リュックサックを買った記録2020

今日、旅用の新しいリュックサックを買った。Karimmorのwiz day packである。
https://www.karrimor.jp/item/500740.html
税込みで12100円。旅の荷物を軽くしたいといテーマがあって、それにはリュックサックの軽量化を図ったほうがいいだろうと、新しいリュックサックを物色していたのだが、ちょうど東急ハンズに行ったらこのリュックサックがあった。仕様とか何も書いていなかったのだが、なんか気に入って、意外といいリュックサックというのは一期一会というか、機会を逃すと買えないのではないかということで、買うことにした。あとで調べていたら、上記の公式サイトで30%オフになっていたのはちょっとショックであったが、店にある、見る、買う、すぐ自分のものになる、というプロセスをよしとする。
で、買ってすぐに持っている荷物をすっぽり入れて背負ってみたのだが、買う前の装備よりも軽く感じてちょっとテンションが上がってしまった。
で、家に帰って仕様を調べてみると、25LのH45×W32×D18cm、480gとのこと。自分が持っていたKarimmorのSector18の仕様を調べてみたら、18LのH43×W28×D22cm、480gで、なんと重さ変わっていない。容量は増えているとはいえ、どう考えても軽くなっているのにおかしいなと思ったのだが、これは現行に流通しているバージョンの仕様で、私が持っているSector18は、H41×W31×D24cm、600gだったようだ。Sector18も進化しているのである。18Lというのはこれ以上は小さくできなギリギリのサイズで、25Lは数字だけ見ると若干過剰な感じもするが、見た目としては25Lも入るとは思えないコンパクトさなので、まあいいかなと思う。
そういうわけで、次の旅から早速使っていく。


週末日記-台風

台風がきていたということで、昨日はずっと家にいた。なんなら金曜日も在宅勤務だったのでずっと家にいた。二日間Stay Home。
今日は出かける。まず高尾方面へ。JRで高尾駅に行く。高尾駅近くで買い物をして京王に乗り換えようとしたら、ちょうど人身事故で中央線が止まっていた。すんでのところで影響を受けず。高尾山口駅まで行って、駅前の温泉施設に行く。けっこう客はいたが混雑はしていなかった。あの内容にしては1200円とちょっとお高めだが、立地ゆえのお値段だろう。
その後新宿に出て、牛込の草間彌生美術館に行く。予約制で以前はなかなかチケットがとれなかったのだが、今だとわりと直前でもチケットが買える。メインは小部屋の展示だろうか。2分しかいられないが、それが逆にいいのか。基本的には小規模な美術館で、大きな美術館で開催される特別展のほうが内容は充実していると思ったが、まあ一回くらいは行きたいと思っていたので。


辛くないスパイシーチキンカレー

また新しいカレーが出たので食べる。
辛くないとスパイシーは矛盾するような気がするが、食べてみると、たしかに辛くはない。スパイシーというか、(ハウス食品の)ジャワカレーっぽいような感じがした。具はわりと控えめ。81点。


ぷらっとのぞみ

JR東海ツアーズがぷらっとのぞみという商品を出した。用はぷらっとこだまののぞみ版である。新幹線需要の落ち込みに対応するものだと思われる。
先日、名古屋に行ったのでその利用を検討した。しかしながら、金券ショップで回数券のばら売りを買って利用することにした。まず値段の比較だが、東京から名古屋までぷらっとのぞみは10000円。対して金券ショップでは10500円で売っていた。その差500円。ぷらっとのぞみだと売店でワンドリンクがもらえるという特典があるが、東京(都区内ではない)から名古屋までしか乗ることができない。池袋から東京まで出て新幹線に乗る場合は、池袋から東京の運賃は別払いである。回数券だと池袋から東京までの運賃を別払いする必要はない。そして、ぷらっとのぞみは、指定された便の新幹線に乗らなくてはいけない。その便以外では自由席にも乗れないし、変更もできない。回数券だと1回変更が可能であり、乗り遅れた場合は当日のその後の便の自由席に乗ることができる。
そういうわけで、数百円程度のアドバンテージであれば、自由度も低くリスクも高いぷらっとのぞみを使う必要はないかな、と思った。ちなみに、ぷらっとのぞみの空席を検索してみたところ、利用するのに良さそうな便に限られるが、行きはB席が1席空いてるだけ、帰りは空きなしだった。回数券利用で行きも帰りもA席で隣と隣の隣の席が空いている席を選べる状態だったので、別の意味のリスクもぷらっとのぞみより軽減されたかたちである。


愛知岐阜小旅行 2日目

今日は名古屋を起点に、主に豊田、赤池、星ヶ丘、栄とまわる。その前に久々に名古屋ガイドウェイバスに乗った。けっこう運転間隔がまちまちで、自分が乗ったのはちょうど運転間隔が開いた後のバスで、行きも帰りもわりと乗客がいた。豊田は来年松坂屋が閉店するが、何といっても駅前にそれほど人が歩いていない。店はそれなりに賑わいがあるが、その後に行った場所と比べると賑わいはない。
食面では昼は味噌かつ、夕はあんかけスパゲティを食べる。
帰りは事前に予約しておいた新幹線に乗ろうと思っていたのだが、見直してみたらのぞみではなくひかりだった。小田原に停まるか停まらないかの差であるが、のぞみのほうがいいなと思い、3列シートがまるまる空いている席があったので、予定より20分ほど早い新幹線に乗ることにした。直前でもそういう芸当ができるのが現状である。


愛知岐阜小旅行 1日目

今日、明日と小旅行。
東京から東海道新幹線に乗る。東京駅に着いて乗車する列車を変更、空いていそうな席を選んだので、隣に人は乗ってこなかった。E席は全部埋まっていたが、A席はまだ空きがあった。
名古屋を起点とし、岐阜、一宮、稲沢あたりを行く。岐阜では鶏ちゃん焼き定食を食べる。JR岐阜駅に隣接するアクティブGという商業施設に存在するが、他にもレベルが高そうな店が集まっていた。本当は名鉄岐阜駅できしめんでも食べようかと思っていたのだが、もうその店がなかった。
岐阜から柳津のカラフルタウンまでバスに乗っていく。高校生を中心にけっこう客が乗っていたが、カラフルタウンまで乗ったのは私だけだった。稲沢では行きはアピタまで歩いて、帰りはバスに乗る。だいたい1時間に1本とそれほど本数はないのだが、アピタから乗る客はわりといた。
今日は名古屋で泊。


dailyTmusic 2020年9月分

https://dailytmusic.tumblr.com/
https://twitter.com/dailyTMusic17
2020年9月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2020-09-01 tue / パスピエ「SYNTHESIZE」
  • 2020-09-02 wed / 土岐麻子「HOME」
  • 2020-09-03 thu / 私立恵比寿中学「23回目のサマーナイト」
  • 2020-09-04 fri / 羊文学「砂漠のきみへ」
  • 2020-09-05 sat / ステレオガール「I Don’t Play Baseball」
  • 2020-09-06 sun / INNOSENT in FORMAL「Junkie’s never enough」
  • 2020-09-07 mon / CAR10「ONE VAN」
  • 2020-09-08 tue / NEE「不革命前夜」
  • 2020-09-09 wed / ano「デリート」
  • 2020-09-10 thu / Juice=Juice「ポップミュージック」
  • 2020-09-11 fri / Hump Back「ティーンエイジサンセット」
  • 2020-09-12 sat / Jurassic Boys「Rock’n’Roll Life」
  • 2020-09-13 sun / SUP「HEAVEN」
  • 2020-09-14 mon / indigo la End「夜風とハヤブサ」
  • 2020-09-15 tue / 時速36km「アトム」
  • 2020-09-16 wed / 清原果耶「今とあの頃の僕ら」
  • 2020-09-17 thu / BenjaminJasmine「細胞」
  • 2020-09-18 fri / climbgrow「TIGHT ROPE」
  • 2020-09-19 sat / xiangyu「BBIISPP」
  • 2020-09-20 sun / ナードマグネット「僕は知らない」
  • 2020-09-21 mon / りんご娘「りんごの木」
  • 2020-09-22 tue / 電気グルーヴ「Set you Free」
  • 2020-09-23 wed / ラブリーサマーちゃん「AH!」
  • 2020-09-24 thu / predia「東京マドンナ」
  • 2020-09-25 fri / UNISON SQUARE GARDEN「世界はファンシー」
  • 2020-09-26 sat / 超能力戦士ドリアン「万有インド力」
  • 2020-09-27 sun / 愛はズボーン「パリいくフューチャー」
  • 2020-09-28 mon / 台風クラブ「日暮し」
  • 2020-09-29 tue / ヤバイTシャツ屋さん「Give me the Tank-top」
  • 2020-09-30 wed / 宮本浩次「P.S. I love you」

今月からの週末枠はJAPAN ONLINE FESTIVAL 2020に出場する予定のアーティストの楽曲になります。足りない場合は、COUNTDOWN JAPAN 19/20に出場したアーティストの楽曲を紹介します。


宮脇俊三「ローカルバスの終点へ」川白

今月から始める、宮脇俊三著「ローカルバスの終点へ」の精読企画。1987年から88年に書かれた記述内容が2020年現在どうなっているのかを中心に記していく。基本的に月末更新。今回は川白(北海道古宇郡神恵内村)。
岩内ターミナルから川白まで行く北海道中央バスの路線バスは現存している。それどころか、季節運行ではあるが一日二本、川白の先の神恵岬まで路線が延伸されている。そういう意味では川白はローカルバスの終点ではなくなった。そもそも当時は国道が川白までしか通じていなかった。積丹半島がつながる国道が開通したのは1996年のこと。岩内から川白まで行く便も当時は一日二本だが、午前中の便が一本増え、一日三本、川白までバスが至っている。ただし、岩内から当時は赤石まで、現在はその二停先の大森まで行く区間便は、現在は二本減の一日七本になっている。
Google Mapで見ると、現在川白にある宿泊施設は二軒。氏が宿泊した「たかだ旅館」は現存していない模様。また、川白小中学校も1998年に閉校になっている。現在神恵内村の小学校、中学校はそれぞれ一校づつのみ。


週末日記ー秋雨

昨日はなんだかんだで一日中小雨が降っていた。川越、所沢あたりを少し歩く。
今日は渋谷に行った。まあそれなりに人が多い。宮下公園に行ってみたが、こちらは特に人が多かった。
基本的に四日間の旅の翌週なので、おとしなめに過ごす。


九州4連休 4日目

今日も熊本県内に滞在。JRで松橋まで行って、バスで美里町、甲佐町、御船町、嘉島町とまわった。美里町は既訪となるが、観光的にはいちばんのスポットだったのが美里町の熊延鉄道のトンネル跡である。神社の方に抜けると途中かなりの荒れた道を進むことになる。甲佐は中心部にはこれといった観光スポットはなし。御船は恐竜博物館がある。わりと混んでいたぽいが、自分は入らなかった。あと、御船は二日間だけ熊本県庁が置かれた場所である。街なかギャラリーなる施設もあるが、あまり訪問者はいない模様。嘉島はイオンモール、だけ行くのも何なので、浮島神社にも立ち寄った。数組ではあるが、観光客の姿もあった。
あとは、熊本空港から帰るだけである。さすがに飛行機は満席。今回は、ほぼ雨に降られず、予定した場所には全地に訪れられたので、よかった。