急に富山の旅 2日目

今日はまず地鉄に乗って富山から宇奈月まで移動する。各駅列車で延々と行く。乗客は多くなかった。宇奈月からは黒部峡谷鉄道に乗る。朝一の便ということで、一車両に数人程度の客で、それほど乗客はおらず。黒部峡谷鉄道は8年前に欅平まで乗っている。今日は鐘釣まで行くことにした。
鐘釣で降りた人はあまりいなかった。仕事用っぽい人が多かったとに思う。河原のほうまで行ってみる。河原には温泉が湧いている。さすがにそこに入浴するのは無理っぽいが、岩風呂と呼ばれる場所があって、そこには入れそうで、誰も人がおらず、来なさそうであったので、近くにあった脱衣場で服を脱いで入ってみることにした。お湯は適温であった。
帰りの列車は鐘釣の時点では、欅平から乗っていた2人と、鐘釣から乗った2人の計4人だけだった。鐘釣で交換した欅平行きは、団体客などで満員状態であった。道中、いくつの列車とすれ違ったが、ムラはあったが、けっこう客が乗っている列車が多かった。やはり朝早く行ったほうがいい。普通の時間でゆったりしたいのであれば、リラックス車両に乗るという手もあるが。黒薙で乗る人が十人くらいいたが、それでも余裕すぎるくらい余裕であった。
宇奈月で昼ごはんを食べて、軽く散策して、後は帰るだけである。帰りの地鉄は観光客などわりと乗客いた。黒部宇奈月温泉駅から新幹線で帰る。新幹線はそれなりに混んでいた。


急に富山の旅 1日目

旅に出る予定はなかったのだが、なんか暇だったので、一泊二日で富山に行くことにした。
新幹線に乗る。本当は長野で降りて、立山黒部アルペンルートを通って行こうかとも思っていたのだが、新幹線の時間を間違えてしまったので、富山まで行ってしまうことにする。そういうことで自由席に乗ったが、端の1号車ということで、普通に座れた。東京、上野から乗っていた普通に二席陣取りおじさんがけっこういた。
ずっと富山市内をうろうろ。昼間は総曲輪あたりで寿司を食べる。店も空いていたが、街自体もそれほど人が多くないように思った。時間帯が違うが、夕方行った富山駅隣のマルシェは混んでいた。夕飯は富山ブラックラーメンを食べた。
富山はコンパクトシティみたいなことを言っているが、普通に郊外のロードサイドの店に車で行く、みたいなところはあまり他と変わらないな、と思った。
市内の電車にも乗ってみた。富山駅に乗り入れるのは便利だが、大学前方面から西町方面に直通しようとすると時間がかかるというデメリットもある。富山ライトレールは行きの電車は蓮町で降りる人が多かった。帰りは競輪の客が多かった。15分に1本というのは本数が少ないように思うが、ほぼ単線だし増便は難しいのだろう。


YATSUI FESTIVAL! 2018  2日目

今日も行きましたやついフェス。今日は13時半頃着いて、昨日と同じ20時半頃までいた。
フルで観たのは以下の5組。

サニーデイ・サービス

いちばん大きいO-EASTでやって、かなり前の方で観られた。もう20年選手で、ベテランという域に達しているが、古い曲をやっても、古さを全然感じずに、今のキャリアにはまった感じでいいものだな、などと聴いていたのだが、「セツナ」では荒ぶった演奏で圧倒し、その後でトリの「サマー・ソルジャー」という構成にやられてしまった。この2曲を聴いただけでも今日は来た甲斐があったと思った。MCはなくストレートなプレイであった。

RAM RIDER

RAM RIDERはCDも持っているのだが、HARLEMというクラブ然としたハコでDJプレイを観るということ自体初めてである。ビールを飲みつつわりと後ろの方でリラックスして観ていた。基本的に歌も音源が流れているのだが、たまに本人が歌っていた。曲の合間というのがないので、ノンストップリミックスを聴いている風である。前のほうの客はけっこうノリノリであったが、客層はわりとロックフェスの客と差はなかった。

MONO NO AWARE

4人組のバンド。ちょっと懐古調な部分もある不思議な音楽で、一筋縄ではいかない感じ。他のバンドとの差別化は図れているのだろうが、どこまでマスに広がるのか、広げることを目指しているのか、とは思った。O-WESTで演ったが、それなりには埋まっていた。

春ねむり

今日は先日行われたワンマンで買った春ねむりTシャツを着ていたくらいには目当てにしていた春ねむり。一段高い場所の先頭に陣取れたので、かなり見やすかった。やはりパフォーマンスは圧巻。声でのパフォーマンスレベルという点ではかなりの高さと評価していいと思う。三つ編みで地味めなビジュアルとのギャップも、初見の人はまた驚くかもしれない。今日は春ねむりが楽曲提供しているアイドル東京女子流がゲストで登場。東京女子流は同日の別の時間に出演しているのでこれはまあ自然なことだろう。東京女子流のメンバーに入れるというように言われて手で×を作る春ねむりの表情もなかなか見所だった。「ロックンロールは死なない」と更に「せかいをとりかえしておくれ」という客が参加できるアンセムでの盛り上がりもよかった。

ニガミ17才

clubasiaはキャパ300のハコなのだが、入場制限がかかったらしい。最初4人がお立ち台に立って登場。その後、4人が定位置で演奏したり、リズム隊が演奏している中、フロントマン2人がフリーダムに動いたりと、かなり楽しいステージであった。テクニカルとフリーダムががっちりはまっているという印象。そしていろいろな武器があって、それが客を飽きさせない。最後なのでこちらも弾け気味でいった。

その他

水中、それは苦しいはほとんど最後まで観たのだが、ニガミ17才のために離脱。去年も観たが、やっている曲は去年とほぼ一緒だと思う。ただ、今年は広いO-EASTのサブステージということで、オーディエンスの量が多い分の盛り上がりというのはあったかな。あと、お笑いは、浅井企画のイワイガワ→流れ星→どぶろっくの流れだけ観た。3組ともけっこうウケていて、自分もけっこうおもしろいと思ったが、特に流れ星はまわりにいる人が大丈夫かなというくらいゲラゲラ笑っていた。
ちょっとだけ観たのは水前寺清子と打首獄門同好会。水前寺清子は365歩のマーチを歌っていた。打首はまた独特な盛り上がりであった。
今年も楽しめたやついフェスだが、おそらく動員は落ちているのだと思う。昨日は川崎でもわりと大きめな音楽イベントがあったりして、フェス乱立の時代においては、その運営もなかなか厳しいのだろうが、個人的には現状維持で続けてほしいものである。


YATSUI FESTIVAL! 2018  1日目

今年も行ったやついフェスティバル。なんと今年は2日参加である。渋谷に着いたのが12時頃で、リストバンド交換所に着いたのは12時10分頃か。待つことも想定したが、スムーズに交換できた。しかもまだどの会場も開いていない。早く着きすぎた感。20時30分頃に帰ったので、途中休憩などもしたが、8時間くらいはいたことになる。
フルで観たのは以下の5組。

mol-74

京都のバンド。繊細なイメージを持っていたのだが、思った以上にエモーショナルであった。曲によっては弓でギターを弾いたり、ツインボールかだったり、メインヴォーカルもキーボードだったり、ギターだったりで、なかなか多表情なプレイであった。まだ時間が早かったので、それほど客数は多くなかった。時間帯に遅めのほうがよかったように思うが、本人たちのスケジュールの都合で、すぐに京都に戻らなければならなかった様子。MCで言うにはコウメ太夫が見たかったが見られなくて「チクショー」とのこと。

集団行動

去年のやついフェス以来。去年はかなり初々しい印象だったヴォーカル齋藤里菜だが、さすがに一年経ってフロントマンとして成長していた。ヴィジュアルが良いという他に、バレーボールをやっていたということで背もわりと高くステージ映えする。「鳴り止まない」で存分に弾けてからのしっとりとした「モンド」「オシャカ」という構成はなかなかよかった。サポートベースのミッチーが最後に客席に水が入ったペットボトルを投げて、前の人が受け取ったんだけど、要らなかったみたいでフロアに置いていったので自分が貰った。

Lucie,Too

宇都宮発の女性スリーピースバンド。まだ20歳くらいということで、若々しさというか初々しさがあるが、なかなか堂々としてプレイであった。楽器も弾けない自分が言うのもなんだが、ドラムスはけっこううまいと思った。他のパートも全国規模のバンドが揃っているフェスに出ても恥ずかしくはないレベルである。客もライブ終わりに良かったと言っている人が多かった。これからもっと成長していくのであろう。

toddle

去年も出演しているが、日付が違って見られなかったので、2年ぶりということになる。安定した演奏に、ふわっとしたMC。江崎典利のダンサブルなベースプレイ、(toddle出演のライブが来週の金曜日にあり、金曜日はみんな仕事であろうが)「仕事、やめちゃえ」、最後の謎パフォーマンス、といろいろ持っていった感がある。女性ツインボーカルというのはそういえば珍しいかもしれない。

Have a Nice Day!

当初は中村一義を観ようかと思っていたのだが、duo Music EXCHANGEの時間がおしていて、始まる時間が遅くなるのが必至だったので、同時間帯にやっていたハバナイを観ることにした。こちらは定刻に始まった。去年の11月クラブチッタでのイベントで観て以来だが、このときはトップバッターで真っ昼間で客が少なく、その分客側の勢いも弱かったのだが、今日はかなりフロアも激しかった。上半身裸になってダイブしている人がいた。そして客をけなしつつも、客が伸ばした手に手を伸ばしていく浅見北斗。モッシュも自分がもう少し若ければ参加したいところだったが、もう40代だし、埼玉まで帰らないといけないしで、端のほうで体を揺らすに留めた。

その他

他に観たのは梅棒というダンスパフォーマンスと、お笑いいくつか。ナイツはわざわざ見にいったが、さすがにおもしろかった。その後の立川吉笑もマクラが音楽フェスにあわせた話でかつおもしろかったし、落語もなかなかだった。新宿カウボーイは4年ぶりに観た。そんなに昔ではなかったな。mol-74が観たかったコウメ太夫も観てみる。世界観が独特すぎて、三周くらいまわっていたり、実は一周もまわっていなかったり。嫌いではない。


コカコーラアプリ

職場のビルにあるコカコーラの自動販売機がCoke ONというコカコーラのアプリに対応していたので、そのアプリをインストールして使うことにした。自動販売機で飲料を買うとスタンプが1つもらえる。ボーナススタンプや、歩数によりもらえるスタンプもある。15個貯まるとお好きな製品が1本無料になる。スタンプも買う製品によって貰えるスタンプが違ったりするのだが、職場の自動販売機だと全部そのスタンプが揃わないのだ。そうなると、別のコカコーラの自動販売機で買って未出のスタンプを出したくなる。まさにコカコーラの思う壺だ。近くには他の自動販売機もあるのだが、できればコカコーラの自動販売機で買いたくなる。まさにコカコーラの思う壺だ。今の時期は1本買うとワールドカップの予想ができて、的中すると限定スタンプがもらえる。予想をするためにコカコーラの自動販売機で買いたくなる。まさにコカコーラの思う壺だ。
結論を言うとコカコーラの思う壺なのだが、こういうサービスは先に始めたもの勝ちというように思う。


凛として時雨ライブ at 東京国際フォーラムホールA

今日は凛として時雨のライブに行ってきた。凛として時雨のライブは5年前の日本武道館でのライブ以来である。もうあれから5年経ったのか。
東京国際フォーラムは初めてだったが、まあ、立派なホールである。こんな立派なホールは初めてだ。世界で有数の規模となる屋内コンサートホールという。広々としたホールだなと思ったが、それでも終演後は階段で渋滞し、トイレも大行列であった。座席は5000席超という。当日券が出たのではソールドアウトはしなかったようだが、だいたいの席は埋まっていたのではないかと思う。自分の席は2階席の後ろから数えたほうが早いくらいの場所で、さすがに顔は見えなかったが、手や体の動きは見えた。あと、ステージの真ん中くらいの位置であった。まわりが立ったら立とうかと思ったが、それほど立たず、座っていても見えたので、基本は座って観ていた。
19:15開演だが、19:25くらいに始まって、20:55くらいに終わった。アンコールがないのは時雨のお決まり。16曲演って、その合間にピエール中野のMC&ドラムソロ(やたらと手数の多い<国民的アンセム>「どんぐりころころ」を初めて聴けた)、345の物販紹介が入る。トリは「#5」。三者の三様な力が存分に表現されていて、トリにふさわしい楽曲であった。トリ前の「Sergio Echigo」も懐かしかった。あと、照明もよかった。


やついフェスの予習

来週はやついフェスに行くのだが、その前に会場となっているライブハウスのキャパなどの情報をまとめてみた。

  • TSUTAYA O-EAST 2,3F 1300
  • TSUTAYA O-WEST 1,3F 600
  • TSUTAYA O-nest 5,6F 250
  • TSUTAYA O-Crest 5F 200
  • duo MUSIC EXCHANGE 1F 1100
  • 7th FLOOR 7F 100
  • clubasia 1F 300
  • VUENOS 1F 250
  • GLAD 2,3F 300
  • SOUND MUSEUM VISION B1F 500
  • HARLEM PLUS 2F 800
  • LOFT9 Shibuya 1F 180

O-EAST、O-Crest、duo MUSIC EXCHANGEが同じ建物で、O-WEST、O-nest、7th FLOORが同じ建物である。SOUND MUSEUM VISIONは他と場所が少し離れている。


大森靖子ライブ at LIQUIDROOM

今日は恵比寿のLIQUIDROOMに大森靖子のライブを見にいった。
大森靖子のライブを見るのは今年で3回目になるが、過去2回はいずれも弾き語りで、ライブ編成は去年夏のZepp ダイバーシティ東京以来である。このチケットは1月の中野サンプラザの弾き語りライブのときに買った。整理券番号A10というかなりいい番号だったのだが、仕事が終わってから行ったので意味なしである。
恵比寿に着いたのは18:30頃、本当は駅のコインロッカーに荷物を預けたかったのだが、焦っていたこともあってか、コインロッカーが見つからず、ライブハウス内のコインロッカーに預けることになる。2階にもコインロッカーがあるはずであるが、既に入場できる状態であったので、1階まで行って入場してしまい、ライブスペース近くにあるコインロッカーに荷物を預けた。300円。まだ空きはあった。これもばつが悪いことに、100円玉がなかったのだが、ドリンクを引き替えるところで500円玉を100円玉に両替してもらうことができた。
平日ではあるが、キャパ900ということで、わりと早い段階でソールドアウト。後ろのほうで見ようかな、と始まる前は思っていても、結局はわりと前のほうで見てしまう。19時5分過ぎに始まって、20時20分頃一旦終わり、アンコールからのMCが20分ほとで、最後にアンコール1曲で21時前くらいに終わり、という構成だった。セットリストはやはりバンド構成映えするような楽曲が多かったように思う。全部で15曲だったので若干の物足りなさもあったが、そこはSee you next stageということだろう。


宮崎方面の旅 3日目

今日は人吉からバスに乗って五木村まで行く。
五木村の中心部は不自然なほどに新しいのであるが、それもそのはずで、川辺川ダム移転に伴って集落ごと移転している。ただ川辺川ダムは現在は白紙とあっている。道の駅や温泉などの観光施設や、行政施設などが新しく並んでいて、他の山村とはまた違った雰囲気となっている。
五木村からの戻りは人吉インター近くのバス停で降り、人吉インターから宮崎行きの高速バスに乗る。人吉インターでバスを待つ客は多かったが、福岡行き、熊本行きに乗って行き、宮崎行きに乗ったのは私だけだった。乗客も少なかった。1x2の座席配置で、2席を一人で使えたのでかなりゆったりと乗れた。
あとは帰るのみである。宮交シティから宮崎空港にバスで移動。飛行機で帰る。クラスJはほぼ空席がなかったが、普通のシートはガラガラだった。これなら普通のシートのほうがいい。羽田空港からバスで和光市まで出て東上線で帰着。


宮崎方面の旅 2日目

今日は宮崎から西都経由で西米良村まで行く。西都でバスを乗り継ぎ。西都から西米良まで行くバスは貨客混合バスということで、座席を取っ払って荷物を置くスペースが設けられているが、乗ったバスは、荷物を村所で下ろした風がないので、荷物が載っていないようであった。バスの乗客は六人くらいだったか、座席を取っ払っても差し支えないくらいの客数である。
西米良村の中心地である村所で降りる。かつては国鉄バスのターミナルということで、村所駅という呼ばれ方をされたりもする。今は宮崎交通と西米良村営バスが発着している。村の中心部は飲食できるようなところがほとんどなく、少し歩いて西米良温泉ゆたーとまで行く。ここで温泉に入り、食事をとる。泉質はぬめりけがあって特徴的なお湯であった。食事は西米良サーモンやあら煮などをいただく。ついでにゆずソフトクリームも食べた。西米良村はゆずの産地でもある。
西米良村からは村営バスに乗って熊本県の湯前まで出る。この乗り継ぎは十年以上前から夢想していた乗り継ぎなのだが、なかなか果たせずにいた。今回、どこかにマイルに導かれてようやく果たすことができた。客は終始一人だけだった。村営バスということもあって、まっすぐ湯前には行かず、西米良村の集落に立ち寄っていくのだが、乗降客はなかった。
湯前に着いて、駅近くの観光案内所で自転車を借りる。4時間までだと500円。これが電動アシスト付きで、新しいということもあって、かなり具合がよかった。自転車を借りて行くのは、水上村である。湯前駅から少し行くと水上村の領域に入るのだが、もうちょっと奥まで進んで市房ダムまで行ってみた。水上村役場まではなだらかな上り、そこからダムまでは激しい上りなのだが、電動アシスト付き自転車のおかげでわりと楽に上れた。当初は自転車を押して歩いて行こうかと思っていたのだが、だいぶ速く移動ができた。市房ダム湖では、浮動桟橋という、ダム湖に浮いている浮島みたいなところまで行くことができる。以前はお金をとっていたようだが、今は無料である。ただ今でも老朽化が目立って、更に老朽化すると立入禁止になりそうな感はある。その後、猫寺に行って水上村探訪を終えた。
人吉に移動し、今日は人吉に泊。