一覧

紀州半島三連休 3日目

今日は主に南海加太線に乗った。2両編成、30分間隔というのは頑張っていると言えるか。最初に乗った電車はおそらく友ヶ島に行く人が多数乗っていた。最後に駆け足ながら加太の町を歩く。ちょっとした観光地だ。その前に和歌山城にも行ったりした。こちらはわりと観光地で、朝早くてもけっこう人がいた。
JR和歌山駅に戻り、大阪に行く。紀州路快速を大阪まで乗り通し。思ったよりは混まなかった。大阪は本当に人が多い。中央口の券売機は大行列だった。阪神百貨店のいか焼きも大行列である。帰りの乗車券を買う必要があったのだが、北新地駅の自動販売機で並ばずに買い、早めの夕食も17:00ラストオーダーのしゃぶしゃぶのNew KOBEで食べる。私の知る限り一人しゃぶしゃぶの店は東京にはないし、大阪ならではある。
大阪から新大阪までは初乗車のおおさか東線に乗った。大阪の時点でもわりと乗客がいて半分くらいは新大阪で降りた。あとは新幹線で帰るだけだ。混んでいたが、なぜか私の隣はずっと空いていた。東京から山手線、東上線で帰宅。


紀伊半島三連休 2日目

紀伊勝浦から特急で紀伊田辺まで行く。自由席でいいかと思ったが、特急くろしおは全席指定席であった。その場で買ったが、空きはあった。勝浦から田辺まで2時間弱かかる。海側の席を取ったので景色が楽しめた。
紀伊田辺に着いて街を歩く。ひどく寂れているわけでもないが、賑やかなわけでもない、一般的な地方都市と言うべきか。田辺の街自体には観光的な要素があまりない。南方熊楠顕彰館くらいか。あと、日曜日休みの飲食店が多かった。
紀伊田辺からは普通列車で乗り継いで和歌山方面まで行くが、せっかく御坊で乗り継ぐので、1時間時間を作って紀州鉄道に乗る。ほとんどが趣味で乗っているような客であった。
和歌山手前の紀三井寺にも寄っていく。ケーブルカーがあるが、16:30で終わりだった。ただし、諸々で600円かかる。歩いて登ると4月4日まで参拝無料と書かれていた。本堂は荘厳、上からの景色もいい。今日は宮前駅に近いホテルに泊まる。


紀伊半島三連休 1日目

今日から三連休。紀伊半島に出かける。
そういうわけで、まずは東京から新幹線に乗って名古屋に行く。朝早いからは満席にはならず、隣は空いていた。名古屋で特急南紀に乗り換える。新幹線との乗り換え口からいちばん近いホームだった。特急車両は新しく、コンセントもついていた。こちらはけっこう乗っていて、松阪で隣に人が来た。特急列車を新宮で降りる。紀伊長島から尾鷲が山深くなる。
新宮では街を歩く。熊野速玉神社などは行ったことがなかった。神倉神社は登り口まで行った。けっこう登っている人がいて、苦労して登って静寂を感じるどころか人の渋滞にはまるのもなー、という感想。
今日は勝浦温泉に泊まるので、普通列車で紀伊勝浦まで移動する。2両編成でほとほどの混雑度。自転車の持ち込みをしている人もいた。ホテルに荷物を置いて海側にも行ってみる。お蛇浦海岸は巨岩と波の迫力で景勝地といえる場所だったが、誰も人がいなかった。ただ、勝浦温泉自体にはけっこう観光客がいて町を歩いている。早めの時間にマグロづくしの店に入って夕餉としたが、けっこう客も入っていて、これからも客が増えてきて満席になりそうな感じであった。ホテルに戻って、温泉がついているホテルなので、入った。


新春九州旅 3日目

今日はまず佐伯から延岡までの普通列車に乗る。これが1日1便。重岡までの区間便はあるが、それ以降は始発が終電である。まず驚いたのが特急車両が使われていたことである。しかし1両目にしか乗れない。1両目にはグリーン車がついているのだが、そこに座るにはグリーン料金がいる、1000円。ネタで乗ったのか、1人乗っていた。他に佐伯からは3人乗車。上岡から1人乗車した。上岡駅前にもホテルがある。大分県内からは他に乗らず。宮崎県内に入って市棚で1人乗ってきたが、以降は乗ってこなかった。
延岡に着いて街を歩く。延岡に泊まったことはあるが、街を歩くのは初めてだ。延岡、お金があるのかけっこう文化的な施設がある。博物館も無料である。延岡城にも登ったが、ここは人がいなかった。その後、日向市に移動。駅前にある施設で電動サイクルを借りる。細島の町を回って、日向岬を見て、鵜戸神社、大御神社とまわる。道中は坂道もあるので電動でないと厳しい。細島はかつては賑わっていた場所なのだろうが、海の駅だけは賑わっていた。ただ、妙国寺に行く途中で三三七拍子が聞こえて、地域の人が集まっていたので、そういうつながりが残っていることを感じられた。日向岬、馬の背はかなりの絶景だった。ちょうど誰もいない時間帯に景色のいい場所にいられて、まさに独り占めである。けっこう観光客が多かったのでこれはかなり贅沢だった。人が来たので撤退したが、その後続々と人が向かっていった。鵜戸神社は狭いところに人が集まっていて順番待ちをするような状態で、ここで独り占めを無理。
日向市からは宮崎空港に移動し、あとは帰るだけである。飛行機は19:50発だがほぼ満席状態。時間も遅いので最速ルートということで和光市駅行きのバスに乗る。発車20分前に買った時は28席空席があったのだが、最終的にはほぼ満席だった。和光市から遅延の東上線で帰宅。もっとも遅れたおかげで若干早く着けたのだが。


新春九州旅 2日目

今日はまず臼杵まで行く。降りるのは上臼杵。2両編成で見合うくらいの客数。臼杵の町を歩く。臼杵は13年ぶりだった。前回はゴールデンウィークに行ってけっこう人がいたが、今日はそれほどは人はおらず。資料館、稲葉家下屋敷、臼杵城など前回行かなかった場所も行く。
臼杵から佐伯に移動。今日は佐伯で泊まる。ホテルに荷物を預けて街を歩く。臼杵に比べると観光地ではない。ただ、歴史と文学の道など観光要素もある。臼杵城は標高140mほどの城山の山頂にあるが、時間があったので登った。けっこう登っている人がいた。あと、誕生日ということで奮発して寿司を食べる。


新春九州旅 1日目

今日から三連休、九州に出かける、と言いたいところだが、実は前日、本日乗る飛行機が欠航になったというメールがきた。先日の羽田空港での事故が影響しているとのこと。そういうわけで、すぐに前の便に予約変更する。そうなると、志木から始発で行ったのでは間に合わない、バスでもわりとギリギリということで、池袋のネットカフェで夜を明かした。一睡はしたが、二睡はできず。こうなると帰ってくるのも不明瞭だが、とりあえず出かける。今夜の時点では予定通り飛ぶようだ。そして今朝池袋始発の山手線に乗る。これはそれほど混んでおらず。時間があったので品川から京急で始発の羽田空港行きに乗る。品川の時点でも割と混んでいたが、進むにつれて人が乗ってきて、空港線はかなり立ち客がでた。ただ、6分後に京急蒲田始発の羽田空港行きがあるので、空港線の駅からあえてこの列車に乗る必要がある?とは思ったが。
羽田空港から福岡空港行きの飛行機に乗る。朝早くにしては客は多かったが、私の隣は空いていた。福岡空港に着いて地下鉄で博多に行き、地下鉄七隈線未乗区間に乗る。乗り換えには割と時間かかる。さすがに通路は新しい。けっこう客がいた。
キャナルシティに寄った後、博多まで出てイオンモール福岡行きのバスに乗る。途中から勝田線の跡を辿ることになる。イオンモールに行った後は酒殿駅まで歩き、時間があったので宇美まで往復する。なお、今日は青春18きっぷを使っている。長者原まで出て新飯塚まで移動。ちょうど博多行きも同時刻発だったが、こちらは4両編成なのに向こうは2両編成でたいへん混んでいた。田川後藤寺経由で添田まで行き、添田からBRTひこぼしラインに乗る。日田彦山線の一部区間が災害で不通になり、復旧を諦めてバス転換された区間である。添田駅は列車とバスが対面で乗り換えできるようになっていたが、駅舎は無くなっていた。トイレも1つしかない。添田から乗ったのは十数人で地元の人は1人だけのようだった。途中で地元っぽい人が乗り降りしたが、ほとんどは他所から来た好事家である。彦山から宝珠山までが専用道路を通り、Rapid感がある区間である。他の区間は一般道を通ったほうが既存の集落の近くを経由することになり利便性が増すと考えられているのであろう。久大本線並行区間の日田郊外の店舗が多くあるエリアにも乗り場が設定されている。また、今山は旧駅の前、光岡は既存駅の前までバスが乗り入れている。光岡ではそこまでしなくていいように思うのだが、駅前が狭く、大きなバスでは入ることができない。
日田からは普通列車で大分に移動する。今日は大分で泊。


日本全市町村制覇プロジェクト 2023年進捗

2017年から始めている日本全市町村制覇プロジェクト。2023年は6の町村をまわった。

  • 2023/03/20 広島県神石郡神石高原町
  • 2023/05/05 沖縄県島尻郡久米島町
  • 2023/06/23 長野県下伊那郡下條村
  • 2023/07/16 青森県下北郡東通村
  • 2023/08/12 長野県東筑摩郡山形村
  • 2023/08/28 北海道阿寒郡鶴居村

現時点での未踏の市町村は以下の58市町村である。
北海道:檜山郡厚沢部町、利尻郡利尻町、利尻郡利尻富士町
青森県:三戸郡新郷村
岩手県:岩手郡葛巻町
山形県:西村山郡西川町、西村山郡朝日町
福島県:岩瀬郡天栄村、南会津郡檜枝岐村、大沼郡昭和村、東白川郡鮫川村、石川郡古殿町、双葉郡川内村、双葉郡葛尾村
群馬県:利根郡川場村
東京都:利島村、新島村、神津島村、三宅村、御蔵島村、八丈町、青ヶ島村、小笠原村
新潟県:岩船郡粟島浦村
山梨県:南巨摩郡早川町
長野県:南佐久郡南相木村、南佐久郡北相木村、下伊那郡大鹿村、木曽郡王滝村、東筑摩郡朝日村、上高井郡高山村、北安曇郡池田町
静岡県:賀茂郡南伊豆町
愛知県:北設楽郡豊根村
大阪府:南河内郡千早赤阪村
奈良県:吉野郡下市町、吉野郡黒滝村、吉野郡天川村、吉野郡野迫川村、吉野郡下北山村、吉野郡上北山村、吉野郡川上村、吉野郡東吉野村
岡山県:真庭郡新庄村
佐賀県:東松浦郡玄海町
熊本県:阿蘇郡小国町、阿蘇郡産山村、球磨郡山江村
宮崎県:東臼杵郡諸塚村、東臼杵郡椎葉村、東臼杵郡美郷町
鹿児島県:鹿児島郡三島村、鹿児島郡十島村、出水郡長島町、大島郡喜界町
沖縄県:国頭郡伊江村、島尻郡渡名喜村、島尻郡伊是名村
目標8町村だったのだがそれを下回る6町村に終わった。1つは天気が悪くペンディングしたという事情があるが、それにしても少なかった。今年は最低でも8町村行きたい。ただ、数が減ってきて行く難易度が高くなっているという現実もある。


長野県まで移動

旅なのかなんなのかわからないが、旅カテゴリで書く。
昨日の話。まず中央本線で大月まで行く。高尾から乗るのは甲府行き。6両編成だが立ち客が出るほどに混んでいた。ただ、進むにつれ若干客は減っていく。大月では立ち客はいなくなっていた。大月からは富士急行に乗る。3両編成でだいぶ客が乗っており半分くらいは外国人客と、自分が学生のときと比べると隔世の感がある。都留文科大学前では文大生っぽい若者が乗ってきた。そして、下吉田で主に外国人が大量に乗ってきた。新倉山浅間公園が外国人のあいだで人気だそうなので、そこに訪れた人たちか?私は富士山で降りて、吉田のうどんを食べて富士山を見た。富士山駅からは甲府駅行きのバスに乗る。富士山駅から乗る人もけっこういたが、河口湖駅から乗る人が多かった。やはり外国人が多く、問い合わせなどもあったりするし、普通に道は混んでいるしで、甲府駅には20分ほど遅れて到着した。甲府駅まで乗る人もわりといた。この日は甲府に泊。
今日は甲府から中央本線、小海線経由で小諸に出る。朝早い列車なら空いているだろうという目論見通り、中央本線普通列車は空いていた。小海線も小淵沢の時点ではわりと空いていて、小海線のいい部分ではゆったり鉄道の旅を楽しめた。佐久に向かうにつれ乗客が増えてくるのは仕方ない。佐久平で大量下車。あまり乗る人はおらずで佐久平から小諸までは普通に座れるくらいの混雑度であった。


瀬戸内三日間 3日目

今日は朝は道後方面を軽く回り、松山市駅に荷物を預けて、伊予鉄道郡中線、郡中の街を回った。郡中線は最近減便したと思うが、単線で20分に1本、3両編成はわりと頑張っているほうだと思う。やはりエミフル松前最寄の古泉駅の利用客が多い。
今回はALL IYOTETSU 1Day Passというパスをスマートフォンで買った。1900円という値段をみると一見高そうだが、バスにも乗れ、790円する空港リムジンバスにも乗れる。あと、くるりんという伊予鉄高島屋の観覧車にも乗れる。これはあまりに混んでいたら乗らなくてもいいかと思ったのだが、数人待ちの状態だったので乗ってみることにした。若干、窓のクリアさがなくなっているはいるが、松山城などはしっかりと見える。
松山市駅からバスで松山空港に出て、羽田空港行きの飛行機に乗る。隣席は空いていた。羽田空港に着いて、池袋行きのバスに乗る。次のバスは残席2だったが、その次のバスは10分後にありかなり空いていた。池袋から東上線で帰宅。


瀬戸内三日間 2日目

今日はまず福山からまっすぐ笠岡に行くつもりだったのだが、もろもろあって井原鉄道で矢掛まで行く。井原鉄道はけっこう乗客がいた。矢掛で乗る人も多かった。矢掛からはバスで笠岡まで行く。矢掛町内では客が私一人だけでだけだったが、笠岡市に入って、吉田あたりから人が続々と乗ってきて、ほぼ座席が埋まる。
笠岡からは船旅になる。まず真鍋島行きの船に乗る。定員50人くらいの小さい船だが、新しく、コンセントもついていた。JRからの接続からかけっこうギリギリになって乗る人が多く、ほぼ座席が埋まった。本州の神島、高島、白石島、北木島と寄り、真鍋島に着く。真鍋島まで行った人は10人ちょっとだった。真鍋島では魚介系の食べ物が食べられる店が2軒あるというような情報だったが、一軒は「本日休業」、もう一軒は予約のみということで、カレーを出しているカフェに行く。ここ以外に食事をとれるような店はないので、存在はありがたい。わりと他にはないような工夫を感じるカレーだった。その後、真鍋島を歩く。猫がけっこういる。餌をもらえると思って近づいてくる猫もいたが、餌になるようなものを持ち合わせていなかった。あとで、港の近くで猫の餌が300円で売っている自動販売機があったことを知る。
真鍋島から土曜日のみ運行している佐柳島行きの船に乗る。真鍋島は岡山県、佐柳島は香川県、県境越えの船が週に一回のみ運行している。その船だが、乗客は3人だけだった。佐柳島は猫の島ということで、猫とそれ目当ての人がいた。
船で多度津に移動し、多度津からは特急列車で松山まで行く。指定席をとっておいたが、それほど混んではおらず。新居浜で降りる人が多かった。今日は松山で泊。