夏の北海道 2日目

今日はまず千歳から苫小牧に出る。2両編成の普通列車東室蘭行き。そこそこの乗客数。
苫小牧から日高を下って、更に十勝を上って帯広に抜ける。まずは鵡川行きの列車に乗る。2両編成でけっこう乗客はいた。30分ほどで鵡川に着。鵡川からは代行バスに乗って静内に行く。5年前に乗ったときはけっこう座席数が多いバスだったのだが、今日はそんなに座席数が多くないバスが充当されていた。それでいて、列車から乗り継いだ客などが多く、けっこう混雑した状態であった。静内まで乗り通す客がほとんどだが、その他細かく条項があった。静内ではバスの系統が変わるが、実際は鵡川からのバスが引き続き様似まで行く運用だった。ただし、乗務員は交代する。静内で降りる人は多く、ここからはわりと落ち着いた客数になった。それでも10人以上は乗っていたか。代行バスは各駅の近くまで立ち寄るのかと思ったが、絵笛や西様似まで国道沿いのバス停に停まって、駅の近くまで立ち入らないケースもあった。
様似では時間があったので昼食をとる。あまり飲食店がないが、その中でも良さそうな店で、名物のつぶ貝メインの刺身定食を食べた。わりと人気な店だった。刺身もそうだが、鮭のあら汁がおいしかった。
様似から広尾行きのバスに乗る。窓口で「南十勝・えりもとんがりロード散策きっぷ」を勧められてそれを買う。帯広まで途中下車をしながら行くとお得ということなのだが、ダイレクトに行く場合でも若干安い。様似までのバスから乗り継いだと思われる人は私を含め4人だった。他の様似まで来た人は様似に用があったのか、折り返しで静内に戻ったのか。他に地元の人が3人乗車。えりも岬で観光客が1人乗車したが、他の乗客はいなかった。庶野のあたりから雨が降ってきた。
広尾から帯広まで今日最後のパスに乗る。2時間以上かかって、実は今日でいちばんの長時間乗車バスとなる。雨中を帯広に向かう。けっこう何もないようなバス停からも乗ってくる人がいた。
今日は帯広に泊。


夏の北海道 1日目

今日から北海道に行ってくる。
志木からパスに乗って空港に行く。バスは空いていた。飛行機は平日とはいえちょうどいい時間帯だったからか、ほぼ満席。最初は普通席に予約を取っていたが、空港に着いてクラスJに変更可能だったので、変更する。夏の北海道ではありえないほど運賃が安かったので、ここで余計に1000円払ってもいいかなと思って。クラスJは2席空いていたが、最終的には満席になっていた。
千歳空港に着いてパスに乗る。それほど混んでいなかった。北都交通のパスだったのでICカードは使えず。清田真栄で下車。子どもの頃はよく来ていた場所なので懐かしく思う。その後、平岡まで歩いて、大谷地までパスに乗る。けっこう利用者はいる。大谷地では昼食というタイミングであったが、札幌市交通局の食堂を利用する。一般の人も利用できるが、営業しているのは平日のみである。600円で札幌の野菜をふんだんに使ったあんかけ焼きそばを食べることができた。
札幌中心部に行って、百貨店などをめぐる。北海道とはいえ暑い。雪印パーラーに入った。本気のパフェを食べるのはおじさんは辛いので、小さめのやつを食べる。
快速エアポートに乗って千歳に行く。セミクロスシートというイメージしかなかったのだが、ロングシートだった。普通列車であればロングシートでもいいが、空港アクセス列車だったらセミクロスのほうがいいな、という勝手な感想。それを望むならUシートに乗るしかないということか。
今日は千歳に泊。


ワーケーション

コロナ禍の中「ワーケーション」という言葉が言われるようになったが、実は去年の時点で「ワーケーション自治体協議会」なるものが立ち上がっていた。ただ、コロナがなければほとんど知られない言葉であっただろう。
個人的にはバケーションに出かけたらワークしたくないな、と思う。したとしてもワークは半日くらいで勘弁、となるだろう。そういう時間的にも柔軟な働き方が当たり前になって、初めてワーケーション導入、となるべきであろう。


週末日記ー晩夏

昨日は草津に行ってきた。気合を入れて始発に乗っていくプランを立てていたのだが、起きられず、6時頃出発する。8時台に高崎を出る吾妻線大前行きに乗る。4両編成でだいぶ座席が埋まったが、渋川で降りる人がわりといた。中之条で降りる人はそれほどおらず、長野原草津口でほとんど降りるかと思ったら、降りない人も半分くらいはいた。そういうわけで、草津温泉行きのバスは、座席はだいたい埋まったが隣席には乗ってこない程度の乗客であった。
草津温泉といえば、ということで西の河原大露天風呂に入る。かなり久しぶり。脱衣場が狭いという印象があったが、広くしたようだ。風呂は広い。土曜日の午前中だからかそれほど客がいなかったので、余計に広く感じた。その後湯畑に向かう。温泉まんじゅうを配る人は、コロナの昨今いるのかなと思ったが、2組くらいいた。湯畑まで行くと温泉の匂いを十分に感じることができる。その後、花いんげんの甘納豆を買って、バスターミナルでひもかわうどんを食べて、草津温泉を離れた。帰りのバスは行きよりは空いていた。吾妻線も行きよりは空いていた。渋川から高校生を中心に乗客がけっこう乗ってきたが、わりと新前橋で降りる人が多かった。乗る人はさほど多くなく。
高崎で早めの夕食を食べて帰路に着く。途中、大雨が降っていた。浦和に着いた時点で高崎線人身事故の報を知る。草津で一本後のバスに乗っていたら、特急で帰っていたのであればなんとか難を逃れられたが、普通を使って帰るので、高崎で夕食を食べてさあ帰ろう、というあたりでちょうど人身事故のタイミングであった。そうなったら観念して新幹線に乗るしかないか。
今日は天気予報が雨だったので、近くに出かけるにとどまる。ただ、雨はそれほど降らなかった。髪を切ったりした。


信越回遊 2日目

今日はまず糸魚川から直江津まで移動する。3月に来たときに、4月から運賃が大幅に上がるという表示を目にしたのだが、早々にその影響を受けてしまった。乗客は1両編成で充分な感じの客数。直江津では新しくなった無印良品に行く。直江津民が全員来ているのではないか、は大げさだが、けっこう客は来ていた。11時から営業だが、地元食材を使った食堂もあるので、観光で来てここで食事をとるのもありかと。
上越妙高から長野まで新幹線に乗る。自由席に乗ったが、すこぶる空いていた。長野も暑すぎるので、主に屋内で活動。


信越回遊 1日目

今日明日と、長野県、新潟県と回遊する。
朝早く起きて、八王子始発の松本行きに乗る。東京都民が外出を自粛するよう百合子が言っていたが、山の日ということもあって、おそらく大部分が東京都民と思しき人で、列車はけっこう混んでいた。まあ、例年であればもっと混んでいるだろうが、一応全員は座れるレベルではある。韮崎で降りる人がけっこう多かった。松本まで乗りとおしてもよかったのだが、さすがにしんどいので、長坂で降りてみる。この列車は6両編成だったが、次の普通列車は3両編成で、それほどは混んでいなかったが、茅野、両諏訪、岡谷、塩尻から松本に向かう人が乗ってきて混むだろうと読んで、小淵沢で特急に乗り換えた。初めて使ったが、スマートフォンからのチケットレスサービスを使うと300円引きになる。特急は空いていた。お盆シーズンにこの空き具合はあり得ないだろう。
松本でタスクをこなす。今日の松本は暑く、街を歩くのもほどほどにしておく。観光客はまあまあいた。
松本から大糸線に乗る。南小谷行きに乗るが、基本的に大糸線は1時間に1本で、2両編成の列車はだいぶ混んでいた。穂高までの利用者が多いので、この区間の本数を増やせないものか。乗る人もなからいるので、信濃大町までは座席がだいぶ埋まっていた。白馬で降りる人も多く、南小谷まで行く人は、次の糸魚川行きで座れないことはないだろうな、という程度の客数。南小谷からはJR西日本になる。制限速度が25Km/hのところもあったりして、まさに鈍行列車の旅となる。糸魚川が新幹線で京阪神とダイレクトにつながるときには、テコ入れがされるのか。そのままだろうかな。
今日は糸魚川に泊。


週末日記ー栃木

昨日から夏休みに入っているが、昨日、今日は通常の週末と同じ感じ。
昨日は近場に行くDayとした。
今日は大田原まで行ってきた。宇都宮までは本数も多く車両も長いのでそれほど混んでおらず、宇都宮から先はわりと客がいた。
大田原市内に行くときは西那須野駅から大田原市営バスで行ったが、帰りは関東自動車のバスに乗ろうとしたら特別ダイヤとかで時間があわずに、歩いて帰ってきた。時間があったので矢板にも寄った。
帰りは黒磯で以北からの電車に接続していない列車に乗ったということもあってか、空いていた。


週末日記ー葉月

昨日は埼玉あたりをぐるっとまわる。
今日は船橋の方まで行ってきた。東京メトロの1日乗車券を使うと、和光市から西船橋までは行けるのであった。その後、日本橋の百貨店めぐり。なんだかんだで電車は往時と比べると空いているな、と。


dailyTmusic 2020年7月分

https://dailytmusic.tumblr.com/
2020年7月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2020-07-01 wed / majiko「一応私も泣いた」
  • 2020-07-02 thu / 虹のコンキスタドール「サマーとはキミと私なりっ!!」
  • 2020-07-03 fri / 春ねむり「愛よりたしかなものなんてない」
  • 2020-07-04 sat / Mega Shinnosuke「Sports」
  • 2020-07-05 sun / 夜の本気ダンス「SMILE SMILE」
  • 2020-07-06 mon / 赤い公園「yumeutsutsu」
  • 2020-07-07 tue / CRYAMY「誰そ彼」
  • 2020-07-08 wed / やくしまるえつこ「アンノウン・ワールドマップ」
  • 2020-07-09 thu / Catty cat「Catty cat」
  • 2020-07-10 fri / 水中、それは苦しい「保育園落ちた、吉田死ね」
  • 2020-07-11 sat / ドミコ「びりびりしびれる」
  • 2020-07-12 sun / フジファブリック「光あれ」
  • 2020-07-13 mon / KALMA「TEEN」
  • 2020-07-14 tue / ハルカミライ「夏のまほろ」
  • 2020-07-15 wed / 蒼山幸子「バニラ」
  • 2020-07-16 thu / BiSH「TOMORROW」
  • 2020-07-17 fri / ネクライトーキー「北上のススメ」
  • 2020-07-18 sat / FRONTIER BACKYARD「Here again」
  • 2020-07-19 sun / the telephones「Light Your Fire」
  • 2020-07-20 mon / レベル27「セントポーリアの育て方」
  • 2020-07-21 tue / CHAI「keep on rocking」
  • 2020-07-22 wed / 清水翔太「416」
  • 2020-07-23 thu / 小日向由衣「ブランコ」
  • 2020-07-24 fri / バックドロップシンデレラ「祝え!快速が来るので」
  • 2020-07-25 sat / フラワーカンパニーズ「DIE OR JUMP」
  • 2020-07-26 sun / Wienners「MY LAND」
  • 2020-07-27 mon / ヤユヨ「いい日になりそう」
  • 2020-07-28 tue / イヤホンズ「記憶」
  • 2020-07-29 wed / 米津玄師「感電」
  • 2020-07-30 thu / MIGMA SHELTER「Rabiddo」
  • 2020-07-31 fri / 大森靖子「シンガーソングライター」

ツイートアクティビティランキングの公開は終了しました。
週末枠はBAYCAMP2020に出場する予定のアーティストの楽曲としていますが、BAYCAMP2020も開催地未定という状態になっており、状況によっては2月に行われたBAYCAMP20202の出場アーティストの楽曲も織り交ぜていきます。


マサレマ

2020年夏新作カレーシリーズ第4弾。
これもまたマレーシアのカレーで、ハラル認証を取得している。ココナッツクリームが入っているというだけあってクリーミー。生姜とレモングラスが入っているというが、とにかくクリーミーが際立っている。81点。
下のおいしそうな写真は無印良品のサイトからの引用です。