Tenty17一覧

iPad Air 3rd generation購入

先日、第3世代のiPad Airを購入した。あわせてスマートキーボードも購入。iPad Airが60270円。スマートキーボードが18480円。スマートキーボードはiPad購入時には在庫がなく、取り寄せで購入から8日後に店に届いて現物を引き取った。
前回iPadを買ったのは2013年11月である。7年くらい使っていたことになる。それほど使用頻度は高くはなかったが、外国に行ったときは持っていたし、電子書籍を見るのにはよく使っていた。そのiPadもちょっと動作がもっさりするようになったというのと、現在、旅行などには今のところノートパソコンを持ち歩いているが、今後はそれをiPadを持ち歩くようにしようかな、と思ったというのもあって、今回新しいiPadを買った。iPad本体が456g、スマートキーボードは正確な重量がわからないが、足して700gくらい。私がモバイルで使っているノートパソコンは750gなので重量的にはあまり変わらないのだが、iPadの場合充電装備がiPhoneと共通で済むが、ノートパソコンだと専用のACアダプタを持って行かないといけない、という問題がある。あと、今まではメインがMac、モバイルはWindowsで、どうしてもWindowsでないとできないことはモバイルノートパソコンで作業していたのだが、メインがWindowsになったので、モバイルのその分の役割がなくなった。今あるモバイルノートパソコンは使っていくにしても、今後新調する必要はないかな、と考えたのである。Panasonicの軽いノートパソコン、今見たら26万円した。iPadがまあまあ高いといっても、さすがにそれよりは安い。
タブレットだとSurface Goという選択肢もあったのだが、私が知らないだけなのかもしれないが、WindowsだとePub形式のファイルを見るいいアプリがないのである。iOSであれば標準インストールのブックで見られる。ePubビューアーは私がタブレットに求める大きな役割の一つなので、それができないのは困るのである。
やはり新しいだけあって、わりとキビキビ動くように感じる。ポストノートパソコンとして使えるかはどうかはこれから慣れていくしかないと思う。基本、外出先でノートパソコンを使ってがっつり作業がしたい、というとき以外は、iPadを持って行くことになると思う。


2020年新座市長選挙

昨日投開票が行われた新座市長選挙。現職並木傑氏が当選した。
投票率は31.65%。前回の市長選挙が52.33%だったので20%以上下がっているが、これは前回が参院選と同日に行われたことに依るものである。前々回が36.59%であるが、前々回は5人が立候補するわりと白熱した選挙戦であった。今回の盛り上がらないぶりを考えると、この投票率は妥当とは言えるか。
報道では新型コロナウイルス対策や都営大江戸線延伸が争点みたいな書き方をしていたが、実際のところ都営大江戸線延伸については争点化されておらずむしろスルーされた感がある。どうせなら現職対立候補の朝賀英義氏には、大江戸線延伸についてラジカルに切り込んでほしかったと個人的には思ったのだが、正直肩透かしな感じがした。
ここ数ヶ月の遠出自粛で今まで行ったことのなかった新座市の各地を歩いたりしてみたが、やはり新座市という市は全体のまとまりには欠けているとは感じた。最寄り駅を中心にした生活圏があって、更にその駅から東京に向いている感じだ。過去、市長選で現職が負けたことはないし、現状が追認されて、番狂わせのようなことは滅多に起きないのであろう。


週末日記ー麦雨

昨日は国会図書館に行ってきた。事前予約制は続いているが、枠は増えていて予約をすればだいたい入れる状態なのではないかと思う。その後、虎ノ門ヒルズ駅に行く。周辺工事自体は2023年にならないと終わらないということで、オリンピックが予定どおりに行ったとしても、延期したとしても、中止になったとしても、当分は未完成である。
今日は近場を回って、新座市長選挙の投票を行った。コロナの影響か、競馬場とかでよくあるようなタイプの鉛筆を使い捨てで使うようなっていた。ただ、手指の消毒などをするようにはなっていなかった。


レッド

2020年夏新作カレーシリーズ第2弾。
辛さレベル最高値だけあって辛い。辛いが完食はした。ただ、翌日お腹の調子がよくなかったのはこれを食べた影響か?具は特徴的であった。78点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。


dailyTmusic 2020年6月分 + 5月分Tweet Activityランキング

https://dailytmusic.tumblr.com/
2020年6月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2020-06-01 mon / たけやま3.5「恋空チャイム」
  • 2020-06-02 tue / Little Glee Monster「STARTING OVER」
  • 2020-06-03 wed / DJ後藤まりこ「パンクが好き」
  • 2020-06-04 thu / 豆柴の大群「FLASH」
  • 2020-06-05 fri / Lucie,Too「ゆらゆら」
  • 2020-06-06 sat / 西恵利香「オンリーユー」
  • 2020-06-07 sun / TENDOUJI「HEARTBEAT」
  • 2020-06-08 mon / 東京少年倶楽部「flipper」
  • 2020-06-09 tue / GLAY「Into the Wild」
  • 2020-06-10 wed / 瑛人「香水」
  • 2020-06-11 thu / EMOE「Victim」
  • 2020-06-12 fri / 神聖かまってちゃん「へっぽこ聖剣士」
  • 2020-06-13 sat / キイチビール&ザ・ホーリーティッツ「妄想デート」
  • 2020-06-14 sun / hy4_4yh「故郷東京」
  • 2020-06-15 mon / 超能力戦士ドリアン「ボールを奪い合う選手全員に1つずつあげたい」
  • 2020-06-16 tue / King Gnu「どろん」
  • 2020-06-17 wed / シバノソウ「あの夏の少女」
  • 2020-06-18 thu / 26時のマスカレイド「Flash Back」
  • 2020-06-19 fri / Creepy Nuts「グレートジャーニー」
  • 2020-06-20 sat / ステレオガール「春眠」
  • 2020-06-21 sun / CYNHN「水生」
  • 2020-06-22 mon / 大阪☆春夏秋冬「Brave Soul」
  • 2020-06-23 tue / indigo la End「夜漁り」
  • 2020-06-24 wed / 神山羊「群青」
  • 2020-06-25 thu / ukka「恋、いちばんめ」
  • 2020-06-26 fri / climbgrow「MONT BLANC」
  • 2020-06-27 sat / NYOUTUBER(手島優)「ハミ乳パパラッチ」
  • 2020-06-28 sun / SEVENTEEN AGAiN「こんな日も」
  • 2020-06-29 mon / 四星球「キミの背中」
  • 2020-06-30 tue / BUMP OF CHICKEN「流れ星の正体」

Twitter版でのツイートアクティビティランキング2020年5月分のランキングである。
https://twitter.com/dailyTMusic17

  1. 私立恵比寿中学「ジャンプ」
  2. Helsinki Lambda Club「ロックンロール・プランクスター」
  3. スピッツ「ありがとさん」
  4. yonige「健全な朝」
  5. 東京事変「永遠の不在証明」
  6. teto「ラストワルツ」
  7. PassCode「STARRY SKY」
  8. DATS「Game Over」
  9. クマリデパート「サクラになっちゃうよ!」
  10. ゲスの極み乙女。「人生の針」

今月からの週末枠はBAYCAMP2020に出場する予定のアーティストの楽曲になります。


今日の市長選(200630)

新座市長選挙が28日に公示され、来月5日に投開票となっている。新型コロナウイルスの影響もあってか選挙戦が低調で、かつ自分も週3回しか出勤していないので、数回程度で終わってしまうだろうが、いつものやつをやろうと思う。
朝、志木駅南口。日本共産党公認の朝賀英義候補が活動していた。候補者本人と、小野大輔市議、工藤薫元市議、その他数人の人で活動していた。時節柄、全員がマスクをしていた。


日帰り山梨の旅

今日は山梨に行ってきた。週末パスを有効利用できる場所と考えた場合、富士急行に乗るのがいいかなということで。雨であるが構わずに行く。
八王子から特急富士回遊に乗って行くことにした。空いていた。大月まではかいじとくっついて走る。大月で切り離し。富士急行線内に入って、大月とか都留文科大学前とかで乗ってくる人がわりといた。
富士山で降りる。まあ、富士吉田なのだが。買い物して吉田のうどんを食べる。その後、街を歩こうかと思ったが、けっこう雨が降っていたのでやめておく。富士急で都留に移動し街を歩く。次第に雨は止んだ。総じて列車は往時よりも空いている。富士急行は、早朝深夜の便と特急が運休となっている。帰りに八王子に寄って帰った。


日帰り山形の旅

日帰りで山形に行く。週末パスを利用した。新幹線に乗るのは3ヶ月ぶり。指定席に乗ったが、空いていた。ただ、自由席は大宮の時点ではわりと客がいたようである。
山形に着いてまず今年頭に倒産した大沼の撮影。数年前に行ったことはあるが写真は撮らなかった。かなり古びてはいたが、いきなり倒産は驚いた。その後、文翔館に行ってみる。旧県庁が資料館になっていて、無料で入れる。わりと展示が充実していた。
左沢線に乗って、中山町、山辺町に行く。中山では温泉に入って、肉そばを食べ、佐藤錦を買った。温350円で源泉かけ流しで泉質もよくそんなに混んでいない、という温泉は東京近郊ではまあありえない。
山形からは郡山に寄って帰る。帰りは自由席にした。米沢で乗る人で窓側がだいたい埋まったが、福島で降りる人が多かった。郡山で夕飯でも食べようかと思ったが、郡山の店はよくわからず、一度行った店に行くのもなんだしと思い、他になんか惹かれるような店もなかったので、大宮でかにチャーハンを食べた。かにチャーハンはおいしかった。郡山からも自由席に乗ったが、かなり空いていた。宇都宮から乗る人もいたが、それでもだいぶ空席ありだった。


S-TRAINに乗ってみる

東京メトロ・西武鉄道を走るS-TRAINに乗ってみた。
乗った区間は飯田橋から保谷まで。飯田橋は駅の事務室で指定券を買った。駅のホームでも買うことができる。けっこうホームで発車ギリギリに買う人がいた。ギリギリすぎて買えない人もいた。一応チケットレスサービスもあって、いつも乗る人はそちらのほうが便利だと思うのだが、普通に券売機で買う人が多いようである。
飯田橋の次は練馬までノンストップである。ただ、すぐ前に普通の地下鉄が走っていて、小竹向原までは所要時間が同じなので、かなりのノロノロ運転になる。自分の隣は空いていたが、隣が空いていない席もあった。コンセントがついているので充電ができるのは利点である。ただ、座席的にはL/Cカー的な座席で、クロスシート専用に比べるとしょぼい感がある。
料金が510円で、それだけの価値があるかという疑問もあるが、豊洲から乗れば価値がありとも考えられるし、値下げしてすぐ売り切れるようでも困るしで、今の値段設定が妥当なのであろう。


オンラインやついフェス

ここのところ毎年参加しているやついフェスが今年は開催されず、オンラインやついフェスというかたちで行われることになった。基本的な方針や理念はBLOGOSのインタビュー記事を参照のこと。
まず言えるのは、このようなオンラインフェスは前例がないということ。細かい粗をあげればきりがないのだが、基本的には二日間無事に終わって、まずはそのことは充分評価されるべきであろう。
外出していた2日目の最初2時間以外、ほぼ全時間なんかしらのチャンネルを見ていた。やはり、家にいながらにして複数会場を指先一つで行き来できるのはいい。時間が押していても現場だとやきもきするが、家であればやきもきしない。ただ、どこで配信されているか、各人のYouTubeチャンネルだったり、場所が変更されていたりすると、わからなくなるという問題はある。一応、メインページにリンクが貼っているが、情報が古かったりするし、始まる前からそのチャンネルに入っておきたいので、今やっているステージを出しても遅かったりする。Next Stageみたいな欄があればよかったのだが。結局、やついフェスのTwitterがリツイートする演者のツイート、がいちばん確実な情報であったが、そこはできれば公式で把握した上で情報提供してほしいところである。
あと、オープニングとかフィナーレとかは、リアルであれば遅く行ったり早く帰ったりするので今まで見ることはなかったのだが、オンラインだと見ないともったいない(特にフィナーレ)という気持ちになる。ZOOMで参加しようとまでは思わなかったが、早い時間、遅い時間のステージも躊躇なく見られるのもオンラインの良さである。
クラウドファンディングでの支援総額は¥23,568,433とのことである。この面でも成功であったといえる。個人的にはクラウドファンディング自体には否定的な感想を持っている。クラウドファンディングの会社が手数料とりすぎとか、別のかたちで集金すべきではないかとか、そのあたりが理由なのだが、ここはその気持ちを引っ込めて、初めてクラウドファンディングしてみた。支援するときに支援者から手数料とって(最大10%かな)、支援される側からも手数料とるんでしょ?それに見合った宣伝料込みの使用料と被支援者が納得しているなら外野がとやかく言うこともないが。
来年以降はどうなるか。ライブハウスとしては、普通にライブができるのであれば客入れてライブをしてほしいに決まっているので、オンラインオンリー、ということにはならないだろうが、100%リアルで配信はなしというのももったいないので、リアルと配信のハイブリッドでうまいこと着地して続けていってほしいものである。