YATSUI FESTIVAL! 2019

一昨日の話になるが、毎年恒例であるやついフェスティバルに行った。去年は2日間参加したが、今年は1日だけにした。雨が降っていたからかもしれないが、duo Music EXCHANGEなんていつ行っても人でいっぱいで、時間的にもおしていた。O-EASTのステージも、時間が足りなくなったり、転換時間が足りていなかったりで、全体的にもう少し余裕をもたせたほうがいいのではないかと思った。
フルで見たのは以下の6組。

永井真理子

去年も出ていたのだが時間があわなくて見られず。当時90年代ガールズポップ好きだったし、他のフェスには出ない、やついフェスっぽい出演者だったので一度見ておこうかと。一時期オーストラリアに行っていて、おととしから歌手活動再開となっているが、衰えみたいなものは感じなかった。というか、今年齢調べたらもう52歳!そうは見えない。

ぱいぱいでか美

3年連続で出演しているが、自分が見るのは2年ぶり。2年前にはあまりいなかった若い女性の客がけっこう目立った。ただ、2年前もいたファンと同じ人っぽい人はいた。なんだかんだ言ってかなり真面目な人なので、その真面目さがステージに出ている。最後の曲では吉川友も登場。チェックしていなかったけどTwitterで事前告知していた。「吉川」と書いたTシャツを着ていた人がいたからそうかとは思っていたが。

toddle

5年連続の出場で、自分が見るのは3回目。プレイにアグレッシブさが増したように感じた。あと、わりとMCの量が多めである。ローファイな仲のいいおじさんおばさんの会話。toddleのステージは開演10分くらい前に行っても前のほうに誰もおらず、後ろのちらほらという感じでビビる。開演するころにはだいぶ埋まっているのだけど。

吉澤嘉代子

日本の20代女性シンガーソングライターの中ではトップクラスだと思っている。ステージを見るのは初めて。いちばん広いO-EASTでのステージながら、ベテランバンドメンバーを従えながら堂々したもので、かつMCではなんかグダグダと、天性の歌姫なんかなと感じた。本人が望めばこれから長く音楽活動を続けていけるのであろう。自身でギターを弾きながら歌ったり、楽器は持たずに歌ったり。サポートにギター、ベースがいないというは、自分としては珍しい形態であった。

羊文学

3月に新宿のサーキットフェスに続いてみることになる。この日はほとんどMCをせずひたすらプレイ。自分が音源をわりと聞きこんでいるというのもあるかもしれないが、前回よりもだいぶクオリティがあがったように感じた。自分としてはこの日のベストアクトである。3人で向かい合って弾いているときの塩塚さんの笑顔が素敵である。アンプにのっていた羊の置物がなんかかわいらしかった。

集団行動

集団行動も3年連続であるが、自分が見るのも3年連続。もはやだいぶこなれてきたな、という感想。O-WESTこの日最後の出演ということでアンコールを行い、いちばん盛り上がる「鳴り止まない」で締めた。遅い時間のわりにはだいぶ客は入っていたと思うが、バンドの勢いがいまいち広がらない感もある。個人的にはMCの演出とか、あういうのを繰り返しやるのは要らないと思った。

その他

1日に6組をフルで見たのは過去最高で、けっこうびっちり詰まっていたのだが、お笑いもいくつか見て、特にハリウッドザコシショウでかなり笑ってしまった。なんだろう、以前はそれほど面白さを感じなかったのだが。フリップを見ただけで笑う始末。なんか自分が変わったのかな。


週末日記ー水月

昨日は雨降りであったが、やついフェスに行ってきた。詳細は明日。
今日は水戸に行く。行きは高速バスで行った。朝1便の8:10発はけっこう混んでいるようだったが、次の8:30発に乗って、それは隣席に人が来ないほどの乗客数であった。大工町で降りて水戸の街を歩く。駅から歩くと上り坂になるのが辛いかも。南町にあったステーキの店で昼食。水戸に2店舗あるようだ。帰りはJRで帰る。


岡山・広島の旅 3日目

今日は倉敷から尾道に移動。ここは6両編成だった。尾道では向島に船で渡る。100円で渡れる。自転車での利用客が多かった。尾道もイオンが閉店となり、向島のほうがスーパーなどは充実している。向島は今は尾道市となっているが、別に合併しなくてもよさそうとも思うが、いろいろ事情があるのだろう。朱華園という尾道ラーメンの店が休業になるということでそのニュースは知っていたが、開店30分前にもかかわらず、数百人くらいの人が列を作って待っていた。さすがに待ちすぎではと思った。
尾道から三原に移動して、三原から広島空港行きのバスに乗る。尾道から空港行きのバスはない。広島行きのバスに乗って途中で福山から来る空港バスに乗り換えるルートが案内されているが、かなり接続が悪い。三原から広島空港行きのバスに乗るのは初めてだったが、普通の路線バスだった。途中で下車することも可能で、現に旧本郷町内で降りていく人が何人かいた。
広島空港でお好み焼きを食べて、飛行機に乗って東京に戻り。飛行機は混んでいた。空港からはバスで和光市まで行き東上線で帰着。


岡山・広島の旅 2日目

今日はまず津山からバスに乗って鏡野町まで行く。鏡野町中心部の一般的な観光施設といえば、山田養蜂場がやっているショップか。中ではちみつのアイスクリームを食べた。あと、夢広場という物産センターで売っていた鳥のメンチカツがおいしかった。
院庄から姫新線に乗って新見経由で倉敷まで行く。姫新線は1両編成で高校生の客が多かった。伯備線は普通列車に乗る。こちらは2両編成。
今日は倉敷で泊。美観地区にも行ってみたが、さすがに観光客が多かった。


岡山・広島の旅 1日目

入院で一回飛んだので久しぶりの旅行な感じがするが、一ヶ月ちょっとぶりである。そんなに久しぶりではないか。
まず昨日の夜の話だが、仕事が終わって直で東京駅からサンライズに乗ってきた。一応発売日当日の昼に買ったのだが、その時点でサンライズ出雲は満席、瀬戸は空いているということで、瀬戸に岡山まで乗ることにした。木曜日の夜ながら満席とアナウンスされていた。たいへんな人気である。ただ、実際には空いている個室があったが。
岡山に着いて、湯郷温泉に行って津山に抜けるというプランを考えていたのだが、岡山も雨で、湯郷温泉あたりはすごい雨という予報になっていた。岡山県で温泉というミッションはあったのだが、大雨は辛いので、予定を変更して岡山駅からバスで行ける温泉に行くことにした。岡山みやび温泉という施設である。バス停から少し歩くが、徒歩圏内である。鉄道では北長瀬駅から徒歩20分くらいなので若干距離がある。けっこう広めの温泉施設であった。朝7時からやっているのがありがたい。風呂に入っているときは驟雨というレベルの雨が降っていたが、行き帰りはなんとか許容範囲内の雨であった。
岡山駅に戻って、JRで津山まで行く。若者がけっこう乗っていたが、岡山の次の法界院でこぞって降りていき、以降は空いていた。津山に着くと雨はやんでいた。津山からバスに乗って奈義町に行く。けっこうバスの利用客は多かったが、津山市内の病院とイオンの利用客が多かった。奈義町は人口5600人ほどの町だが、町の中心部に美術館もあったりして、おしゃれな雰囲気もある。奈義町の場合は自衛隊駐屯地があるという事情もあるが、本当はこれくらいの規模の町で成立して、日本に当たり前にあるのが理想なのだろうが、現在では日本にも数少なくなっているのが実情である。
今日は津山に泊。津山中心部も高校生が多かったりしてそういう賑わいはあるが、どちらかというと商業的には東津山のほうが賑わいがあったりする。


品川駅港南口

以前に、品川駅の港南口に向かう人の渋滞っぷりを映した動画がTwitterでバズったりしていたが、まあ、確かにすごい人である。単に人が多いというのもあるのだが、あれはJRの工夫のなさの現れで、ホームは港南口方面、南側に広がっているにもかかわらず、改札口は北側にしかなく、人が集中した上で、港南口側に人がこぞって移動する、という構図になっている。単に港南口側に改札を作ればいいと思う。中央リニア新幹線ができたら解消されるのだろうか。
あと、港南口側にビル多過ぎという問題もある。以前も少し書いたが、港南口はビルが多く人通りも多いにもかかわらず、人が歩く道はプアで、しかも導線が考えられていない。街づくりに失敗している。本当につまらない街なのだが、そういう街のほうが仕事には集中できるということで、仕事場が集まっているのか知らん。


見つけて!三国志

3ヶ月くらい前から見つけて!三国志という位置ゲームをやっている。日本全国のエリアでチェックインして、三国志の武将を登用したり、戦ったりみたいなゲームであるが、このエリアというのが市町村単位より細かい、町丁や大字という単位で区分けされている。ひじょうに細かい。まあ、方々に行く機会は多いので、続けている。
ただ、このゲーム、やっている人がかなり少ないようで、5月上旬の時点で、チェックインエリア数が83位となっている。2ヶ月やっただけで2桁順位。今やっているイベントもそれほどの実力がないにもかかわらず73位。結局、力入れてやっているのは100人くらいなのではないか?というレベルである。自分は一切課金していないので、課金している人はどれくらいなのか?と思ったりもする。公式のホームページやTwitterもあまり更新されていないが、ゲーム自体は定期的にバージョンアップを行っている。やる気があるのかないのかわからないし、収益が出ているのかもわからない。あまりつぎ込みすぎると終わったときにショックなので、ショックにならない程度にやっていきたい。


第7世代 iPod touch発売

https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1187066.html
第7世代のiPod touchが発売されるという。約4年ぶりのリニューアル。
これを待って待って待っていたのだが、結局3ヶ月前に第6世代のiPod touchを買ってしまっていた。もっとも、その間に新しいiPod touchの価値を享受していたので、まあしょうがないかな、という感じ。今使っているのが普通に使える限りは新しいのは買わないが、第8世代が出るとしても、4年くらいは開く可能性があるということは念頭においておく。


週末日記ー病上

昨日は通院の後、川越に行く。本当は今月は青森で温泉に入るつもりだったのだが、行けなかったので川越の温泉に行く。駅から歩いていけなくもないのだが、暑かったこともあって大事をとって行きも帰りもバスで。本数は少ないのだが、ちょうどいい時間であった。炭酸泉につかって療養感を得る。
今日は江東区、足立区あたりに行ってきた。半蔵門線が伸びて両区がつながったなという印象。


入院によるキャンセル

本当は今週末は青森に行く予定でだったのだが、入院したことによってキャンセルした。
今回は飛行機とホテルをキャンセルする必要があった。ホテルはインターネット上でキャンセルできて、スマートフォンを使ってキャンセルできたので問題なし。飛行機については、今回はどこかにマイルを使うという特殊事情があり、その場合のインターネット上でのキャンセルの仕方がわからなかった。結局6000マイルをフイにするだけなので、それが戻ってくることは期待してはいなかったが、乗るべき人が乗らないで困るのは航空会社(JAL)のほうである。
入院中は基本的にはベッドからの自力での移動禁止であったが、搭乗予定日前日になると自力でロビーまで歩いて電話をかけることができるようになったので、電話で問い合わせることにした。すると、入院の場合、入院診断書を提出すればマイルが戻ってくるという。とりあえずキャンセル手続きはして、入院診断書云々については退院してから、ということになった。どうせ保険の手続きで入院診断書が要るのではと思っていたのだが、保険のほうは領収書があればいいという。そして、入院診断書を作ってもらうにもお金がかかる。飛行機の払い戻しのためだけに入院診断書を作って送っても、結局相殺されてあまりメリットがない、みたいなことを伝えたら、領収書をファックスで送ってもらえればいいということになった。ファックスで送信し、マイルが返ってくるキャンセルとなった。普通に買った搭乗券をキャンセルする場合でも、入院が理由であればキャンセル料はかからないので、とりあえず問い合わせるのが吉であろう。
で、今回は鉄道の指定席券は買っていなかったのだが、その場合はおそらくどうしようもないだろうと思った。まず、その切符を手元に持っている可能性が低い。(旅行に持っていく鞄に入れている可能性が高い。)基本的には一回発券してしまえば駅の窓口でキャンセルするしかない。切符が手元にあった場合、見舞に来てくれた人にキャンセルをお願いするくらいしか方法はなさそうである。最近はモバイル指定席券も採用されはじめてきているので、そちらにシフトしていくのがいいかもしれない、が、入院しないのがいちばんである。