Tenty17一覧

上越の旅 1日目

軽く旅をする。
今日は伊勢崎、前橋、高崎、と、群馬県の街を回った。まず高崎線で本庄まで行く。グリーン車に乗ることも考えたが、けっこう座席が埋まっていてゆっくりできなさそうなので、普通車に乗る。上尾までは立って乗って、上尾でわずかに降りた客の後釜に座る。熊谷、籠原では客が減るどころか増えて、深谷で降りる人はまあまあいたが、本庄でも立ち客は解消されなかった。皆さん、どこまで行くのか。本庄からバスで伊勢崎に入る。
群馬県内を路線バスを主体に使って回って、高崎からは高速バスに乗る。新潟へ。乗客は6人だった。そういうわけで、ゆったりとした高速バスの旅。なんといっても、高崎市内が渋滞で高速道路に入るまでが時間がかかった。途中雨が降ったが、新潟は雨が降っていなかった。今日は新潟で泊。


日本逍遙

https://shouyou.free-active.com/
日本逍遙というサイトを作りました。
今まで無印良品とか、駅番号17の駅とか、特定のジャンルの場所の訪問記録を一つのサイトに書いてきたけど、専用のサイトを作るまでもないが、とりあえずまとめておくか、というレベルのものを、この日本逍遙でまとめることにした。
とりあえず、百貨店を地図上にマッピングして公開。現在日本には百貨店は約200あるが、それは減る一方である。そういうわけで、思い立ったてなるべく早いタイミングで公開した。
まずは、百貨店のコンテンツを作成し、それが終わったら、今月の温泉で行っている温泉、稲荷神社とジャンルを増やしていく予定である。


週末日記ー秋晴

昨日は、free-active.com 20周年企画を行った。一応、このサイトもfree-active.com ファミリーである。2週連続の早朝起床。ただ、企画は4時間弱で終わり。その後は新宿方面をぶらぶらした。
今日は京王高尾線方面に繰り出す。分倍河原から京王線を西に向かって移動したのだが、けっこう混んでいた。高尾線に入ってもけっこう混んでいる。むしろ新宿方面のほうが空いているくらいだった。高尾に行く人は多いだろうが、朝遅めだったのでそんなにいないかなと思ったが、そうでもなかった。


和奈三の旅 3日目

今日は亀山から四日市経由で湯の山温泉まで行く。三重県の温泉に行こうということで、湯の山温泉がベターかなと思い、来た。湯の山温泉といえば、駅からバスに乗って行くイメージがあったのだが、駅から徒歩圏内にも温泉に入れる湯の山温泉湯元グリーンホテルがあったので、そこで入る。露天風呂などがわりと充実していて、けっこう客もいた。湯の山温泉で列車で来る人は多かったが、駅から歩いて温泉に入る人はあまりいないようだった。バスに乗ってロープウェイに乗る人が多いのかもしれないが、今日は御在所ロープウェイが強風が運休だったので、どうなったかはわからぬ。
四日市から桑名まで移動し、イオンモール桑名口から名古屋行きのバスに乗る。名鉄バスセンターまで20分に1本、栄まで30分に1本とバスが頻発しているが、バスは空いていた。
名古屋から新幹線で帰る。さすがに新幹線は混んでいた。自由席はかなりの混雑だったようである。


和奈三の旅 2日目

今日はまず和歌山線に乗る。奈良行きという列車に乗って、金橋まで乗る。和歌山線といえば、ボロい車両が走っているイメージだったのだが、ちゃんと今時の車両だった。なんなら東上線のほうがボロい。
奈良県に入ってやったのは、無印良品巡り、プレ始動している百貨店巡り、セブンイレブン巡り、スーパー巡り、昼ご飯を食べる、と、ここに特記するようなことはない。
近鉄で伊賀上野まで行き、伊賀鉄道に乗る。30分に1本で2両編成というのは尊い。このあたりは予定を事前を決めていなくて、関に寄ってもいいかなと思ったが、時間が遅くて資料館などが閉まるので、今日の宿泊地である亀山に直行することにした。上野市から伊賀上野までは伊勢鉄道ではなくバスに乗る。こちらのほうが安い。JRで亀山に移動。関で乗ってくる人が多かった。亀山ではとり焼肉を食べた。ホルモンをつまみながら飲むような感覚である。


和奈三の旅 1日目

今年最後の三連休、出かける。
今日は羽田空港から発つ。志木からバスに乗って空港に向かう。朝一の早い便だからか、それほど混んではいなかった。空港は混んでいて、飛行機も満席だった。
関西空港に着いて、JRを乗り継いで和歌山に行く。和歌山に荷物を置いて、御坊、湯浅、箕島を回る。御坊は紀州鉄道に乗る。湯浅は醤油資料館などを見た。古い街並みの区画は観光客がわりといた。箕島は行ったことがなかったので行ってみた。湯浅で1袋100円で売っていたミカンを買う。今日まわった沿線でもミカン畑が目立った。
今日は和歌山で泊。


定期券考

先月から、志木から御茶ノ水まで通っている。志木から池袋まで東武東上線、池袋から御茶ノ水まで東京メトロ丸ノ内線である。
志木から池袋までの運賃は314円、1ヶ月定期は12100円(1ヶ月39回分乗れば元がとれる)、6ヶ月定期は65340円(1ヶ月35回乗れば元がとれる)。以外と元をとるのがたいへんである。特に1ヶ月定期。ただ、休日に池袋まで出かけることは1ヶ月に数回程度はある。それを考えると定期券を買ったほうがいい。
また、池袋から御茶ノ水までの運賃は199円、1ヶ月定期は7290円(1ヶ月37回分乗れば元がとれる)、6ヶ月定期は39370円(1ヶ月33回乗れば元がとれる)。東武鉄道に比べると定期券の値段が安くなっている。ただ1ヶ月定期は元がとれるかとれないか微妙なところである。特にこの区間に休日乗ることはほとんどない。6ヶ月定期であれば普通に通勤すればまず元はとれると思う。
また、東京メトロは600円で24時間乗り放題、という切符を売っている。池袋から御茶ノ水だと距離が短いが、もっと長い距離だと通勤に24時間券を使ったほうがお得だったりするのかと思ったが、東京メトロの定期券は距離が伸びても定期券の値段はあまり高くならないので、さすがに定期券を買ったほうが安くあがりそうである。1日に何度も東京メトロで移動するのであれば24時間券のほうがいいだろうが、まあそれは当たり前だな。全線定期券もあるが、1ヶ月だと17300円なので、ほとんど買うメリットはないだろう。


ハロウィン

今日はハロウィンである。このブログでも過去にハロウィンについて何回か言及していた。それは検索すれば読める。
そこに書いていないことでハロウィンについて思っていることは、もし、ハロウィンがクリスマスの一週間前くらいだったら、こんなに流行っていなかっただろう、ということだ。この時期は季節のイベントがあまりない。要は隙間の時期を埋めるためにうってつけだったのがハロウィンだった、というわけだ。
日本だったらハロウィンよりも新嘗祭だ、とはなってないですね。


週末日記ー百貨

百貨店がどんどんなくなっていくというニュースがあり、それならば百貨店めぐりを本格的にやろうかと思い立つ。百貨店は折に触れていろいろ行っているのだが、写真とか撮っていてなかったりするので、記録に残すという主眼でしていこうかな、と。
そういうわけで、昨日は南浦和丸広、川口そごう、今日は丸広三つ(入間、飯能、日高)と行ってきた。特に川口そごうは閉店が予定されている。埼玉は丸広があるということもあるが、百貨店の数が多い。千葉なんか3つしかない。まあ、東京は別格であるが、神奈川よりも埼玉のほうが多かったりする。


フォン・ド・ボーのビーフカレー

なんといってもフォン・ド・ボーである。カレーソースはたしかに質の良さを感じる。ただ、具が牛肉片だけなのが若干寂しさがある。マッシュルームでも入っているとありがたかった。83点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。