一覧

秋の北部九州 4日目

今日は最終日。まず博多からJRに乗る。遠賀川からバスに乗って芦屋町に行く。芦屋は元々遠賀郡の郡役所があり、元々からそれなりの街ということになるのだが、街中はあまり観光的には売り出していない。むしろ航空自衛隊の街という色合いが強いかもしれない。遠賀川から芦屋までのバスは2人しか乗客がいなかったが、芦屋から折尾までの北九州市営バスはけっこう混んでいた。北九州市内に入っても住宅地なのでけっこうこまめに客を拾っていく。芦屋町的には北九州市内は快速運転でもしてもらえれば速達性が増すのであろうが、なんせ北九州市営バスなので、北九州市民の利便性をないがしろにするわけにはいかないだろう。
折尾でうどん、かしわ飯を食べて直方まで行き、直方からはバスでイオンモール直方に行く。バスが出る10分くらい前に行ったらバス乗り場に誰もいなかったので少し辺りを散策して、時間になってバス乗り場に戻ったらすごい行列ができていた。ほとんどが若者である。1本落とすのもなんなので、混んでいるバスに乗る。たまたま感田電停で1人降りたので、そこから座った。ただ、帰りに見た直方から来たバスは空いていたので、単にタイミングが悪かっただけかもしれない。
イオンモールからは黒崎行きのバスに乗ろうかと思ったのだが、予定を変えて、直方がんだびっくり市に行ってみる。ここはなかなかの施設だった。直方が観光地だった、観光名所になりえる場所である。ただ、現状はあくまでも地元の人のための施設という様相になっている。
感田から筑豊電鉄に乗る。まあまあ利用客がいるが、減便されるらしい。黒崎から小倉に出て、時間があったので小倉の街を歩いて、焼きうどんを食べる。
帰りは新幹線で帰る。小倉から東京まで4時間40分。岡山で隣に人が乗ってきて、新横浜で降りていった。自分は東京まで乗り、丸ノ内線、東上線で帰宅。


秋の北部九州 3日目

今日はまず柳川に行く。西鉄特急に乗っていく。久留米まではけっこう客がいたが、それ以降はそうでもあらず。柳川の街を歩く。代表的な場所は御花だが、今日は婚礼があるということで中の見学はできなかった。ただ、水郷の街の雰囲気は十分に感じられた。
柳川から太宰府まで移動する。太宰府、人が多い。久しぶりだが、こんなに人が多かったけ?と思った。太宰府天満宮にも軽く参ったが、今回の目的地は九州国立博物館。特別展はボンペイで、+1200円するので、平常展のみ見ることに。それでもかなりの見甲斐はある。こちらも人はけっこういたが、落ち着いた雰囲気であった。
太宰府からは福岡ららぽーとに寄ったりした。JR竹下駅から歩いていくのだが、まずこの駅に停まる列車の本数が少ない。そして駅から微妙に遠い。ららぽーとから博多行きのバスもあり、帰りはバスに乗ろうかとも思ったが、長蛇の列でしかも遅れているようだったので、帰りは竹下駅まで戻った。
博多駅近くの飲食店だが、見た感じご当地っぽい店はどの店も混んでいる。そういうわけで、もつ鍋をテイクアウトした。阪急の地下で揚げ物も買う。ホテルでゆっくり食べた。


秋の北部九州 2日目

今日は長崎に行った。博多からの武雄温泉経由で西九州新幹線で長崎である。指定席は事前に抑えておいた。特急はまずまずの混雑。新幹線はキャパが大きくなるか、どちらかと言うと空いていると言っていいくらいだった。まず武雄温泉から嬉野温泉までが近い。ただ、その先はこんなもんかなという速さの実感だった。それより博多から武雄温泉までスピードアップを図った方がいいように思う。
長崎ではバスで深堀まで往復して、トルコライスを食べた。バスはわりと混んでいて、地元の人に利用されている感じがする。それより、路面電車が劇混みだった。こちらは観光客多めであった。
長崎から佐世保までシーサイドライナーに乗る。新車だが2両編成でほぼロングシート。わりと混んでいる。海沿いの場所では無理矢理海を見た。観光客風はハウステンボスまで乗る人が多かった。ここで鹿児島本線が人身事故という情報を得る。これから博多に戻るので心配したが、結果的には影響がなかった。
佐世保では佐世保玉屋、海上自衛隊佐世保史料館に行ってレモンステーキを食べた。佐世保からはが特急に乗って帰る。始発なので自由席に乗ったのだが、現地で知ったのだが佐世保から早岐までは特急料金を払わずに特急に乗れるのであった。佐世保から早岐の列車を減らしたことによる措置なのだろうが、ちょうど帰宅時間帯であり大混雑であった。そして、ほとんどの人が早岐で降りた。真っ当に特急に乗りたい客からすると迷惑である。その後は、武雄温泉、佐賀で乗る人が多かった。武雄温泉もこの時間はリレーつばめがなく、佐世保特急がリレーつばめの代わりになっている。色々せこい。


秋の北部九州 1日目

今日から四連休として、九州へ出かける。
羽田空港から福岡空港まで飛行機で飛ぶ。なんか飛行機に乗るのも久々だ。安全策で朝一のバスに乗る。大幅値上げしてから初めてバスに乗るが、ほぼ満席状態だった。値上げしても客が乗るなら、値上げするだろう。飛行機も空席はあったが、私の隣は埋まっていた。
福岡空港から天神に行ってバスに乗って飯塚に行く。新飯塚駅の少し先まで行きたかったので、新飯塚駅行きのバスは見送って次の西鉄後藤寺行きのバスに乗る。新飯塚駅行きは普通の路線バスの車体だったが、西鉄後藤寺行きは特急バス的な車体であった。ただ、だいぶくたびれていてはいた。福岡市内から乗ったのは6人ほど。小倉行きのバスが数十人乗っていたのとは対照的である。ただ、飯塚市内から乗る人はけっこういた。
飯塚市内を歩く。歴史資料館に行ったが、けっこう展示内容がよかった。帰りはJRで博多に戻る。バスの車内に忘れ物をしてしまい、天神まで取りに行くことになった。行きはBRTというバスに乗るが、連結車両なものの、だいぶ遅れていて、専用レーンがあるわけではないので、あまりRapidではない。戻りは地下鉄に乗った。
焼き鳥を食べて1日目締め。


秋の近畿旅 3日目

今日は午前中は大阪城公園に行った。さすがに賑わいがある。そこから難波に行く。こちらも賑わっている。
さて、難波からは近鉄特急ひのとりに乗って名古屋に行く。せっかくだからとプレミアムシートに乗った。指定席券はこの前名古屋に行ったときに買っておいた。そのときはだいぶ空席があったが、座席が埋まっていた。プレミアムシートはプレミアム言うだけあるが、もう乗ることはなさそうである。そもそも、名阪間を近鉄特急で移動することはないかもしれない。途中駅に行くのに特急利用はあるかもしれないが。それでも、津・名古屋をプレミアムシート利用の人もいた。津・名古屋なら乗ることあるだろうが、その区間なら普通の座席かな。
名古屋では、リニア・鉄道館に行く。あおなみ線に乗っていく。15分に1本で思ったより本数少なめだったが、そんなに客はいなかった。リニア・鉄道館は車両の展示がメインということになるが、東日本や西日本の類似施設と比べると、規模が小さいように感じた。特に、この前行った西日本の施設は歴史的に意味がある場所に作られており、それが活かされた施設だが、東海は埋立地に作っただけなので、見劣りする感は否めない。
名古屋から新幹線で帰る。さすがに満席。今日は東京駅までしか乗車券が有効ではないので、丸ノ内線、東上線で帰宅。


秋の近畿旅 2日目

今日は午前中は山電網干線沿線を回った。途中から雨が降り出す。午後の予定は変えた。昨日混んでいた阪急神戸線だが、今日は行きも帰りも座れるくらいの混雑度だった。雨の影響かもしれない。山陽電気鉄道の電車にけっこう乗ったが、だいたい空いている。飾磨周辺では今日は神社の祭りを行なっていた。あれから雨に降られただろうな。


秋の近畿旅 1日目

今日から近畿方面に繰り出す。
東京から新幹線に乗って新大阪まで行く。やはり満席であった。午前中は千里、川西と行って、午後は主に西宮に行く。久しぶりに阪急甲陽線や阪神武庫川線に乗った。けっこう客が乗っていて、需要があるから路線があるということか。あと、甲子園にも行って、甲子園歴史館に行ってみる。900円するが、甲子園球場のバックスクリーン下に行けるのはいい。
今日は十三に行く。西宮北口から十三まで特急に乗ったが、通勤電車並みに混んでいた。10分に1本というのが、少ないのではないかと思う。


かんとう★てつどうスタンプラリー開催

例年、かんとうみんてつスタンプラリーという企画を行っていて、一昨年までは以下のようにまとめており、
https://blog.free-active.com/?s=%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%A6%E3%81%A4
数年前までは参加していたのだが、毎年成田湯川と芝山千代田に行くという企画になっており、自分の中では封じていた。しかし、今年鉄道開業150周年ということで、かんとう★てつどうスタンプラリーという名前でJR東日本、東京都交通局、横浜市交通局が参加をするという拡大版になったということで、久々に参戦することにした。
https://www.kantetsukyo.jp/archives/plaza/plaza-16876
去年からそうなったとのことだが、furariというスタンプラリー用のアプリを使う。以前は独自のWebアプリだったり、駅奪取を使ったりしていたが、スタンプラリー用のアプリということで、シンプルに使うことができる。100mまで接近して位置登録すればスタンプが取れる、ということになっている。今のところ地上駅のみしか使っていないが、特に問題なく使える。
スポットは55で、うち博物館・記念施設が9。今回はコンプリートを目指してみようかと思う。


ほぼ愛知県の旅 3日目

今日はまず名鉄に乗って西尾に行く。スムーズに行ったので予定より1本早い電車に乗る。そうしたら、名鉄名古屋本線が人身事故で運転見合わせになった。そのときは既に西尾線に入っていたので影響はなし。予定通りだったらちょうど人身事故にはまっていた。西尾では西尾歴史公園、岩瀬文庫あたりを巡った。
西尾からは吉良吉田経由で蒲郡まで行く。このときはダイヤはほぼ乱れていなかった。何気なくSuicaで入場したが、吉良吉田から先、蒲郡線はICカードは使えなかった…。中間改札で精算する。蒲郡線はわりと乗客がいた。西幡豆ではイベントがやっていて、その客もけっこういた。ひとまずは安泰だろうか。蒲郡からは豊橋に出て、豊橋の町中を回る。市内電車にも乗り通した。
豊橋から新幹線で帰る。2時間に1本しか停まらないひかりということで、豊橋から乗る人が多かった。指定席は満席であった。台風、人身事故とあったが、自分は影響を受けずに旅を終えることができた。


ほぼ愛知県の旅 2日目

今日は午前中は名鉄津島線沿線を歩く。昨日と打って変わって天気がいい。その後、津島の街を歩いてバスで名古屋市内に戻って、港区内を回るという行程。バスはどのバスもけっこう利用客がいた。ドニチエコきっぷは市営バスにも乗れて、相当安いなと思う。