路線バス関東一周の旅recollection 第18回 東松山→飯能

2008年から2010年にかけて行った路線バスでの関東一周の旅で乗った路線バスは現在ではどうなっているのか?を書く。
第18回は2009年11月22日に行った東松山→飯能。
http://area.free-active.com/bus/bla/bla18.htm

125.東松山駅(11:05)→八幡団地(11:22)  東武バスウエスト [川越02]川越駅行き

東松山と川越を結ぶバスは健在である。

126.八幡団地(11:48)→若葉駅  東武バスウエスト [若01]若葉駅行き

八幡団地と若葉を結ぶバスも健在である。

127.若葉駅東口(12:50)→鶴ヶ島駅西口(13:03)  鶴ヶ島市内循環バス 市役所行き(東コース右回り)

鶴ヶ島市内循環バスは改編されてつるバス、つるワゴンとなっているが、当時乗ったのと近い路線がつるワゴン富士見・五味ヶ谷線となる。若葉駅から東上線線路の北東部を経由して鶴ヶ島駅まで行く。

128.鶴ヶ島駅西口(14:50)→日高団地(15:12)  川越市内循環バス [12]西後楽会館行き

川越市内循環バスも路線が改編されており、今では鶴ヶ島から日高団地に行くバス路線はない。日高団地からは川越方面のみならず日高方面に行くバスも廃止となり、日高団地は路線バスが通らない場所となっている。なお、西後楽会館へは霞ヶ関駅から的場、笠幡を経由していく路線が現存している。

129.ひだか団地(15:31)→埼玉医大国際医療センター(16:07)  イーグルバス [H09]高麗川団地第一折返場行き

前述のとおり、日高団地に行くバス自体が廃止されている。最寄り駅の武蔵高萩駅へのバスで行けない状況だ。また、イーグルバスは埼玉医大国際医療センターにも乗り入れなくなっている。

130.埼玉医大国際医療センター(16:36)→飯能駅  国際興業 [医大31]飯能駅行き

埼玉医大国際医療センターから飯能駅まで行く国際興業のバスは健在である。埼玉医大国際医療センターへは他に東毛呂駅からの川越観光バスが乗り入れている。

まとめ

そういうわけで絶妙な乗り継ぎだった上記のルートは現在はたどれなくなっている。代替ルートとしてはダイヤ的にはタイトになるが、鶴ヶ島駅からサイボク経由で狭山市駅まで行くと1日1本しかない11時25分発の飯能駅北口行きの西武バスに乗ることが机上では可能である。