいように思う。キノピオラリーで勝ってキノピオを得ると王国に置ける特別なオブジェクトを買える、みたいな仕組みなのだが、なんか勝てそうにないような相手しか選べない(実際はその相手が強いかどうかはよくわからないのだが)、かつ、負けると、キノピオが減ってしまうのである。なんか萎えるわー。参加賞的に負けてもキノピオがもらえるくらいにしてほしい。

いい点としては、アプリとしての品質が高いことかな。アプリがいきなり落ちる、みたいなこともないし、ちゃんと作っているという印象。

ちなみに、ワールドツアーでピンクコインは全部集めた。パープルコイン、ブラックコインを全部集めるのは難しそう。