見放題 東京2019

昨日は見放題東京2019に行ってきた。もともと大阪で始まったサーキットフェスである見放題。それの東京版である。新宿歌舞伎町周辺にあるライブを会場としたサーキットフェスで、新宿のライブハウスはほとんど行ったことがないので、そういう意味もあって行ってみることにした。チケットはSold outになったという。LOFTでチケットをリストバンドに引き換えて、ここのバーでドリンクチケットを使ってビールを飲んだ。
見に行ったバンドについて簡単に感想。

ポップしなないで at RUIDO K4

女性キーボードヴォーカルと男性ドラムスコーラスの二人組という他にない形態のバンド。サポートとかはいない本当に二人だけ。この構成だからこそ表現できるものがあると感じられた。関係ないが二人とも眼鏡をかけていた。

バレーボウイズ at Zicro Tokyo

先ほどとは打って変わって七人組の多人数バンド。合唱をするバンドみたいなことを聞いていたので、肩を組んで歌ったりするんかいなと思っていたが、意外と(特にヴォーカルのオオムラツヅミが)ダンスなんかしていたりしていて、そっちか、と思った。

バックドロップシンデレラ at LOFT

ウンザウンザ。リハから客席にダイブをしているという。本番前哨戦のようなものだ。さすがにキャリアが長いだけあって、心得たものだなと感心。客も盛り上がっていた。楽器を持たないヴォーカルが存在することでライブでは自由度が高い表現ができるなとも思った。

羊文学 at MARZ

ざらっとした感じが魅力。バンド名も含め気難しそうな印象も受けるが、MCなんかはわりと普通の女子だ。このライブハウスでは最後の出演ということで、アンコールも1曲行った。

その他

本当はHOLIDAYで行われたネクライトーキーも見たかったのだが、前のバンドの出番が終わるタイミングで行ってみたら既に長蛇の列で、並べば入れそうだったけど、疲れていたこともあって断念。本当、おじさんは疲れやすい。長時間のサーキットフェスは厳しくなってきたかも。


dailyTmusic 2019年2月分

http://dailytmusic.tumblr.com/
Tumblrサイト、dailyTmusicの2019年2月分の紹介ラインナップを以下に記す。

  • 2019-02-01 fri / 羊文学「天気予報」
  • 2019-02-02 sat / Have a Nice Day!「僕らの時代」
  • 2019-02-03 sun / PUNPEE「タイムマシーンにのって」
  • 2019-02-04 mon / Age Factory「GOLD」
  • 2019-02-05 tue / ヨネコ「ワールド・ワイド・ワード」
  • 2019-02-06 wed / 大橋ちっぽけ「君と春」
  • 2019-02-07 thu / DEAN FUJIOKA「Maybe Tomorrow」
  • 2019-02-08 fri / バレーボウイズ「海へ」
  • 2019-02-09 sat / ポルカドットスティングレイ「有頂天」
  • 2019-02-10 sun / T字路s「暮らしのなかで」
  • 2019-02-11 mon / SHANK「Smash The Babylon」
  • 2019-02-12 tue / おやすみホログラム「fire」
  • 2019-02-13 wed / FINLANDS「yellowboost」
  • 2019-02-14 thu / Nulbarich「Sweet and Sour」
  • 2019-02-15 fri / リーガルリリー「overture」
  • 2019-02-16 sat / GRAPEVINE「Alright」
  • 2019-02-17 sun / マヒトゥ・ザ・ピーポー「HOLY DAY」
  • 2019-02-18 mon / PELICAN FANCLUB「Telepath Telepath」
  • 2019-02-19 tue / Juice=Juice「微炭酸」
  • 2019-02-20 wed / 折坂悠太「平成」
  • 2019-02-21 thu / ONE OK ROCK「Wasted Nights」
  • 2019-02-22 fri / 女王蜂「火炎」
  • 2019-02-23 sat / 集団行動「クライム・サスペンス」
  • 2019-02-24 sun / originals「あっちゅーまやねん、人生。」
  • 2019-02-25 mon / 眩暈SIREN「囚人のジレンマ」
  • 2019-02-26 tue / わーすた「大志を抱け!カルビアンビシャス!」
  • 2019-02-27 wed / クリトリック・リス「ちゃう」
  • 2019-02-28 thu / ACE OF SPADES「Vampire」

今月も続きます。


はてなダイアリーの終わり

今日をもってはてなダイアリーの全ての機能が終了するという。
このブログは元々はてなダイアリーで運用していたのだが、終わりの予感を感じ取って、自前サーバーのWordpressに移行。その8ヶ月後にはてなダイアリー終了のアナウンス、というタイミングだった。今でもはてなダイアリー版のブログは残っているが、これははてなブログに自動移行されることになるのだろう。
はてなブログも、正直言って有料版じゃないと使えない、という感じで、有料版にしても2年コースにしても1年で7200円、と単にブログをするにしてはお高いお値段と言わざるを得ない。その後、Wordpressのサイトを複数立ち上げたことも含め、Wordpressに移行したのは大正解であった。
はてなはBtoBに軸足を移しているというが、はてなハイクが終わることも含め、自分には縁遠くなっていくな、と。


ふらり富山 2日目

昨日は高岡に泊まって、今日は城端線沿線をまわる。城端線、わりと乗客が多い。さすがにJRの路線として残っているだけはある。福光、砺波と歩いたが、街の規模はそれなりである。砺波から新高岡まではバスで移動したが、こちらは空いていた。
新高岡から新幹線で帰る。新高岡の時点ではがらがらだなと思ったが、長野で満席になった。長野の次は高崎。上田にも軽井沢にも停まらない北陸新幹線は新鮮である。
と、これは昨日更新するはずの話だったのだが、あまりに疲れていてブログを更新する前に寝てしまった。


ふらり富山 1日目

あれで富山に行ってきた。
朝一の新幹線で富山に向かう。大宮からは長野、富山、金沢にしか停まらない新幹線である。隣席に人がいないくらいには空いていた。更に長野で半分くらいの人が降りる。
富山の鉄道にいろいろ乗る。富山地方鉄道や万葉線は端の部分は本当に客が少なかったが、中心部に近い部分はけっこう人が乗っている。万葉線は15分に1本も走っているので、けっこうがんばっていると思う。新湊のあたりなどは昼間は30分に1本にされても文句が言えないくらいであるが。その前は富山ライトレールの岩瀬浜から新湊大橋を渡って新湊の中心部のほうに行くバスに乗った。こちらは乗客3人。未だに県営渡船も健在であるが、バスは乗換もなくあっという間に越していく。
観光客もそれほど多くはなかったが、駅ビルの飲食店は混んでいた。


テクテクテクテクを続けなかった理由

ドワンゴが赤字転落したというニュースの中で、ゲーム事業で売上が900万円に対し、営業赤字が8億600万円という数字が挙がっていて、ゲーム事業というのは「テクテクテクテク」という位置情報ゲームなのだけど、実はこのゲームは、私も少しやってみた。が、二日くらいやってみてアンインストールした。
続けなかった最大の理由は、やはりちゃんとやろうとすると時間泥棒になる、ということだろうか。敵を倒したり、宝箱管理したりするとかなりの時間を費やすことになる。基本的に日本地図を塗りつぶす、というようなコンセプトはよかったのだが、たとえば移動中でもテクテクテクテクをずっと起動していないといけないので、その間スマートフォンで他のことができないのがきつい、というのもある。あとは、スマートフォンの画面に出てくるアイコンの下のアプリ名が半角カナ、というのが死ぬほどダサくて耐えられなかった。それを乗り切るだけのものはなかったのでアンインストール。
個人的にはもうちょっとストイックに位置情報を集めることに特化したようなゲームのほうが好みであったが、それだと余計に課金要素という点では劣ってくるだろう。それにしても、もうちょっと小さく産んで大きく育てる意識でやればまだ傷は浅かったのだろうが、いきなり8億の赤字はなかなか辛いものがある。


iPod touch購入

iPod touchは今度新しいやつが出たら買おうと常々思っていたのだが、なかなか出なかった。今、持っているのも普通に使えるのだが、古すぎてiOSがアップデートできない。そして、Spotifyを本格的に導入することに決めて、本当であれば音楽はスマートフォンではなく専用機で聴きたいのだが、今持っているiPod touchでは聴けない…、ということになっていた。とりあえずiPhoneで聴いていたが、やはりそれは暫定対応たなと思っていた。また、AirPodsを導入することも考えていて、そんな諸々の事情で、このタイミングで新しいiPod touchを購入することにした。どうせならということで128GB。iPhoneの容量の2倍。
iPod touchは基本的にオフライン状態で、常時オンラインではないとSpotifyで音楽が聴けないだと嫌だなと思ったが、そんなことはなかった。ダウンロードするときだけWi-Fiにつなぐような運用で問題ない。まあ、音楽を聴くだけしか求めないので機能的な注文はあまりないのだが、Face IDのみならず、指紋認証もできないのはちょっと不便かなと。あと、バッテリーの持ちがよくないと感じてしまう。音楽を聴いているだけなのにこんなに減るのか、と。小型な分バッテリーも小さいのだろうが。このあたりは意識の問題であろうが。


ナンバーガール再結成

今日の昼、8月に北海道で行われるRISING SUN ROCK FESTIVALにナンバーガールが出演するという報を知り、驚いた。
メンバー4人とも現在もなお音楽活動をしており、その気があれば再結成は可能な状態ではあったが、それでもやはり実際に行われるとなると、感慨深いものである。1999年、今から20年前、CDショップの視聴機でたまたまナンバーガールの『SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT』を聴いて、1曲目の「タッチ」をなかなかいいなと思って、次にリード曲だという「透明少女」を聴いたら、あまりに衝撃を受けて、ポイントカードを持っているタワーレコードに速攻移動して、購入、という思い出がある。そして、2002年に解散。その17年後に復活。
盆時期の北海道には行かないと思うけど、機会があれば他のフェスなりライブなりで見てみたいとは思う。ナンバーガールのライブは2002年の日比谷野外音楽堂で一回見たきりである。それでも、リアルタイムで知らない世代のファンにとっては、一回ライブに行けただけでも羨ましいと思うのかも知れない。今回、自分がライブに行けなかったとしても、若い世代も含め多くの人の目に触れる機会ができただけでも嬉しく思う次第である。


Spotifyギフトカード割引

ビックカメラ全店かはわからないが、少なくともビックカメラ池袋西口店で、Spotifyのギフトカードが15%割引で売られていて、3ヶ月分を4枚買ってきた。要するに1年分。合計して9996円でありますから、1ヶ月で883円。通常は月額980円なので、97円安くなる計算。この割引キャンペーンは今月末までとのこと。クレジットカードの登録は必須なのでしているが、こういう機会が定期的にあると、案外クレジットカード決済をしないことになるのかな。


都道府県別スポーツチーム2019年版

毎年恒例。日本野球機構(NPB)、四国アイランドリーグplus(IL)、ベースボール・チャレンジ・リーグ(BC)、日本プロサッカーリーグ(J1,J2,J3)、日本フットボールリーグ(JFL)、ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B1,B2)、ジャパン・バスケットボールリーグ(B3)に参加しているスポーツチームを都道府県別に並べた。

都道府県 野球 サッカー バスケットボール
北海道 北海道日本ハムファイターズ(NPB) 北海道コンサドーレ札幌(J1) レバンガ北海道(B1)
青森県 ヴァンラーレ八戸(J3)
ラインメール青森(JFL)
青森ワッツ(B2)
岩手県 いわてグルージャ盛岡(J3) 岩手ビッグブルズ(B3)
宮城県 東北楽天ゴールデンイーグルス(NPB) ベガルタ仙台(J1)
ソニー仙台FC(JFL)
仙台89ERS(B2)
秋田県 ブラウブリッツ秋田(J3) 秋田ノーザンハピネッツ(B1)
山形県 モンテディオ山形(J2) パスラボ山形ワイヴァンズ(B2)
福島県 福島レッドホープス(BC) 福島ユナイテッドFC(J3) 福島ファイアーボンズ(B2)
茨城県 茨城アストロプラネッツ(BC) 鹿島アントラーズ(J1)
水戸ホーリーホック(J2)
流通経済大学ドラゴンズ龍ヶ崎(JFL)
サイバーダイン茨城ロボッツ(B2)
栃木県 栃木ゴールデンブレーブス(BC) 栃木SC(J2) リンク栃木ブレックス(B1)
群馬県 群馬ダイヤモンドペガサス(BC) ザスパクサツ群馬(J3) 群馬クレインサンダーズ(B2)
埼玉県 埼玉西武ライオンズ(NPB)
武蔵ヒートベアーズ(BC)
浦和レッドダイヤモンズ(J1)
大宮アルディージャ(J2)
埼玉ブロンコス(B3)
大塚商会越谷アルファーズ(B3)
千葉県 千葉ロッテマリーンズ(NPB) 柏レイソル(J2)
ジェフユナイテッド千葉(J2)
千葉ジェッツふなばし(B1)
東京都 読売ジャイアンツ(NPB)
東京ヤクルトスワローズ(NPB)
FC東京(J1)
東京ヴェルディ(J2)
FC町田ゼルビア(J2)
東京武蔵野シティFC(JFL)
アルバルク東京(B1)
サンロッカーズ渋谷(B1)
アースフレンズ東京Z(B2)
東京八王子トレインズ(B2)
東京エクセレンス(B3)
東京海上日動ビッグブルー(B3)
東京サンレーヴス(B3)
神奈川県 横浜DeNAベイスターズ(NPB) 川崎フロンターレ(J1)
横浜F・マリノス(J1)
湘南ベルマーレ(J2)
横浜FC(J2)
Y.S.C.C.横浜(J3)
SC相模原(J3)
川崎ブレイブサンダース(B1)
横浜ビー・コルセアーズ(B1)
新潟県 新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC) アルビレックス新潟(J1) 新潟アルビレックスBB(B1)
富山県 富山GRNサンダーバーズ(BC) カターレ富山(J3) 富山グラウジーズ(B1)
石川県 石川ミリオンスターズ(BC) ツエーゲン金沢(J2) 金沢武士団(B2)
福井県 福井ミラクルエレファンツ(BC)
山梨県 ヴァンフォーレ甲府(J2)
長野県 信濃グランセローズ(BC) 松本山雅FC(J1)
AC長野パルセイロ(J3)
信州ブレイブウォリアーズ(B2)
岐阜県 FC岐阜(J2) 岐阜スゥープス(B3)
静岡県 ジュビロ磐田(J1)
清水エスパルス(J1)
藤枝MYFC(J3)
アスルクラロ沼津(J3)
Honda FC(JFL)
愛知県 中日ドラゴンズ(NPB) 名古屋グランパス(J2)
FCマルヤス岡崎(JFL)
三遠ネオフェニックス(B1)
シーホース三河(B1)
名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(B1)
豊通ファイティングイーグルス名古屋(B2)
アイシン・エィ・ダブリュ アレイオンズ安城(B3)
豊田合成スコーピオンズ(B3)
三重県 ヴィアティン三重(JFL)
鈴鹿アンリミテッドFC(JFL)
滋賀県 滋賀ユナイテッドベースボールクラブ(BC) MIOびわこ滋賀(JFL) 滋賀レイクスターズ(B1)
京都府 京都サンガF.C.(J2) 京都ハンナリーズ(B1)
大阪府 オリックス・バファローズ(NPB) ガンバ大阪(J1)
セレッソ大阪(J1)
FC大阪(JFL)
大阪エヴェッサ(B1)
兵庫県 阪神タイガース(NPB) ヴィッセル神戸(J1) 西宮ストークス(B2)
奈良県 奈良クラブ(JFL) バンビシャス奈良(B2)
和歌山県
鳥取県 ガイナーレ鳥取(J3)
島根県 松江シティFC(JFL) 島根スサノオマジック(B2)
岡山県 ファジアーノ岡山(J2)
広島県 広島東洋カープ(NPB) サンフレッチェ広島(J1) 広島ドラゴンフライズ(B2)
山口県 レノファ山口FC(J2)
徳島県 徳島インディゴソックス(IL) 徳島ヴォルティス(J2)
香川県 香川オリーブガイナーズ(IL) カマタマーレ讃岐(J3) 香川ファイブアローズ(B2)
愛媛県 愛媛マンダリンパイレーツ(IL) 愛媛FC(J2)
FC今治(JFL)
愛媛オレンジバイキングス(B2)
高知県 高知ファイティングドッグス(IL)
福岡県 福岡ソフトバンクホークス(NPB) アビスパ福岡(J2)
ギラヴァンツ北九州(J3)
ライジングゼファーフクオカ(B1)
佐賀県 サガン鳥栖(J1)
長崎県 V・ファーレン長崎(J2)
熊本県 ロアッソ熊本(J3) 熊本ヴォルターズ(B2)
大分県 大分トリニータ(J1)
ヴェルスパ大分(JFL)
宮崎県 ホンダロックSC(JFL)
テゲバジャーロ宮崎(JFL)
鹿児島県 鹿児島ユナイテッドFC(J2) 鹿児島レブナイズ(B3)
沖縄県 FC琉球(J2) 琉球ゴールデンキングス(B1)

今年はBCリーグやB3リーグのチームが増えている。B3大塚商会が東京都から埼玉県に移動、というトピックスもある。和歌山県が空白なのは相変わらず。